Rchr
J-GLOBAL ID:201601008747769456   Update date: Apr. 07, 2021

Mori Daisuke

モリ ダイスケ | Mori Daisuke
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Homepage URL  (1): http://park18.wakwak.com/~mdai/
Research field  (1): Legal theory and history
Research theme for competitive and other funds  (14):
  • 2020 - 2023 公職者の犯罪や不正はなぜ起こるのか?-経済学と法学によるアプローチ-
  • 2019 - 2023 「法的社会化」概念による契約意識の再構成 - 契約意識はどのように変わるか
  • 2018 - 2023 Modeling the Legal Decision-Making: AI and Legal Mind
  • 2019 - 2022 損害賠償の目的に関する法意識調査:懲罰賠償の実証的基盤の構築へ向けて
  • 2018 - 2022 刑事責任の拡散と収斂-人、法人、AI
Show all
Papers (40):
  • 森 大輔. コメント-法社会学におけるベイズ統計学の応用-. 法社会学. 2021. 87. 161-165
  • Daisuke Mori. Deterrent Effect of Capital Punishment in Japan: An Analysis Using Nonstationary Time-Series Data. Supreme Court Economic Review. 2020. 28. 61-116
  • 森 大輔. シナリオ実験における弁護士を依頼しない理由の分析. 法と実務. 2020. 16. 188-216
  • 森 大輔. ベイズ統計学による横断的な回答比較-一般人・法律相談者・大企業・中小企業・自治体調査-. 法と実務. 2020. 16. 104-131
  • Daisuke MORI. Duration of Civil Litigation in Japan: Expectations versus Reality. 2020. 71. 2. 111-130
more...
MISC (2):
  • 村山眞維、太田勝造、ダニエル・フット、杉野勇、飯考行、石田京子、森大輔. 弁護士のキャリアはどう変わってきたか-弁護士職域多様化調査からの報告-. 日弁連法務研究財団研究報告書. 2020
  • 森 大輔, 池田康弘. J・マーク・ラムザイヤー,エリック・B・ラスムセン『難易度を下げると質が上がる!?-日本の司法試験の難易度と法曹の質』. 熊本法学. 2018. 143. 170-128
Books (10):
  • 感染症と憲法
    青林書院 2021
  • スモールステップで法学入門
    有信堂高文社 2021
  • 法と経済学の基礎と展開-民事法を中心に-
    勁草書房 2020 ISBN:4326504706
  • 村山眞維先生古稀記念:法の経験的社会科学の確立に向けて
    信山社 2019 ISBN:4797260327
  • 新入生のためのリーガル・トピック50
    法律文化社 2016 ISBN:4589037130
more...
Lectures and oral presentations  (44):
  • アンケート調査でのfsQCAの利用例:必要条件関係の分析
    (質的比較分析(QCA)研究会「日本における QCA 研究の現在地」 2020)
  • 学歴の弁護士キャリアに与える影響(ミニシンポジウム3「弁護士のキャリアはどのように変化してきたか-弁護士キャリアの変化とその影響-)
    (2020年度日本法社会学会学術大会 2020)
  • 岡田報告・浜田報告・本村報告へのコメント(企画関連ミニシンポジウム2 新しい統計学(Bayes Modeling)とのコラボレイションに向けて)
    (2020年度日本法社会学会学術大会 2020)
  • 懲罰的賠償と利益吐き出し:消費者詐欺の事例によるサーベイ実験
    (2019年度日本応用経済学会秋季大会 2019)
  • 日本における死刑の抑止効果:政府統計データを用いた計量分析
    (2019年度日本応用経済学会秋季大会 2019)
more...
Education (3):
  • 2007 - 2009 George Mason University
  • 2004 - 2006 The University of Tokyo
  • 2000 - 2004 The University of Tokyo
Work history (4):
  • 2012/04 - 現在 Kumamoto University Faculty of Law Associate Professor
  • 2011/04 - 2012/03 The University of Tokyo Global Leadership Studies, Graduate School of Law and Politics Project Research Associate
  • 2009/08 - 2011/03 The University of Tokyo Graduate School of Law and Politics Research Associate
  • 2006/04 - 2007/07 The University of Tokyo Graduate School of Law and Politics Research Associate
Committee career (2):
  • 2018 - 現在 法と経済学会 編集委員会 委員
  • 2016 - 現在 COMPArative Methods for Systematic cross-caSe analySis (COMPASSS) Advisory Board Member
Association Membership(s) (5):
THE JAPAN ASSOCIATION OF INTERNATIONAL ECONOMIC LAW ,  JAPANESE ASSOCIATION FOR MATHEMATICAL SOCIOLOGY ,  JAPAN LAW AND ECONOMICS ASSOCIATION ,  THE JAPANESE ASSOCIATION OF SOCIOLOGY OF LAW ,  JAPAN ASSOCIATION FOR APPLIED ECONOMICS
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page