Rchr
J-GLOBAL ID:201601009138745318   Update date: May. 07, 2020

Hasegawa Kenichi

ハセガワ ケンイチ | Hasegawa Kenichi
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (1): Literature - European
Research keywords  (3): 敬虔主義(ピエティスムス) ,  ユング=シュティリング ,  18世紀ドイツ文学
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2016 - 2019 世紀転換期の装飾と「近代性」をめぐる問題-独仏語圏における文化論的視座から-
Papers (5):
  • Ken-ichi HASEGAWA. Jung-Stilling und seine Volkslieder. Seminarium. 2017. 39. 21-44
  • 長谷川 健一. ジャン・パウルの『見えないロッジ』における地下教育モティーフをめぐって : 『レヴァーナ、あるいは教育論』を手がかりに. Seminarium. 2013. 35. 1-25
  • 長谷川 健一. K.A.ファルンハーゲン・フォン・エンゼのツィンツェンドルフ評価をめぐる一考察--ウィーン体制下のプロイセンにおける政治・宗教・サン=シモン主義との関連から. セミナリウム. 2010. 32. 21-45[含 ドイツ語文要旨]
  • Novalis und die Herrnhuter Brüdergemeine. Über "Heinrich von Ofterdingen" und das Herrnhut-Motiv in zwei Fragmenten: "Die Sündflut" und "Novelle". Seminarium. 2009. 31. 1-25
  • 長谷川 健一. ノヴァーリス文学とヘルンフート同胞教団--二つの断片におけるヘルンフート・モティーフと『青い花』の解釈をめぐって. セミナリウム. 2009. 31. 25-46
MISC (6):
  • 松村 國隆, 長谷川 健一. From among Schweitzer's Sermons (continued). シュバイツァー研究. 2014. 30. 95-117
  • シュバイツァー, 松村 國隆, 長谷川 健一. From among Schweitzer's Sermons. シュバイツァー研究. 2011. 0. 29. 69-92
  • 長谷川 健一. ジャン・パウルとヘルンフート同胞教団 : 『見えないロッジ』(1793)における家庭教師モティーフをめぐって. Seminarium. 2011. 0. 33. 61-75
  • Schweitzer Albert, 松村 國隆, 長谷川 健一. From among Schweitzer's sermons. A study of Schweitzer. 2009. 28. 85-103[含 英語文要旨]
  • 長谷川 健一. N.L.v.ツィンツェンドルフの身体観--「血と傷の神学」と「イエスのからだ」の視覚化をめぐって. ドイツ文学論攷. 2003. 45. 25-48
more...
Books (3):
  • 『アルタナティーフ-第二外国語としてのドイツ語文法-』
    郁文堂 2015
  • Donube River
    2011 ISBN:9784771022287
  • ドナウ河-流域の文学と文化-
    晃洋書房 2011
Lectures and oral presentations  (4):
  • 「新しい装飾」と「新しい芸術」をめぐって-H.ムテジウスによるドイツの独自性の追求-
    (大阪市立大学フランス文学会 2019)
  • シュバイツァーと敬虔主義
    (シュバイツァー永眠記念会 2017)
  • フィクションの誘惑-ユング=シュティリングにおける信仰と創作-
    (大阪市立大学ドイツ文学会 2017)
  • 装飾と「近代」-ヘルマン・ムテジウスのユーゲントシュティール批判再考-
    (大阪市立大学ドイツ文学会 2016)
Professional career (1):
  • 博士(文学) (大阪市立大学)
Work history (2):
  • 2018/04/01 - 現在 Osaka City University Graduate School of Literature and Human Sciences Language and Culture Course Associate Professor
  • 2010/10/01 - 2018/03/31 Osaka City University Graduate School of Literature and Human Sciences Language and Culture Course Lecturer
Association Membership(s) (4):
大阪市立大学ドイツ文学会 ,  オイフォーリオンの会 ,  阪神ドイツ文学会 ,  JAPANISCHE GESELLSCHAFT FUER GERMANISTIK
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page