Rchr
J-GLOBAL ID:201601009240812623   Update date: Apr. 21, 2022

Yuki Nakazono

Yuki Nakazono
Affiliation and department:
Research field  (1): Education - general
Research keywords  (3): 教科書 ,  ドイツ ,  教育学
Research theme for competitive and other funds  (9):
  • 2021 - 2022 東西両ドイツにおける「ワークブックとしての教科書」概念の比較検討
  • 2021 - 2022 幼児教育における園庭を活用したESD沖縄モデルの創出
  • 2017 - 2020 ドイツにおける協同学習を志向した基礎学校用教科書開発に関する研究
  • 2016 - 2017 ドイツにおけるデジタル教科書開発の現状と課題
  • 2010 - 2011 東西ドイツにおける教科書の教育学的・教授学的機能に関する研究の展開
Show all
Papers (9):
more...
MISC (3):
  • 中園有希. 教科書がひらきうる公共世界について. 公共的良識人. 2011. 238. 4-5
  • 「参考資料1:各国教育政策(ドイツ)」、 「参考資料2:各国教育資料年表」. 公開シンポジウム「研究者によるPISA2009レビュー ~日本の教育はPISAとどう向き合うか~」当日配布冊子. 2010
  • 中園有希. 修士論文「ドイツ歴史教科書の変遷過程-歴史画の機能を中心に」. 東京大学ドイツ・ヨーロッパ研究センターニューズレター. 2006. 9. 11-11
Books (4):
  • 新・教職のための教育原理
    八千代出版 2021 ISBN:9784842918020
  • 海外教科書制度調査研究報告書
    公益財団法人教科書研究センター 2021
  • ドイツ文化事典
    丸善出版 2020 ISBN:9784621305645
  • 教師の声を聴く : 教職のジェンダー研究からフェミニズム教育学へ
    学文社 2016 ISBN:9784762026379
Lectures and oral presentations  (10):
  • Contradiction between Inclusion and Differentiation. Textbooks for Primary Education in Germany.
    (15th IARTEM Conference 2019)
  • ドイツの初等学校教科書における「インクルーシブ」な作業課題の検討
    (日本カリキュラム学会第29回年次大会 2018)
  • 変わりゆくドイツの小学校教科書~協同の学びを巡って~
    (川村学園女子大学公開講座2017「知の旅人~Intellectual Journey」 2017)
  • 博物館学習におけるICTの活用可能性
    (日本デジタル教科書学会第6回年次大会 2017)
  • ドイツにおけるデジタル教科書開発の現状-『mBook』を中心に-
    (日本デジタル教科書学会第5回年次大会 2016)
more...
Education (4):
  • 2006 - 2012 東京大学大学院 教育学研究科 学校教育高度化専攻 教職開発コース 博士後期課程
  • 2006 - 2009 ベルリン自由大学
  • 2004 - 2006 東京大学大学院 教育学研究科 総合教育科学専攻 学校教育開発学コース 修士課程
  • 2000 - 2004 The University of Tokyo Faculty of Education
Work history (13):
  • 2021/04 - 現在 University of the Ryukyus
  • 2014/04 - 現在 Hosei University
  • 2020/04 - 2022/03 Tokyo City University
  • 2020/04 - 2021/03 Kawamura Gakuen Woman's University Faculty of Liberal Arts Dept. of History
  • 2017/04 - 2020/03 Kawamura Gakuen Woman's University Faculty of Liberal Arts
Show all
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page