Rchr
J-GLOBAL ID:201601012491800528   Update date: Apr. 06, 2021

Tanaka Ryo

タナカ リョウ | Tanaka Ryo
Affiliation and department:
Job title: 研究員
Research field  (1): Crop production science
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2020 - 2024 水稲の高温ストレスバイオマーカーの合成に関与する遺伝子の特定とその機能の解明
  • 2020 - 2024 地球温暖化を利用した水稲再生二期作に適した優良形質の特定
Papers (6):
more...
MISC (5):
  • 篠遠善哉, 鈴木晴大, 田中良, 中西愛, 牧夏海, 八木岡敦, 山崎諒. 若手の会企画による小集会(22)開催報告昼の部「拝見・隣の研究室!~日本各地のラボ模様~」夜の部「事件は現場で起きている~現地実証試験とは~」. 日本作物学会紀事. 2017. 86. 4. 388-388
  • 土屋史紀, 田中良, 大段秀記. 大豆・麦のアップカットロータリを活用した一工程播種栽培. 水稲乾田直播を核としたアップカットロータリの汎用利用による稲・麦・大豆輪作技術マニュアル. 2016. 11-12
  • 田中良, 大段秀記. 水稲多収品種「たちはるか」での栽培例. 水稲乾田直播を核としたアップカットロータリの汎用利用による稲・麦・大豆輪作技術マニュアル. 2016. 9-10
  • 岡村 昌樹, 多田羅 翔子, 田中 良, 橋田 庸一, 廣岡 義博, 牧野 裕樹, 森田 耕一. 若手の会企画による小集会(19)「若手の会ってどんな会?」「あなたも表彰!? 若手の会主催優秀ポスター発表賞授賞式」開催報告. 2016. 85. 1. 83-83
  • 中野恵子, 深見公一郎, 大段秀記, 土屋史紀, 田中良, 小荒井晃, 住吉正. 二毛作水田での乾田直播水稲作に向けた振動ローラによる漏水対策. 日本土壌肥料学会講演要旨集. 2015. 61. 106
Patents (1):
  • 施肥量決定装置
Lectures and oral presentations  (8):
  • Grain Yield Response to Cultivar and First Harvest Time in Rice Ratooning
    (2020)
  • 水稲乾田直播栽培実施圃場の排水性と冬作への影響
    (日本土壌肥料学会2019年度静岡大会 2019)
  • Barley Yield Response to Nitrogen Application under Different Weather Conditions
    (The 247th Meeting of the Crop Science Society of Japan 2019)
  • Development of a heat tolerance assay system for rice spikelet sterility in phytotrons
    (2018)
  • 二条オオムギ新品種「はるか二条」の多収要因の解明
    (第94回日本作物学会九州支部講演会 2017)
more...
Education (2):
  • 2013 - 2014 Kyoto University Department of Bioresource Science
  • 2009 - 2013 Kyoto University Department of Bioresource Science
Work history (2):
  • 2021/04 - 現在 National Agriculture and Food Research Organization Kyushu Okinawa Agricultural Research Center, NARO
  • 2014/04 - 2021/03 National Agriculture and Food Research Organization Kyushu Okinawa Agricultural Research Center, NARO
Committee career (1):
  • 2016/10 - 2019/10 日本作物学会九州支部 編集幹事
Association Membership(s) (3):
THE KYUSHU BRANCH OF THE CROP SCIENCE SOCIETY OF JAPAN ,  CROP SCIENCE SOCIETY OF AMERICA ,  CROP SCIENCE SOCIETY OF JAPAN
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page