Rchr
J-GLOBAL ID:201601019372292403   Update date: Jun. 23, 2022

Tomiyuki Suzuki

スズキ トミユキ | Tomiyuki Suzuki
Affiliation and department:
Research field  (3): Tourism studies ,  Geography ,  Human geography
Research keywords  (4): ツーリズム ,  観光 ,  観光地理学 ,  人文地理学
Research theme for competitive and other funds  (12):
  • 2021 - 2025 人口減少社会下の首都圏外縁部における観光地域の衰退とその再生戦略に関する研究
  • 2020 - 2021 観光地域における観光資源および観光産業の季節変動(Seasonality)への対応
  • 2020 - 2021 国民参加による気候変動情報収集・分析支援業務委託(担当:観光業における情報収集)
  • 2019 - 2020 首都圏外縁部の観光地域を対象としたフィールドワーク教育の実践とそのマニュアルづくり
  • 2018 - 2019 平成30年度「渡良瀬遊水地地域デザイン作成」に関する研究業務委託
Show all
Papers (32):
  • 鈴木富之. 観光まちづくりの現場における「若者目線」による地域活性化の課題と可能性. 下野教育. 2022. 770. 14-19
  • 鈴木富之. 長野市中心部における宿泊施設の立地と経営戦略の関係. 総合観光研究. 2022. 20. 45-54
  • 鳥水梨歩, 鈴木富之. 那須塩原市板室温泉における宿泊施設の経営特性. 宇都宮大学地域デザイン科学部研究紀要『地域デザイン科学』. 2021. 10. 349-377
  • 鈴木富之, 岩崎颯太, 石川隼人, 石渡大夢, 鈴木 萌, 中山歩美, 前野有咲, 松井日菜, 横山朋花. 大学生における外食行動の特徴とその意義-2020年度宇都宮大学地域デザイン科学部「社会調査実習」成果報告第2報. 宇都宮大学地域デザイン科学部研究紀要『地域デザイン科学』. 2021. 10. 333-348
  • 鈴木富之, 板田知佳, 上野安加里, 川村瑠花, 関野浩人, 高澤颯人, 當真昇吾, 三浦弓奈. 大学生におけるインターネットショッピングの特徴とその課題-2020年度宇都宮大学地域デザイン科学部「社会調査実習」成果報告第1報. 宇都宮大学地域デザイン科学部研究紀要『地域デザイン科学』. 2021. 10. 311-331
more...
MISC (16):
  • 鈴木富之. 総合観光学会会員活動状況(2019年4月~1日~2021年3月31日). 総合観光研究. 2021. 19. 37-38
  • 鈴木富之. 「教員おススメの1冊を紹介します(『観光学を学ぶ-楽しむことからはじまる観光学』). 宇都宮大学広報誌「UU now」. 2020. 51. 8-9
  • 鈴木富之, 柳 銀珠. 大学における沖縄本島の観光資源を題材とした巡検学習の実践とその教育的効果. 沖縄地理. 2017. 17. 53-54
  • 髙橋俊守, 鈴木富之. 栃木県における里山の文化的景観の地図化と地域資源としての活用. 平成28年度地(知)の拠点整備事業『地域志向教育研究支援事業報告書』(宇都宮大学). 2017. 5-8
  • 鈴木富之. 那覇市における宿泊施設型ゲストハウスの発展要因(2015年度沖縄地理学会大会報告). 沖縄地理. 2016. 16. 125-126
more...
Books (3):
  • 地域デザイン技法-地域を「読み・解く」55のアプローチ(地域デザイン科学シリーズ 2)
    北樹出版 2022 ISBN:9784779306945
  • 地域デザイン思考-地域と向き合う82のテーマ(地域デザイン科学シリーズ 1 )
    北樹出版 2020 ISBN:9784779306396
  • やんばるに根ざす(名桜叢書第2集)
    出版舎Mugen 2015 ISBN:9784905454144
Lectures and oral presentations  (30):
  • 関係人口から取り組む地域づくり
    (令和3年下野市・上三川町・壬生町連携事業研修会(於:オンライン) 2022)
  • イントロダクション「農村にひとを呼び込む手法について」
    (もおか若者会議 キックオフミーティング(於:真岡市役所) 2021)
  • 日本の観光産業のインバウンドの展望
    (国際交流都市日光の再発見-日本のインバウンドについて留学生と考える(於:オンライン) 2020)
  • 平成30年度「渡良瀬遊水地地域デザイン作成」に関する研究業務委託成果
    (宇都宮大学連携事業「渡良瀬遊水地」研究成果発表会(於:小山市立生井公民館) 2019)
  • 首都圏外縁部の観光地域を対象としたフィールドワーク学習の実践とその教育的効果(第2部 地域連携プロジェクト成果報告 自由テーマ)
    (地域デザインセンターシンポジウム 第3回「地域と共に学びあい・教えあう関係づくり」(於:宇都宮大学) 2019)
more...
Education (3):
  • 2008 - 2012 University of Tsukuba
  • 2006 - 2008 University of Tsukuba
  • 2004 - 2006 Saitama University
Professional career (1):
  • 博士(理学) (筑波大学)
Work history (4):
  • 2019/04 - 現在 国立大学法人宇都宮大学大学院 地域創生科学研究科 社会デザイン科学専攻 コミュニティデザイン学プログラム 講師
  • 2016/04 - 現在 Utsunomiya University Faculty of Regional Design, Department of Community Design
  • 2014/04 - 2016/03 公立大学法人名桜大学 国際学群観光産業教育研究学系 准教授
  • 2012/04 - 2014/03 Suzuka University
Committee career (13):
  • 2022/04 - 現在 真岡市 もおか若者会議 コーディネーター
  • 2018/04 - 現在 日本地理学会 財務委員会 委員
  • 2022/03 - 2022/03 令和3年度群馬県地域おこし協力隊(吾妻郡中之条町) アドバイザー(2021年3月14~15日)
  • 2021/10 - 2022/03 真岡市 もおか若者会議(仮) コーディネーター
  • 2016/06 - 2021/03 那須塩原市シティプロモーション推進懇談会 委員
Show all
Association Membership(s) (7):
JAPAN INSTITUTE OF TOURISM RESEARCH ,  THE JAPAN SOCIETY FOR INTERDISCIPLINARY TOURISM STUDIES ,  JAPAN ASSOCIATION ON GEOGRAPHICAL SPACE ,  THE HUMAN GEOGRAPHICAL SOCIETY OF JAPAN ,  TOKYO GEOGRAPHICAL SOCIETY ,  THE ASSOCIATION OF JAPANESE GEOGRAPHERS ,  沖縄地理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page