Rchr
J-GLOBAL ID:201601020344758780   Update date: Aug. 14, 2021

Takashima Yasutoshi

Takashima Yasutoshi | Takashima Yasutoshi
Affiliation and department:
Research field  (1): Experimental pathology
Research keywords  (2): 腫瘍免疫 ,  腎臓
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2019 - 2021 肝細胞における免疫反応と毛細胆管破壊との関連の解明
  • 2019 - 2021 糖尿病性腎症の進展に保護的作用を示すヘパラン硫酸脱硫酸化酵素sulfatase1/2の尿中活性測定法の開発と臨床検査医学への展開
  • 2018 - 2021 慢性腎臓病の尿細管間質病変形成における接着分子CADM1の役割
Papers (14):
more...
MISC (35):
  • 田畑 里歩, 小林 玲央, 小西 英幸, 三宅 隼人, 土井 俊文, 廣瀬 亮平, 井上 健, 土肥 統, 吉田 直久, 鎌田 和浩, et al. 潰瘍性大腸炎にS状結腸憩室炎を合併し腹腔鏡下結腸全摘術を施行した一例. 日本消化器内視鏡学会近畿支部例会プログラム・抄録集. 2020. 105回. 61-61
  • 高島 康利, 塩津 弥生, 草場 哲郎, 玉垣 圭一, 西村 綾子, 森永 友紀子, 宮川 文, 伊藤 彰彦, 小西 英一. 血管内皮細胞障害を反映する遠位尿細管由来バイオマーカーの検討. 日本腎臓学会誌. 2020. 62. 4. 309-309
  • 高島 康利, 桝 和子, 原田 俊平, 礒島 喜孝, 西村 綾子, 森永 友紀子, 宮川 文, 牛込 秀隆, 小西 英一. 糖尿病性腎症におけるendo-sulfatase1(Sulf1)の腎保護作用の検討. 日本腎臓学会誌. 2020. 62. 4. 325-325
  • 高島 康利, 原田 俊平, 礒島 喜孝, 西村 綾子, 森永 友紀子, 宮川 文, 牛込 秀隆, 伊藤 彰彦, 小西 英一. 移植腎における遠位尿細管変性の病理学的検出とその意義. 日本腎臓学会誌. 2020. 62. 4. 360-360
  • 高島 康利, 岸本 光夫, 村田 晋一, 北條 智人, 薗部 優大, 新井 啓仁, 小西 英一. 右傍気管領域に発生した異所性A型胸腺腫の一例. 日本病理学会会誌. 2019. 108. 1. 361-361
more...
Lectures and oral presentations  (13):
  • The role of sulfatase1 (Sulf1) in human diabetic nephropathy
    (19th Asia Pacific Society of Nephrology (APCN) 2021, Bangkok 2021)
  • New urinary biomarker reflecting interstitial endothelial damage
    (19th Asia Pacific Society of Nephrology (APCN) 2021, Bangkok 2021)
  • 移植腎における遠位尿細管変性の病理学的検出とその意義
    (第63回日本腎臓学会学術総会 2020)
  • 血管内皮細胞障害を反映する遠位尿細管由来バイオマーカーの検討
    (第63回日本腎臓学会学術総会 2020)
  • 糖尿病性腎症におけるendo-sulfatase1(Sulf1)の腎保護作用の検討
    (第63回日本腎臓学会学術総会 2020)
more...
Education (2):
  • 2011 - 2016 筑波大学大学院 人間総合科学研究科
  • 2001 - 2007 Asahikawa Medical University Medical Course
Professional career (1):
  • 博士(医学) (筑波大学)
Awards (3):
  • 近藤記念医学財団 2018年 学術奨励賞
  • 日本病理学会 近畿支部 2017年 学術奨励賞
  • 日本腎臓学会 第44回東部学術集会 優秀演題賞
Association Membership(s) (3):
JAPANESE SOCIETY OF NEPHROLOGY ,  日本臨床細胞学会 ,  THE JAPANESE SOCIETY OF PATHOLOGY
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page