Rchr
J-GLOBAL ID:201701002380547124   Update date: Dec. 15, 2020

Uehata Yousuke

ウエハタ ヨウスケ | Uehata Yousuke
Affiliation and department:
Job title: 准教授
Research field  (2): Basic nursing ,  Sociology of education
Research keywords  (9): 看護社会学 ,  看護教育学 ,  学習環境 ,  Faculty Development ,  Case Method ,  Nursing policy and Nursing administration ,  Staff Development ,  Institutional Research ,  Higher Education
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2020 - 2025 エビデンスベースの看護系大学の教育効果・カリキュラム検証と質保証モデルの構築
  • 2018 - 2021 未来を予測し学生の主体性を高めるフィードフォワード型教学IRのシステム構築
  • 2017 - 2019 政府の看護師養成に関するEBP を支援する看護師養成大学の 総合的研究
Papers (10):
  • Finding New Ways of Qualitative Research as a Learning Research Method That Captures the Learning and Growth of Students, Faculty, and Administrative Staff. 2020. 41. 2. 57-61
  • 藤原 僚平, 齋藤 渉, 上畠 洋佑. 大学への調査の実態把握に関するパイロット分析-A大学における調査負担可視化の試み-. 大学評価とIR. 2019. 11. 3-14
  • 荒木 俊博, 藤原 僚平, 上畠 洋佑. 日本版コモン・データ・セット(CDS)実現に向けた予備的研究-大学を対象にした調査の質問項目の分析を通して-. 大学評価とIR. 2018. 9. 50-61
  • Takeshi Endo, Yousuke Uehata. Research on University Location after Deregulation : Focusing on Trends of Private Universities in the Metropolitan Area. The Waseda journal of educational research. 2018. 9. 43-55
  • Staff IR Forum Report. 2017. 8. 3-14
more...
MISC (18):
  • 上畠 洋佑. オンライン授業は続けるべきか?. 文部科学教育通信. 2021. 499. 18-20
  • 上畠 洋佑. 「コロナ禍における学生の学び」の質的調査の概要. 文部科学教育通信. 2020. 499. 34-35
  • 上畠洋佑. J-CDSプロジェクトが直面する課題と展望. 文部科学教育通信. 2020. 481. 30-31
  • 上畠 洋佑. データの「体温」を感じ「感性」を養い「物語」を紡ぐ. 文部科学教育通信. 2020. 476. 32-33
  • 上畠 洋佑. 「大学改革」の実践論-「羅生門」と「ケースメソッド」. 教育学術新聞「アルカディア学報656」私学高等教育研究所より. 2019. 2784. 2-2
more...
Books (1):
  • 教育と学習の原理 (看護教育実践シリーズ)「8章 教育の制度」
    医学書院 2020
Lectures and oral presentations  (75):
  • 課題研究シンポジウムII「大学教育における質的研究の可能性」
    (大学教育学会課題研究集会2020(早稲田大学・オンライン) 2020)
  • 実践志向型カリキュラム論
    (新潟県立看護大学カリキュラム検討委員会学習会(オンライン開催) 2020)
  • 大学教育における質的研究の多様な展開
    (大学教育学会第42回大会(オンライン開催) ラウンドテーブル テーブル19 2020)
  • 日本版コモン・データセットのデータ項目検討の試み-日本の大学の情報公開とアメリカのコモン・データセットの比較を通して-
    (第26回大学教育研究フォーラム(京都大学) 2020)
  • IR経験者から見たガバナンスの大学間比較
    (金沢大学国際基幹教育院高等教育開発・支援部門 2019年度第1回部門客員セミナー 2019)
more...
Education (3):
  • 2016 - 2019 Waseda University Education Course
  • 2011 - 2013 Tokyo University Division of University Management and Policy Studies
  • 2000 - 2004 Hiroshima University
Professional career (1):
  • 修士(教育学) (東京大学)
Work history (5):
  • 2019/11 - 現在 特定非営利活動法人フェアスタートサポート 理事
  • 2019/07 - 現在 Kanazawa University Institute of Liberal Arts and Science
  • 2019/04 - 現在 Niigata University Associate Professor
  • 2018/04 - 2019/03 Ehime University Office for Educational Planning and Research Project Assistant Professor
  • 2015/04 - 2018/03 Kanazawa University Faculty of Higher Education Research and Development Project Assistant Professor
Committee career (4):
  • 2020/04 - 現在 新潟大学 教育・学生支援機構 教育プログラム支援センター 副専攻部門長
  • 2020/02 - 現在 新潟大学 新潟大学 教育・学生支援機構 教育・学生支援企画室副室長
  • 2015/04 - 2018/03 金沢大学 金沢大学 大学教育再生加速プログラム(AP)第3WG委員
  • 2015/04 - 2018/03 金沢大学 大学教育再生加速プログラム(AP)実務委員会委員
Association Membership(s) (7):
JAPANESE ASSOCIATION OF QUALITATIVE PSYCHOLOGY ,  JAPAN SOCIETY FOR EDUCATIONAL TECHNOLOGY ,  Japan Association for College and University Education ,  Japanese Consortium of Accreditation Coordinators for Higher Education ,  JAPAN ASSOCIATION OF HIGHER EDUCATION RESEARCH ,  COMMUNITY FOR INNOVATION OF EDUCATION AND LEARNING THROUGH COMPUTERS AND COMMUNICATION NETWORKS ,  日本環境心理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page