Rchr
J-GLOBAL ID:201701005893551770   Update date: Jan. 11, 2023

Inanaga Michiko

イナナガ ミチコ | Inanaga Michiko
Affiliation and department:
Job title: 主任研究員
Research field  (3): Ecology and environmental science ,  Plants: molecular biology and physiology ,  Forest science
Research keywords  (2): Forest Ecology ,  Forest Genetics
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2018 - 2021 耐寒性からアスナロ属2変種の太平洋側・日本海側気候への適応分化を推定する
  • 2016 - 2018 アスナロ属2変種の太平洋側・日本海側地域への適応分化をもたらした機能遺伝子の探索
  • 2015 - 2016 アスナロ属2変種の分化に関連するゲノムワイドな遺伝子的変異の解明
Papers (8):
more...
MISC (10):
  • 稲永路子. キハダ広域産地試験地. 林木育種情報. 2021. 38
  • Michiko Inanaga, Katsuhiko Takata. Measuring the Process of Acquiring the Freezing Tolerance of Genus Thujopsis Using Chlorophyll Fluorescence Measurement. 2020. 8. 25-31
  • 稲永路子. ブナの花粉散布パターンおよびその種子と実生段階における適応的意義. 森林遺伝育種. 2020. 9. 2. 70-75
  • 稲永 路子, 能勢美峰. 国際会議「6th Plant Dormancy Symposium 2018」について. 森林遺伝育種. 2019. 8. 2. 93-95
  • 木村恵, 遠藤圭太, 磯田圭哉, 稲永路子, 高橋誠, 生方正俊. 奥会津森林生態系保護地域(福島県桧枝岐村)におけるブナ天然林のモニタリング調査(10年目)の結果. 森林総合研究所林木育種センター年報(Web). 2019. 2018
more...
Lectures and oral presentations  (17):
  • キハダ実生の葉フェノロジーの産地間比較
    (第133回日本森林学会大会 2022)
  • Internal and external factors affecting flowering characteristics of Chinese fir.
    (The 9th EAFES International Congress 2021)
  • アスナロ属の耐凍性関連遺伝子のプライマー開発
    (第131回日本森林学会大会)
  • Comparison of changes in freezing tolerance during cold acclimation of Thujopsis from two provenances
    (2020)
  • スコアリングによるコウヨウザンの着花促進の試み
    (森林遺伝育種学会第8回大会 2019)
more...
Professional career (1):
  • 博士(農学) (名古屋大学)
Work history (1):
  • 2020/09 - 現在 国立研究開発法人森林研究・整備機構森林総合研究所林木育種センター 遺伝資源部探索収集課分類同定研究室 主任研究員
Awards (1):
  • 2011/03 - 日本生態学会 ポスター賞 優秀賞 大山ブナ老齢林における母性解析によるブナの種子散布パターンの解明
Association Membership(s) (3):
Japanese society of forest genetics and tree breeding ,  THE ECOLOGICAL SOCIETY OF JAPAN ,  THE JAPANESE FOREST SOCIETY
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page