Rchr
J-GLOBAL ID:201701014426028176   Update date: Oct. 01, 2021

Maiko Nakatake

Maiko Nakatake
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (1): Foreign language education
Research keywords  (10): ライティング・センター ,  Writing Centers ,  Second Language Writing ,  English Education ,  Applied Linguistics ,  第二言語習得 ,  英語教育学 ,  第二言語ライティング ,  応用言語学 ,  英語教育
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2020 - 2023 ライティング・センターにおける英語ライティング支援の効果検証
  • 2018 - 2021 全国都道府県・政令指定都市及び市町村の英語教育研究テーマに関する経年的調査研究
  • 2013 - 2014 ライティング・センターにおけるチュートリアルと学習者の書き直しの関係に関する 研究
  • 2013 - 2014 グローバル化時代の外国語教育
  • 2010 - 2011 日本における英語ライティング指導の展望-日本の大学における効果的なライティング指導を求めて
Show all
Papers (21):
  • 中竹真依子. 英語ライティング指導における対話の役割:ライティング・センター研究の知見から. 言語・文化・社会. 2021. 19. 69-82
  • 藤尾美佐, 山口高領, 新井巧磨, 飯田敦史, 奥切恵, 金子淳, 鈴木健太郎, 辻るりこ, 中竹真依子, 濱田彰, et al. 各自治体の英語教育で力を入れているテーマ調査・2ー小学校英語教員研修で重視されている項目. 英語教育. 2021. 69. 11. 76-77
  • 藤尾美佐, 山口高領, 奥切恵, 青田庄真, 新井巧磨, 飯田敦史, 金子淳, 鈴木健太郎, 多田豪, 辻るりこ, et al. 全国都道府県における英語教育研究の実態調査-全国市レベルの取り組み-. JAAL in JACET Proceedings. 2020. 2
  • Writing center operational efforts and outcomes : A comparative study of data in the first two years after the launch of the AWC. 2020. 47. 1
  • 木村松雄, 藤尾美佐, 山口高領, 奥切恵, 青田庄真, 新井巧磨, 飯田敦史, 金子淳, 鈴木健太郎, 多田豪, et al. 英語教育コアカリキュラムは教員養成課程でどのようにとらえられているか. 英語教育. 2019. 91-97
more...
MISC (2):
  • 中竹 真依子. (近刊著書紹介)トム・ガリー、佐藤洋一、中竹真依子、佐竹幸信、エイミー・ミルズ編著『Changing Roles of Foreign Language Teaching/Learning in the Context of Globalization in Japan-グローバル化時代の外国語教育学研究-』. The Basis : 武蔵野大学教養教育リサーチセンター紀要 = The Basis : The annual bulletin of Research Center for Liberal Education, Musashino University. 2015. 5. 261-262
  • 中竹 真依子. An Analysis of Tutor Feedback in a Writing Center : Fostering Autonomous Writers(Collaboration and Relativization in English Language Education). JACET全国大会要綱. 2013. 52
Books (4):
  • Social Metamorphosis in the Context of Globalisation in Japan: Language, Discourse, Communication and Education
    2020
  • Changing Roles of Foreign LanguageTeaching/Learning in the Context of Globalization in Japan
    MAYA Consortium 2014
  • West to East, East to West
    Seibido 2012
  • 明日へ翔ぶ-人文社会学の新視点1-
    風間書房 2008
Lectures and oral presentations  (28):
  • 一般教養英語リーディングクラス におけるオンライン授業-学生の実状に即した改善案-
    (JACET(大学英語教育学会)第60回記念国際大会 2021)
  • 全国都道府県英語教育研究テーマの調査研究特別委員会の2018・2019年度の調査結果概要
    (大学英語教育学会(JACET)第60回記念国際大会 2021)
  • ライティング支援の運営体制を構築する上での工夫とその効果 -立ち上げ期 2 年間の利用データ分析を通して-
    (第26回大学教育研究フォーラム 2020)
  • ライティング・センターの継続的利用に関する一考察
    (The Twelfth Symposium on Writing Centers in Asia 2020)
  • 全国都道府県英語教育研究テーマの調査研究 全国市レベルの取り組み
    (第2回JAAL in JACET学術交流集会 2019)
more...
Education (3):
  • 2008 - 2017 The University of Tokyo Language and Information Sciences
  • 2006 - 2008 東京大学大学院 言語情報科学専攻修士課程修了
  • 2002 - 2006 Tsuda College Department of English
Professional career (2):
  • Ph.D (The University of Tokyo)
  • 修士(学術) (東京大学)
Work history (8):
  • 2020/04 - 現在 Gakushuin University Foreign Language Teaching and Research Centre Associate Professor
  • 2018/04 - 2020/03 Aoyama Gakuin University Academic Writing Center research associate
  • 2017/04 - 2018/03 Teikyo University Assistant Professor
  • 2014/04 - 2017/03 Musashino University Assistant Professor
  • 2011/04 - 2014/03 Tokyo Healthcare University
Show all
Committee career (8):
  • 2019/04 - 現在 JACET(大学英語教育学会) JACET関東支部紀要編集委員
  • 2019/04 - 現在 JACET(大学英語教育学会) JACET関東支部研究企画委員
  • 2019/04 - 現在 Writing Centers Association of Japan Organizing committee
  • 2018/04 - 現在 Komaba Language Association KLA Journal 編集委員長
  • 2013/04 - 現在 Komaba Language Association 運営委員
Show all
Awards (3):
  • 2013/09 - JACET Award
  • 2013/09 - JACET第52回国際大会最優秀学生発表賞
  • 2006/03 - 津田塾大学 石坂泰三賞
Association Membership(s) (6):
KANTOKOSHINETSU ASSOCIATION OF TEACHERS OF ENGLISH ,  THE JAPAN SOCIETY OF ENGLISH LANGUAGE EDUCATION ,  学術英語学会 ,  THE JAPAN ASSOCIATION OF COLLEGE ENGLISH TEACHERS ,  AAAL (American Association for Applied Linguistics) ,  Japan Association for College and University Education
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page