Rchr
J-GLOBAL ID:201701015338168169   Update date: Apr. 29, 2021

MABUCHI Miho

マブチ ミホ | MABUCHI Miho
Affiliation and department:
Research field  (1): Art history
Research keywords  (5): 日本中世絵画史 ,  日本近世絵画史 ,  日本絵画史 ,  日本美術史 ,  美術史
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2018 - 2022 江戸時代の俳諧文化における画家・絵画評価とその画壇への影響の研究
Papers (16):
  • 馬渕 美帆. 英一蝶と尾形光琳-一蝶晩年期の作風転換と光琳画意識-. 神戸外大論叢. 2021. 73. 1. 51-68
  • 馬渕 美帆. 曾我蕭白による英一蜂『英氏画編』の利用. 美術史論叢. 2019. 35. 141-165
  • 馬渕 美帆. 曾我蕭白と英一蝶. 國華. 2018. 1473. 3-18
  • 馬渕 美帆. 伊藤若冲の歌仙図研究--寛政期の画業と俳諧文化--. 國華. 2016. 1450. 3-19
  • 馬渕 美帆. 十八世紀の俳諧文化における光琳評価--『光琳画譜』刊行まで. 美術史論叢. 2015. 31. 1-30
more...
MISC (23):
  • 神戸市外国語大学編(担当:分担執筆, 範囲:馬渕美帆). 『神戸外大教師が新入生にすすめる本』. 神戸新聞総合出版センター. 2020
  • 馬渕 美帆. 曾我蕭白と英一蝶(美術史学会東支部例会研究発表要旨). 美術史. 2017. 182. 305-306
  • 馬渕 美帆. 応挙の“新しさ”に焦点. 中日新聞. 2013
  • 馬渕 美帆. 「愛知県美術館ブログ」の運用について. 博物館研究. 2010. 511. 10
  • 馬渕 美帆. 愛知県美術館 所蔵作品鑑賞カード(中林竹洞《梅花書屋図》). 2010
more...
Books (12):
  • 『日本美術のつくられ方--佐藤康宏先生の退職によせて』
    羽鳥書店 2020
  • 『奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド』
    日本経済新聞社・NHK・NHKプロモーション 2019
  • 『円山応挙展--江戸時代絵画 真の実力者』
    円山応挙展実行委員会 2013
  • 『日本美術全集 第14巻 江戸時代III 若冲・応挙、みやこの奇想』
    小学館 2013
  • 『絵を用い、絵を創る--日本絵画における先行図様の利用』
    ブリュッケ 2011
more...
Lectures and oral presentations  (10):
  • 図様で「つながる」絵画
    (神戸市立博物館展覧会「つなぐ TSUNAGU-THE POWER OF KOBE CITY MUSEUM」特別講演会 2020)
  • 呉春vs俳画
    (逸翁美術館展覧会「池田市制施行80周年記念 画家「呉春」-池田で復活!」関連講座「呉春作品をめぐる絵画vs文学-イメージ×テキストのシナジー」 2019)
  • 田楽を作る歌仙-伊藤若冲の歌仙図について
    (東京文化財研究所 第51回オープンレクチャー「かたちからの道、かたちへの道」 2017)
  • 応挙が目指した絵画世界
    (根津美術館展覧会「開館75周年記念特別展 円山応挙-『写生』を超えて」講演会 2016)
  • 曾我蕭白と英一蝶
    (美術史学会東支部例会 2016)
more...
Education (3):
  • The University of Tokyo
  • The University of Tokyo
  • The University of Tokyo
Professional career (2):
  • 博士(文学) (東京大学大学院)
  • 修士(文学) (東京大学大学院)
Work history (5):
  • 2019/04 - 現在 Kobe City University of Foreign Studies Faculty of Foreign Studies
  • 2011/04 - 2019/03 Kobe City University of Foreign Studies Faculty of Foreign Studies
  • 2003/04 - 2011/03 愛知県美術館 学芸員
  • 2000/06 - 2003/03 The University of Tokyo Graduate School of Humanities and Sociology
  • 1998/04 - 2000/05 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
Committee career (1):
  • 2020/09 - 2022/08 神戸市立博物館協議会 委員
Association Membership(s) (1):
THE JAPAN ART HISTORY SOCIETY
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page