Rchr
J-GLOBAL ID:201701018254470306   Update date: Jun. 14, 2021

Kamiyoshi Uichi

カミヨシ ウイチ | Kamiyoshi Uichi
Affiliation and department:
Job title: 准教授
Research field  (1): Japanese language education
Research keywords  (4): 言語政策 ,  クリティカル・ペダゴジー ,  地域日本語教育 ,  日本語教育
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2019 - 2023 英語学位生にとっての「日本語学習」:4年間の追跡調査を通じた学習と就職支援の提言
  • 2016 - 2019 Transformation of Supporting Skills and Attitudes of Hosts and Supporters in Multicultural Symbiotic Society
Papers (11):
  • Uichi Kamiyoshi. System design for Japanese language education for foreign residents in Japan: Issue of following the enforcement of the Promotion of Japanese Language Education Act. Intercultural Education. 2020. 52. 1-17
  • 神吉宇一, 奥野由紀子, 市嶋典子. 平和をめざすことばの教育(1) -CCBI の理念と日本語教育実践の切り口-. ヨーロッパ日本語教育22:2017日本語教育シンポジウム 第21回ヨーロッパ日本語教育シンポジウム報告・発表論文集. 2017. 140-157
  • Kamiyoshi Uichi. Language Education for Peace and CCBI(Critical Content-Based Instruction). The 23rd Princeton Japanese Pedagogy Forum Proceedings. 2017. 87-96
  • SATO Shinji, HASEGAWA Atsushi, KUMAGAI Yuri, KAMIYOSHI Uichi. Content-Based Instruction (CBI) for the Social Future: A Recommendation for Critical Content-Based Language Instruction (CCBI). L2 Journal. 2017. 9. 3. 50-69
  • KAMIYOSHI Uichi. Language education, "commodification", and consumption. The Proceedings of the Symposium on Commodification and Consumption of Language Education. 2016. 668-1229
more...
MISC (13):
  • 神吉 宇一. コラム8アドバイザーとして. 文化庁 平成 30 年度「生活者としての外国人」のための日本語教室空白地域解消推進事業「地域日本語教育スタートアッププログラム報告書 ~日本語教室立ち上げハンドブック~」. 2019. 40-40
  • 神吉 宇一. 日本語教師教育・教師養成のエピステモロジーの多角的考察-研究や実践を超えていく日本語教育者像-「アドバイザー」という日本語教育者の仕事. 2017年日本語教育学会秋季大会予稿集. 2017. 34-36
  • The Sasagawa, Peace Foundation. Japanese Language Learning Support- Speaking, Reading and Writing. 2016. 39-48
  • 神吉 宇一, 布尾 勝一郎, 平田 好. 日本における外国人就労者受け入れに関する課題の再検討-日本語教育の社会的役割とは-. 2012年度日本語教育学会春季大会予稿集. 2012. 29-40
  • 門倉 正美, 松岡 洋子, 嶋田 和子, 神吉 宇一, 尾﨑 明人. 震災後の日本語教育. 2011年度日本語教育国際研究大会予稿集. 2011. 1. 82-83
more...
Books (20):
  • Education Abroad: Bridging Scholarship and Practice
    Routledge 2020 ISBN:9781138364288
  • The Global Education Effect and Japan: Constructing New Borders and Identification Practices (Politics of Education in Asia)
    Routledge 2020 ISBN:9780367262181
  • チャレンジ!多文化体験ワークブック〜国際理解と多文化共生のために
    ナカニシヤ出版 2019 ISBN:9784779515507
  • Japanese for Work-Useful Words and Phrases III
    Learn-s 2019
  • Japanese for Work-Useful Words and Phrases II
    Learn-s 2019
more...
Lectures and oral presentations  (61):
  • 就労者に対する日本語教育〜就労現場のフィールドワークから〜
    (日本言語政策学会第23回研究大会 2021)
  • 日本語教育を通した共生社会の実現-日本語教育学振興に関する施策の推進・拡充-
    (2021年度日本語教育学会春季大会 2021)
  • グローバル化する日本語学習環境に関する研究
    (韓国日語日文学会 2020年冬季国際学術大会 2020)
  • 多国間で連携(協働)する教師のオモワクが創出する実践とその比較
    (韓国日語日文学会2019年冬季国際学術大会 2019)
  • Japan's New Immigration Policy and Japanese Education in Japan
    (2nd International Conference on Japanese Language Education in South Asia 2019)
more...
Education (3):
  • 2001 - 2007 Osaka University
  • 1999 - 2001 Osaka University
  • 1989 - 1993 Tokyo Gakugei University
Work history (6):
  • 2020/04 - 現在 Musashino University Faculty of Global Studies Department of Japanese Communication Associate Professor
  • 2016/04 - 2020/03 Musashino University of Language and Culture, Graduate School
  • 2013/09 - 2016/03 Nagasaki University of Foreign Studies Faculty of Foreign Studies Lecturer
  • 2007/08 - 2013/09 The Overseas Human Resources and Industry Development Association HIDA Research Institute
  • 2002/08 - 2004/06 ベラルーシ国立大学/ミンスク国立言語大学 NIS諸国派遣日本語教育専門家
Show all
Committee career (10):
  • 2020/04 - 現在 文化庁 日本語教師の資格に関する調査研究協力者会議
  • 2016/04 - 現在 文化庁 地域日本語教育アドバイザー
  • 2015/04 - 現在 文化審議会国語分科会 文化審議会国語分科会委員
  • 2015/06 - 2021/05 日本語教育学会 副会長
  • 2018/04 - 2019/03 文部科学省 留学生就職促進プログラム専門委員
Show all
Awards (1):
  • 2020/09 - Association for the Study of Higher Education The Council for International Higher Education Award for Significant Research Education Abroad: Bridging Scholarship and Practice
Association Membership(s) (5):
American Association of Teachers of Japanese ,  多文化共生社会における日本語教育研究会 ,  日本語教育学会 ,  異文化間教育学会 ,  言語文化教育研究学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page