Rchr
J-GLOBAL ID:201801002860275636   Update date: Feb. 17, 2021

sasaki kazuma

ササキ カヅマ | sasaki kazuma
Affiliation and department:
Research field  (1): Pathobiochemistry
Research keywords  (1): traumatic brain injury
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2020 - 2023 心停止後意識障害における低侵襲的細胞医薬治療の有効性評価:患者社会復帰を目指して
  • 2019 - 2022 Establishment and efficiency of regeneration medicine using neural stem cell transplantation for post-cardiac arrest encephalopathy
  • 2019 - 2022 重症頭部外傷に対する新規神経栄養因子を用いた再生治療の効率化
Papers (5):
  • Satoshi Suda, Chikako Nito, Shoji Yokobori, Yuki Sakamoto, Masataka Nakajima, Kota Sowa, Hirofumi Obinata, Kazuma Sasaki, Sean I Savitz, Kazumi Kimura. Recent Advances in Cell-Based Therapies for Ischemic Stroke. International journal of molecular sciences. 2020. 21. 18
  • 佐々木和馬, 中江竜太, 金谷貴大, 山口昌紘, 五十嵐豊, 恩田秀賢, 布施明, 横堀將司. Multiple spinal epidural abscess with abrupt neurological deterioration: A report of two cases. Journal of Japan Society of Neurological Emergencies & Critical Care (Web). 2020. 32. 2
  • Yokobori Shoji, Suehiro Eiichi, Sasaki Kazuma, Igarashi Yutaka, Nakae Ryuta, Onda Hidetaka, Fuse Akira, Suzuki Michiyasu, Yokota Hiroyuki. PROGNOSTIC FACTORS OF INTENSIVE TREATMENT FOR GERIATRIC TBI: ANALYSIS OF 1,879 CASES FROM JAPAN NEUROTRAUMA DATA BANK. JOURNAL OF NEUROTRAUMA. 2019. 36. 13. A21
  • Shoji Yokobori, Kazuma Sasaki, Takahiro Kanaya, Yutaka Igarashi, Ryuta Nakae, Hidetaka Onda, Tomohiko Masuno, Satoshi Suda, Kota Sowa, Masataka Nakajima, et al. Feasibility of Human Neural Stem Cell Transplantation for the Treatment of Acute Subdural Hematoma in a Rat Model: A Pilot Study. Frontiers in neurology. 2019. 10. 82-82
  • Geriatric traumatic brain injury in Japan : Analysis from Japan Neurotrauma Data Bank 1998-2015. 2018. 41. 2. 71-80
MISC (55):
  • 横堀 將司, 末廣 栄一, 佐々木 和馬, 金谷 貴大, 山口 昌紘, 五十嵐 豊, 中江 竜太, 恩田 秀賢, 布施 明, 鈴木 倫保, et al. 不断前進、外傷診療 重症頭部外傷診療の現状と今後の課題 日本頭部外傷データバンク症例4,527例からの解析. 日本救急医学会雑誌. 2019. 30. 9. 601-601
  • 横堀 將司, 佐々木 和馬, 金谷 貴大, 山口 昌紘, 五十嵐 豊, 中江 竜太, 恩田 秀賢, 柴田 泰史, 増野 智彦, 布施 明, et al. 不断前進、心肺蘇生 心停止後症候群患者における脳幹機能測定の臨床的意義 正確な転帰予測を目指して. 日本救急医学会雑誌. 2019. 30. 9. 542-542
  • 横堀 將司, 佐々木 和馬, 金谷 貴大, 五十嵐 豊, 中江 竜太, 恩田 秀賢, 布施 明, 横田 裕行. 頭部外傷における凝固線溶障害からみたDamage Control Strategyの適応と限界 日本神経外傷データバンク2015からの検討. 日本外傷学会雑誌. 2019. 33. 2. 200-200
  • 横堀 將司, 佐々木 和馬, 金谷 貴大, 五十嵐 豊, 中江 竜太, 恩田 秀賢, 布施 明, 横田 裕行. 頭部外傷における凝固線溶障害からみたDamage Control Strategyの適応と限界 日本神経外傷データバンク2015からの検討. 日本外傷学会雑誌. 2019. 33. 2. 200-200
  • 横堀 將司, 佐々木 和馬, 金谷 貴大, 五十嵐 豊, 中江 竜太, 恩田 秀賢, 増野 智彦, 布施 明, 横田 裕行. 高齢化社会まっただ中に求められる救急医療のリアリティー 高齢者頭部外傷診療のリアルワールド 治療成績の変遷と見えてきた課題. 日本臨床救急医学会雑誌. 2019. 22. 2. 261-261
more...
Lectures and oral presentations  (11):
  • 高周波熱凝固療法による中殿皮神経障害への治療効果に関する検討
    (第79回日本脳神経外科学会学術総会 2020)
  • 外傷性視交叉部断裂の一例
    (第47回救急医学会総会学術集会 2019)
  • 心肺停止患者における血栓線溶系バイオマーカー測定の意義
    (第32回脳死脳蘇生学会総会学術集会 2019)
  • 急速に神経症状が悪化した多発性脊椎硬膜外膿瘍の2例
    (第33回日本神経救急学会学術集会 2019)
  • ドクターカー活動による脳卒中患者の早期対応と予後についての検討
    (第69回日本救急医学会関東地方会学術集会 2019)
more...
Education (2):
  • 2018 - 現在 Nippon Medical School
  • 2008 - 2014 国立大学法人 浜松医科大学 医学科
Association Membership(s) (4):
Japanese Society for Intravascular Neurosurgery ,  THE JAPAN SOCIETY OF NEUROSURGICAL EMERGENCY ,  THE JAPAN NEUROSURGICAL SOCIETY ,  JAPANESE ASSOCIATION FOR ACUTE MEDICINE
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page