Rchr
J-GLOBAL ID:201801003513383751   Update date: Sep. 13, 2021

SUGAYA Mai

SUGAYA Mai
Affiliation and department:
Job title: 助教
Research field  (1): Public law
Research keywords  (5): 憲法 ,  表現の自由 ,  アメリカ憲法 ,  行政法 ,  ジェンダー
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2020 - 2021 表現規制によるマイノリティの権利救済の可能性 :アメリカ合衆国における表現の自由と平等
  • 2019 - 2020 公共空間における性表現規制のあり方-ジェンダー平等と表現の自由の諧調
  • 2019 - 2020 地域社会における情報技術の利活用とその法的課題
  • 2018 - 2019 情報技術の進展と地方社会--法横断的な問題点と対策の検討
  • 2017 - 2019 有害・不快言論の規制の限界-ゼカライア・チェイフィーと低価値言論の規制根拠-
Show all
Papers (2):
  • 菅谷麻衣. 行政手続法12条1項に基づく処分基準に先行処分を理由として将来処分を加重する定めがある場合における先行処分を取り消す訴えの利益(最三小判平成27年3月3日民集69巻2号143頁). 白鴎大学法政策研究所年報. 2018. 11
  • 菅谷麻衣. 言語と行為の臨界 --米国におけるポルノグラフィー規制条例違憲論の帰趨. 法学政治学論究. 2014. 103. 69-102
MISC (1):
  • 泉徳治, 山元一, 慶應義塾大学若手憲法研究者. 泉徳治・元最高裁判所判事に聞く グローバル化社会における憲法と司法の役割. 法学セミナー2014年7月号. 2014. 42-55
Books (7):
  • The International Review of Constitutional Reform
    2021
  • 判例から学ぶ憲法行政法
    法学書院 2021 ISBN:9784587524548
  • ケースで学ぶ憲法ナビ
    みらい 2021 ISBN:9784860155490
  • 判例キーポイント憲法
    成文堂 2020 ISBN:4792306663
  • アメリカの憲法訴訟手続
    成文堂 2020 ISBN:4792306558
more...
Lectures and oral presentations  (10):
  • 公共空間における 性表現規制のあり方 -- ジェンダー平等と表現の自由の諧調
    (2020年度個人助成受託者報告会 2020)
  • パーソナルデータを用いたアルゴリズムと公正性をめぐる諸問題
    (第9回パーソナルデータ+α研究会 2020)
  • Regulating Pornographic Magazines in Japanese Convenience Stores: Protecting Local Welfare or Playing to the International Gaze?
    (2019 National Women's Studies Association (NWSA) Annual Conference 2019)
  • 言論の自由と平等原理の交差 --内容規制と形式的平等の位置づけに関する一試論
    (2019年度樋口ゼミ合宿(深谷塾) 2019)
  • 日本におけるヘイトスピーチ規制の現状--表現の自由・平等原理・個人の尊厳の付置に関する予備的考察--
    (「弱者の固定化と排除の過程に関する憲法学的考察」研究会 2018)
more...
Education (3):
  • Keio University
  • Keio University Department of Law
  • Keio University
Professional career (1):
  • 修士 (慶應義塾大学)
Work history (12):
  • 2021/04 - 現在 Hosei University Faculty of Lifelong Learning and Career Studies
  • 2020/09 - 現在 Waseda University Faculty of Letters, Arts and Sciences
  • 2020/04 - 現在 Takushoku University Faculty of Political Science and Economics Department of Law and Political Science
  • 2019/10 - 2020/03 Shizuoka University Faculty of Humanities and Social Sciences
  • 2018/04 - 2020/03 Kanda University of International Studies Faculty of Foreign Languages
Show all
Association Membership(s) (6):
慶應法学会 ,  メディア法研究会 ,  ASSOCIATION FOR STUDIES OF CONSTITUTIONAL THEORY ,  JAPAN ASSOCIATION FOR STUDIES OF CONSTITUTIONAL LAW ,  JAPAN PUBLIC LAW ASSOCIATION ,  National Women's Studies Association (NWSA)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page