Rchr
J-GLOBAL ID:201801005333723310   Update date: Apr. 01, 2021

Kato Syou

カトウ ショウ | Kato Syou
Affiliation and department:
Research field  (3): Biological resource conservation ,  Evolutionary biology ,  Biodiversity and systematics
Research keywords  (4): charalean algae ,  phylogenetics and taxonomy ,  evolutionary biology ,  Aquatic plants
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2018 - 2021 シャジクモのゲノムと変異体解析から探る植物の多細胞体制の進化過程
  • 2017 - 2020 湿地の多面的価値評価軸の開発と広域評価に向けた情報基盤形成
  • 2012 - 2015 異なる環境に生育するシャジクモの生態的分化をもたらすオルガネラゲノム遺伝子の解明
  • 2012 - 2013 異なる環境に生育するシャジクモの生態的分化をもたらす遺伝子の解明
  • 2008 - 2010 異なる水環境生息種シャジクモ(シャジクモ目)の適応的種分化の原因遺伝子の探索
Show all
Papers (25):
MISC (4):
Books (10):
  • Lake Biwa: Interactions between Nature and People. Second Edition.
    Cham, Switzerland (Springer, Cham) 2020
  • 水生植物相調査のガイドライン(ver. 1.00)
    新潟大学教育学部(新潟) 2020
  • ミニガイド No31 関西の水草
    大阪市立自然史博物館(大阪) 2018
  • 水草ハンドブック
    新潟大学教育学部(新潟) 2018
  • 京都府自然環境目録2015
    京都府環境部自然環境保全課 2015
more...
Education (3):
  • 2006 - 2010 The University of Tokyo Department of Biological Sciences
  • 2004 - 2006 The University of Tokyo Department of Biological Sciences
  • 2000 - 2004 Tokyo University of Fisheries
Professional career (1):
  • 博士(理学) (東京大学)
Work history (11):
  • 2020/04 - 現在 Niigata University Faculty of Education
  • 2019/04 - 現在 Niigata University Faculty of Education
  • 2016/07 - 2019/03 Toho University Faculty of Science, Department of Life Area Environmental Science
  • 2018/05 - 2018/12 特定非営利活動法人日本国際湿地保全連合 主任研究員
  • 2015/05 - 2018/05 特定非営利活動法人日本国際湿地保全連合 研究員
Show all
Committee career (4):
  • 2019/04 - 現在 琵琶湖環境科学研究センター 滋賀県生きものデータバンク検討委員会 委員
  • 2019/02 - 現在 神奈川県レッドリスト選定・評価委員会 植物・菌類部会 委員
  • 2019/01 - 現在 水草研究会 幹事
  • 2017/04 - 現在 東京都建設局 井の頭池水草再生計画検討会 委員
Awards (3):
  • 2012/03 - 日本植物分類学会 大会発表賞 (ポスター部門) オオシャジクモ種内(シャジクモ目シャジクモ科)の新規系統に関する分類学的研究
  • 2008/03 - 日本植物分類学会 大会発表賞 (ポスター部門) 複数の核DNA領域による日本産Chara braunii(シャジクモ目)の種内解析
  • 2007/08 - Phycological Society of America Best Student Poster Award Analyses of the ubiquitous species Chara braunii (Charales) in Japan, based on the morphology, chloroplast and nuclear DNA sequences
Association Membership(s) (4):
WATER PLANT SOCIETY, JAPAN ,  JAPANESE SOCIETY FOR PLANT SYSTEMATICS ,  THE BOTANICAL SOCIETY OF JAPAN ,  THE JAPANESE SOCIETY OF PHYCOLOGY
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page