Rchr
J-GLOBAL ID:201801006180014787   Update date: Jul. 31, 2022

Morimoto Kazushi

モリモト カズシ | Morimoto Kazushi
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): http://bukka.phar.kyushu-u.ac.jp
Research field  (4): Pharmaceuticals - analytical and physicochemistry ,  Pharmaceuticals - health and biochemistry ,  Structural biochemistry ,  Medical biochemistry
Research keywords  (4): 酸化脂質 ,  構造生物学 ,  GPCR ,  プロスタグランジン
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2020 - 2024 プロスタグランジン受容体を標的とした構造に基づく創薬
  • 2015 - 2018 構造情報に基づく脂質シグナル分子の認識機構の解明
  • 2010 - 2012 プロスタグランジン受容体による細胞特異的シグナリングの分子機構
Papers (17):
more...
MISC (41):
  • 森本和志, 森本和志. プロスタグランジン創薬に向けた受容体の立体構造解析. 上原記念生命科学財団研究報告集(CD-ROM). 2021. 35
  • 斎元祐真, 日下部大樹, 森本和志, 森本和志, 松岡悠太, 松岡悠太, 唐澤悟, 山田健一, 山田健一. リソソームにおける脂質過酸化反応がフェロトーシス誘導を亢進する. 日本薬学会九州支部大会講演要旨集. 2021. 38th (CD-ROM)
  • 南伊織, 佐々木諒也, 中尾優子, 村上里穂, 鈴木佑治, 渡辺真由帆, 森本和志, 稲住知明, 土屋創建, 杉本幸彦. プロスタノイドIP受容体はエピゲノム制御を介してマスト細胞の炎症応答を抑制する. 日本薬学会九州支部大会講演要旨集. 2021. 38th (CD-ROM)
  • 森本和志, 寿野良二, 小林拓也. プロスタグランジン受容体の立体構造解析. 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム講演要旨集. 2021. 42nd (CD-ROM)
  • 斎元祐真, 日下部大樹, 森本和志, 森本和志, 松岡悠太, 松岡悠太, 唐澤悟, 山田健一, 山田健一. リソソームの脂質過酸化反応がフェロトーシス誘導を亢進する. 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム講演要旨集. 2021. 42nd (CD-ROM)
more...
Education (3):
  • 2010 - 2013 京都大学大学院 博士後期課程
  • 2008 - 2010 京都大学大学院 修士課程
  • 2004 - 2008 Kyoto University
Professional career (1):
  • 博士(薬学) (京都大学)
Work history (6):
  • 2021/04 - 現在 Kyushu University
  • 2019/11 - 2021/03 Kyoto University Graduate School of Medicine
  • 2014/01 - 2019/10 Kyoto University Graduate School of Medicine
  • 2015/04 - 2018/03 日本学術振興会 特別研究員(PD)
  • 2013/04 - 2013/12 Kumamoto University Faculty of Life Sciences
Show all
Awards (1):
  • 2020/01 - 日本薬学会関西支部 奨励賞 プロスタノイド受容体活性化機構の解明
Association Membership(s) (3):
THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN ,  THE JAPANESE BIOCHEMICAL SOCIETY ,  PROTEIN SCIENCE SOCIETY OF JAPAN
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page