Rchr
J-GLOBAL ID:201801006264582357   Update date: Nov. 12, 2018

Murakawa Yoko

Murakawa Yoko
Affiliation and department:
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 1997 - 1998 「日米戦争と日系人:市民権放棄、「剥奪」、回復をめぐるアイデンティティの模索」
  • 1992 - 日米戦時交換船・戦後『帰還』船の実態究明と帰国者に関する資料収集-日系アメリカ人 の歴史の視点から
  • 1986 - 1988 日米戦時交換船・戦後『帰還』船の実態究明と帰国者に関する資料収集-日系アメリカ人 の歴史の視点から
  • 1985 - 1986 日米戦時交換船の実態究明と帰国者に関する資料収集-日系アメリカ人の歴史の視点から
Papers (23):
  • 村川庸子. 総合地域研究所 平成29年度「共同研究」報告 佐倉市との連携に係る事業の定着 : 「教育」・「研究」・「地域貢献」の一体化を目指して. 2018. 8. 119-124
  • 村川庸子. 総合地域研究所 平成28年度「共同研究」報告 Glocalityを考えるAction Learningの試み : フード&アグリ、観光の"場"としての佐倉を歩く. 総合地域研究所 平成28年度「共同研究」報告 Glocalityを考えるAction Learningの試み : フード&アグリ、観光の"場"としての佐倉を歩く. 2017. 7. 123-132
  • 村川庸子. 総合地域研究所 平成27年度「共同研究」報告 佐倉市との地域連携事業に向けての試み. 『敬愛大学総合地域研究』. 2016. 6. 111-116
  • 村川庸子. 「フード&アグリ」新教育プログラムのカリキュラムへの定着と地域連携の確立に向けて (総合地域研究所 平成26年度「共同研究」中間報告). 敬愛大学総合地域研究. 2015. 5. 94-99
  • 村川庸子. 総合地域研究所「共同研究」最終報告 千葉の「食」と「職」を結ぶ : アグリビジネスの可能性を求めて(2). 『敬愛大学総合地域研究』. 2014. 4. 181-187
more...
MISC (5):
Books (5):
  • 日米戦争と日系人-市民権放棄、「剥奪」、回復をめぐるアイデンテイテイの模索
    文部省科学研究費 基盤研究(C) 研究成果報告書(09610226) 1998
  • 戦争と日本人移民
    東洋書林 1997
  • 日本社会と移民
    明石書店 1996
  • A study on the "Japanese" repatriates and expatriates from the United States during and after World War II
    1992
  • アメリカの風が吹いた村:打瀬船物語
    愛媛県文化振興財団 1987
Lectures and oral presentations  (7):
  • 「日本人のアメリカ移民の歴史を読み替える-immigration bureaucracyとの関連で」
    (天理大学アメリカス学会第16回年次大会 2011)
  • 市民権を 『放棄』 させる論理--Abo, Murakami (1945) と Hamdi (2004) の場合
    (アメリカ学会年次大会 @南山大学 2006)
  • Citizenship on the Boundaries
    (The 36th International Conference of the American Studies Association of Korea , Incheon, Korea. 2001)
  • 境界線上の市民権:米国市民権放棄と戦後『送還』--ある日系家族の事例より
    (アメリカ史研究会(於 東京大学) 2001)
  • Loss of Nationality: Expatriation of United States Citizenship of People of Japanese Descent
    (The American Sociological Association Meeting in Washington D.C. 2000)
more...
Education (3):
  • 1979 - 1983 Tsuda College
  • 1976 - 1979 Tsuda College
  • 1971 - 1976 Tsuda University Faculty of International Studies
Work history (11):
  • 2001/10 - 現在 Keiai University Faculty of International Studies, Faculty of International Studies
  • 1983/04 - 現在 Tsuda College Faculty of Liberal Arts, Department of International and Cultural Studies
  • 1994/04 - 2005/03 Japan Women's University Faculty of Humanities, Department of English
  • 1996/04 - 2001/09 Keiai University Faculty of International Studies
  • 1999/08 - 2000 Columbia University
Show all
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page