Rchr
J-GLOBAL ID:201801006857738566   Update date: Sep. 30, 2021

Nami Tsuji

Nami Tsuji
Affiliation and department:
Job title: 講師
Research field  (1): Gerontological and community health nursing
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2005 - 2007 高齢者の持久系運動愛好者のQOLに関する質的研究
Papers (19):
  • 辻 奈美. 【おむつの当て方、どうしていますか?】おむつが姿勢に与える影響について. 福祉介護テクノプラス. 2019. 12. 2. 12-15
  • 辻 奈美. 46回日本リハビリテーション工学協会車いすSIG講習会テキスト 第2章 車椅子適合ノウハウの実践 -日々の暮らしを意識したシーティング-. 46回日本リハビリテーション工学協会車いすSIG講習会テキスト. 2017. 11-54
  • 辻 奈美. 福祉用具体験記 おむつ再考 主に姿勢への影響に着目して. 福祉介護テクノプラス. 2017. 10. 2. 36-37
  • 辻 奈美. 福祉用具体験記 そんな使い方でもいいんです. 福祉介護テクノプラス. 2016. 9. 12. 28-29
  • 辻 奈美. 【福祉用具サービス計画書を活用しよう】キャリアアップと自己研鑽 福祉用具サービス計画書作成に活かす. 福祉介護テクノプラス. 2016. 9. 8. 20-23
more...
MISC (14):
  • 辻奈美, 梶西ミチ子. おむつ内環境から考えるおむつケアの実践-排尿体験アンケートからの一考察-. 第29回日本老年泌尿器科学会抄録集. 2016
  • 中村俊哉, 桂律也, 沖川悦三, 北野義明, 小林博光, 白鳥智子, 辻奈美, 辻村和見, 村田知之, 佐藤史子, et al. 車椅子とその使用者に対する歴史調査活動報告 車いすSIGにおける歴史調査活動報告. 第28回リハ工学カンファレンス講演論文集. 2013
  • Nami Tsuji. Preventions of pressure ulcers for diaper users ;A study of the conditions inside of diapers. 4th Congress of the World Union of Wound Healthing Societies.2012. 2012
  • Shinchi K, Shinshi T, Matsuzaki Y, Furukawa M, Kodama M, Yano K, Maekawa A, Kitamura N, Mizota Rie. Simulation exercise for international disaster relief operations for nurse students and its evaluation in Japan. The 8th APCDM.Tpkyo.2006,11,21.Program & Abstract Book. 2006
  • Fukuyama M, Shinchi K, Shinchi T, Matsuzaki Y, Tanaka M, Kaku K, Ono S, Kodama S, Yada K, Maekawa A, et al. The Role of Nurses in International Disaster Operations. The 8th APCDM.Tpkyo.2006,11,21.Program & Abstract Book. 2006
more...
Lectures and oral presentations  (18):
  • おむつ内環境の変化が健康に与える影響について~排尿体験の感想からの一考察~
    (日本老年泌尿器科学会誌 2016)
  • 車椅子とその使用者に対する歴史調査活動報告 車いすSIGにおける歴史調査活動報告
    (第28回リハ工学カンファレンス 2013)
  • Preventions of pressure ulcers for diaper users ;A study of the conditions inside of diapers
    (4th Congress of the World Union of Wound Healthing Societies 2012)
  • リハビリテイメントマシンで遊ぶことの身体への影響に関する研究2
    (2009)
  • 個々のニーズに合わせた用具使用方法の提案について
    (リハ工学カンファレンス講演論文集 2008)
more...
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page