Rchr
J-GLOBAL ID:201801007626679814   Update date: Jan. 07, 2022

Kyakuno Takashi

キャクノ タカシ | Kyakuno Takashi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Other affiliations (4):
Research field  (3): Environmental impact assessment ,  Environmental dynamics ,  Architectural and city planning
Research keywords  (3): GIS ,  機械学習を用いた空間統計学 ,  都市気候
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2020 - 2023 極端な降雨現象に適応する都市の土地利用計画手法の開発
  • 2014 - 2017 局所的な土地利用変化は長期的にみて都市気象に影響を与えるか (研究課題番号:26420631)
  • 2011 - 2012 津波被災区域の浸水マップ作成と地域社会における活用法の研究(研究分担)
  • 2006 - 2009 フラクタルと自己相関による都市の空間解析とそれに基づく環境評価システムの構築(研究課題番号18700239)
Papers (40):
Books (7):
  • 都市計画とまちづくりがわかる本 第二版
    彰国社 2017 ISBN:9784395320936
  • imidas 2014
    集英社 2014
  • imidas 2013
    集英社 2013
  • imidas 2012
    集英社 2012
  • 都市計画とまちづくりがわかる本
    彰国社 2011
more...
Lectures and oral presentations  (25):
  • Future possibilities of intense precipitation in urban areas and adequate plans of urban land use for the risks
    (American meteorological society 100th annual meeting 2020)
  • 船場・大阪の百年後を考える
    (<都市や地域に関する知の冒険>プロジェクト発表会 2019)
  • Prediction of land use changes with Bayesian Spatial Modeling for the perspective of urban climate
    (10th International Conference on Urban Climate 2018)
  • 都市域における気温形成現象の非ガウス統計モデルによるモデル化 -一般化線形モデルおよび一般化線形混合モデルの妥当性の検証-
    (日本都市計画学会学術研究論文発表会 2013)
  • 多自然居住地域のまちづくりと可能性
    (まちづくりフォーラムー丹波篠山地区商工会青年部連絡協議会 2013)
more...
Works (2):
  • 出展:次世代の地域計画、環境計画立案に資する人工衛星データとGISの活用 -見えない要素を可視化、 定量化するための技術- 国際フロンティア産業メッセ(ひょうご神戸産学学官アライアンス)
    2010 -
  • 出展:環境の温度を測ってみよう!, 「ふしぎ発見?理科実験」三田市まちづくり恊働センター
    2009 -
Education (3):
  • - 1999 Osaka University School of Environmental Engineering
  • - 1999 Osaka University School of Environmental Engineering
  • 1990 - 1994 Osaka University Department of Environmental Engineering
Professional career (4):
  • 博士(工学) (大阪大学)
  • 工学修士 (大阪大学)
  • 工学士 (大阪大学)
  • Doctor(Engineering) (Osaka University)
Work history (4):
  • 2017/04/01 - 現在 Kwansei Gakuin University Center for Common Educational Programs
  • 2017/04/01 - 現在 Kwansei Gakuin University
  • 2015/04/01 - 現在 Kwansei Gakuin University School of Policy Studies Department of Urban Studies Kwansei Gakuin University school of policy studies Professor
  • 2009/04/01 - 2015/03/31 Kwansei Gakuin University School of Policy Studies Department of Urban Studies Associate Professor
Committee career (4):
  • 2020/04/01 - 現在 日本都市計画学会 学術委員
  • 2010/04 - 2012/03 日本建築学会 環境工学委員会空間データ利用技術普及小委員会
  • 2009/04 - 日本建築学会 環境委員会空間情報利用促進小委員会 委員
  • 2005/04 - 2009/03 日本建築学会 環境工学委員会空間利用データ小委員会 委員
Awards (2):
  • 2017/03/09 - Journal of Asian Architecture and Building Engineering Editorial Board (Architectural Institute Japan, Architectural society of China, Architectural Institute of Korea) Best Paper Award 2016 (Journal of Asian Architecture and Building Engineering) Methodology for Evaluating Influences of Anthropogenic Factors on Temperature Formation of Summer Seasons Considering their Randomness -Verification Through the Hierarchical Bayesian Model-
  • 2005/07 - 日本都市計画学会 日本都市計画学会関西支部研究発表会奨励賞
Association Membership(s) (3):
環境情報学会 ,  The City Planning Institute of Japan ,  Architectural Institute of Japan
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page