Rchr
J-GLOBAL ID:201801008029208696   Update date: Apr. 06, 2022

HASHIMOTO MIDORI

ハシモト ミドリ | HASHIMOTO MIDORI
Affiliation and department:
Other affiliations (1):
  • ISNA日本スヌーズレン総合研究所  サポート研究員
Research field  (1): Experimental psychology
Research keywords  (3): 音楽 ,  Snoezelen ,  ERP
Research theme for competitive and other funds  (9):
  • 2020 - 2023 親を癒やし配慮や支援が必要な子どものコミュニケーションを養う、光・音・遊び環境を工夫した『親子の遊び空間』の開発と提案
  • 2021 - 2022 ヴァーチャル・リアリティ(VR)による模擬災害体験がもたらす防災意識への教育的効果 -避難行動の遅れに関する心理学的検討を中心に-
  • 2021 - 2022 避難行動促進におけるメカニズムの解明-生理心理学的アプローチを用いて-
  • 2019 - 2022 Snoezelen(スヌーズレン)の有効性についての心理生理学的研究
  • 2020 - 2021 避難行動促進におけるメカニズムの解明-生理心理学的アプローチを用いて-
Show all
Papers (7):
more...
MISC (5):
Books (4):
  • スヌーズレンの理論と実践方法-スヌーズレン実践入門
    大学教育出版 2019
  • 学びを創る教育評価 【現場と結ぶ教職シリーズ】(15巻)
    あいり出版 2017
  • ワーキングメモリと日常:人生を切り拓く新しい知性
    北大路書房 2015
  • 知覚とイメージ
    ミネルヴァ書房 2012
Lectures and oral presentations  (74):
  • 接近者の瞬目回数はパーソナル・スペースに影響を及ぼすのか?
    (岡山心理学会 第69回大会(岡山理科大学) 2021)
  • 木質構造建築物の香りが人間の認知課題遂行に与える効果についての検討-その2 実験-
    (2021年度 日本建築学会大会(東海)(名古屋工業大学web開催) 2021)
  • A pilot study to investigating Snoezelen's effects using the ERP study
    (32nd International Congress of Psychology 2020+ 2021)
  • 責任の所在が意思決定に影響するのか
    (第39回 日本生理心理学会大会(日本大学) 2021)
  • 他者存在が意思決定に与える影響-事象関連電位(ERP)を用いた研究-
    (岡山心理学会 第68回大会(吉備国際大学) 2020)
more...
Education (1):
  • - 2014 Hiroshima University
Professional career (2):
  • 博士(心理学) (広島大学)
  • 修士(教育学) (三重大学)
Work history (3):
  • - 現在 Kibi International University School of Psychology, Department of Psychology
  • - 2018/03 Hiroshima Bunka Gakuen University Faculty of Nursing, Department of Nursing
  • - 2015/03 Hiroshima University Graduate School of Education, Department of Psychology
Committee career (2):
  • 2020/04 - 2023/03 ISNA 日本スヌーズレン総合研究所 ISNA 日本スヌーズレン総合研究所 機関誌編集委員会委員
  • 2020/04 - 2022/03 ISNA 日本スヌーズレン総合研究所 ISNA 日本スヌーズレン総合研究所 資格認定委員会委員
Awards (2):
  • 2016/12 - 岡山心理学会 第64回岡山心理学会優秀発表賞
  • 2015/12 - 岡山心理学会 第63回岡山心理学会優秀発表賞
Association Membership(s) (6):
ISNA日本スヌーズレン総合研究所 ,  日本災害情報学会 ,  JAPAN SOCIETY OF PHYSIOLOGICAL ANTHROPOLOGY ,  THE JAPANESE PSYCHOLOGICAL ASSOCIATION ,  JAPANESE SOCIETY FOR PHYSIOLOGICAL PSYCHOLOGY AND PSYCHOPHYSIOLOGY ,  日本防災士会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page