Rchr
J-GLOBAL ID:201801008201162008   Update date: Nov. 04, 2020

Tetsuya Wagatsuma

ワガツマ テツヤ | Tetsuya Wagatsuma
Affiliation and department:
Job title: 特任助教
Research field  (2): Sociology of education ,  Tertiary education
Research keywords  (2): 比較教育学 ,  高等教育論
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2020 - 2024 A General Study of Learning Support collaborating between Regular Courses and Extracurricular Education
  • 2007 - 2009 International student mobility and transnational education in the Asia and Pacific
Papers (6):
  • 我妻 鉄也. 私立大学における学長補佐体制の強化に向けて-私学高等教育研究所アンケート調査にみる学長補佐体制の変化-. 私学高等教育研究叢書 私大ガバナンス・マネジメントの現状とその改善・強化に向けて. 2018. 89-96
  • 我妻 鉄也. オーストラリア高等教育における国際化の現状と課題-オーストラリア大学質保証機構によるオーディット報告書の分析を中心として-. 大学アドミニストレーション研究. 2012. 2. 50-63
  • 我妻 鉄也. マレーシアにおける豪州大学分校の比較考察-設置経緯とガバナンス構造を中心に-. 国際教育. 2011. 17. 56-68
  • 我妻 鉄也. マレーシアにおけるオフショアプログラムの受入れ-豪州の大学分校を中心に-. 平成19~21年度科学研究費補助金(基盤研究(B)海外学術調査)研究成果報告書 アジア・オセアニアにおける留学生移動と教育のボーダーレス化に関する実証的比較研究. 2011. 123-136
  • 我妻 鉄也. オーストラリア高等教育のマレーシアにおけるオフショアプログラム展開-高等教育の質保証を中心に-. オセアニア教育研究. 2008. 14. 20-35
more...
MISC (30):
  • 我妻 鉄也. 書評 関西国際大学編著『大学教学マネジメントの自律的構築ー主体的学びへの大学創造20年史ー』. 大学教育学会誌. 2020. 41. 2. 104-105
  • 我妻 鉄也. アルカディア学報 トランスナショナル高等教育を巡る諸相-我が国の高等教育機関による国際展開への示唆(下). 教育学術新聞. 2019. 2771. 2
  • 我妻 鉄也. アルカディア学報 トランスナショナル高等教育を巡る諸相-我が国の高等教育機関による国際展開への示唆(上). 教育学術新聞. 2019. 2770. 2
  • 我妻 鉄也. 千葉大学における教育・学修支援専門職養成プログラム(ALPSプログラム)について. ALPSブックレットシリーズ Vol.4 米国高等教育におけるアカデミック・アドバイジングーアカデミック・アドバイザー養成と専門職団体(NACADA)の役割ー. 2019. 9-29
  • 我妻 鉄也. ワシントン大学 University of Washington. 平成28~29年度 認証評価に関する調査研究 (公益財団法人日本高等教育評価機構). 2019. 63-66
more...
Books (4):
  • 第三版 オーストラリア・ニュージーランドの教育-グローバル社会を生き抜く力の育成に向けて
    東信堂 2020
  • 大学事典
    平凡社 2018
  • トランスナショナル高等教育の国際比較-留学概念の転換
    東信堂 2014
  • 新版 オーストラリア・ニュージーランドの教育-グローバル社会を生き抜く力の育成に向けて
    東信堂 2014
Lectures and oral presentations  (24):
  • 千葉大学のFD・SDの取り組みと展望
    (第5回 大学教育イノベーションフォーラム「FD・SDのイノベーション:コロナ禍における取組と今後の展望」 2020)
  • 技術職員に求められるコミュニケーションスキル
    (令和2年度 山口大学教育研究系技術職員研修 2020)
  • 学習支援に必要なコミュニケーションスキルを学ぼう
    (2019年度 ラーニング・アドバイザー養成講座 (山口大学 大学教育機構 大学教育センター) 2019)
  • 修了時アンケートと修了後の活動から見る教育・学修支援専門職能開発を目的とした履修証明プログラムの実際
    (大学教育学会 2019年度課題研究集会 2019)
  • 学習支援の専門職化~千葉大学アカデミック・リンク・センターの取組から~
    (2019年度 ラーニング・アドバイザー養成講座 (山口大学 大学教育機構 大学教育センター) 2019)
more...
Work history (2):
  • 2018/04 - 現在 Chiba University
  • 2011/11 - 2018/03 J. F. Oberlin University Graduate School of Higher Education Administration
Committee career (2):
  • 2016/04 - 現在 日本私立大学協会附置私学高等教育研究所 研究協力者
  • 2014/05 - 2017/10 公益財団法人 日本高等教育評価機構 評価研究部 研究員
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page