Rchr
J-GLOBAL ID:201801008563919948   Update date: Oct. 25, 2021

Osawa Kaori

オオサワ カオリ | Osawa Kaori
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (1): Clinical psychology
Research keywords  (5): Preventive Psycho-education ,  Traumatic Memories ,  Traumatic Stress ,  Cognitive Behavior Therapies ,  Clinical Psychology
Research theme for competitive and other funds  (9):
  • 2019 - 現在 トラウマ初期支援に要するコンピテンスとそれに基づく教育・研修プログラムの開発
  • 2019 - 現在 身体志向アプローチの効果メカニズムに着眼した心身融合型のトラウマ回復支援法の開発
  • 2016 - 現在 外傷性ストレスの深刻化・慢性化の予防を目指した心理学的プログラムの開発
  • 2016 - 2020 外傷性ストレスの深刻化・慢性化の予防を目指した心理学的プログラムの開発
  • 2018 - 2019 次世代育成を含むライフプラン形成の促進を目指す実態調査・実践的研究・施策検討
Show all
Papers (26):
  • 大澤 香織. トラウマ体験後の初期対応に有用・有効なソーシャルサポートを考える-PTSDの発症・重症化予防の観点から-. 甲南大學紀要 文学編. 2021. 171. 197-204
  • Ito, D, Watanabe, A, Osawa, K. Mindful attention awareness and cognitive defusion are indirectly associated with less PTSD-like symptoms via reduced maladaptive posttraumatic cognitions and avoidance coping. Current Psychology. 2021
  • 岡本大輔, 礒部美也子, 大澤香織. 否定的・肯定的育児感情が母親の養育行動の生起頻度に与える影響. 応用心理学研究. 2020. 46. 2. 186-187
  • 岡本大輔, 大澤香織. 児の悩みで育児相談を利用しようとする母親の意思決定を促す要因. 応用心理学研究 大会発表代替論文集. 2020. 15-15
  • Asuka Watanabe, Kaori Osawa, Daisuke Ito. The Influence of Mindful Attention Awareness Mediated Cognitive Fusion on PTSD Symptoms: Targeting University Students Who Experienced Trauma. 2020. 29. 2. 61-70
more...
Books (22):
  • 認知行動療法事典
    丸善出版(株) 2019 ISBN:9784621303825
  • 健康心理学事典
    丸善出版(株) 2019 ISBN:9784621303764
  • 臨床児童心理学-実証に基づく子ども支援のあり方-
    ミネルヴァ書房 2015 ISBN:9784623072460
  • セラピストのための行動活性化ガイドブック うつ病を治療する10の中核原則
    創元社 2013 ISBN:9784422115689
  • 『臨床心理士報』第24巻
    公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会 2013
more...
Lectures and oral presentations  (84):
  • 母親の悩みの深刻度評価と育児相談利用の利益・コストの予測との関連-被援助志向性の調整効果に着目して-
    (日本発達心理学会第32回大会 2021)
  • マインドフルネスが認知行動的要因を媒介してPTSD症状に及ぼす影響
    (日本認知・行動療法学会第46回大会 2020)
  • マインドフルネスおよびトラウマ関連の否定的認知や回避的対処方略がPTSD症状に及ぼす影響
    (日本心理学会第84回大会 2020)
  • 育児の悩みに対して母親が育児相談を利用しようとする意思決定を促す要因
    (日本心理学会第84回大会 2020)
  • 乳幼児の行動、母親の養育行動と育児支援の利用有無との関連
    (日本発達心理学会第31回大会 2020)
more...
Works (3):
  • 公益財団法人日本心理学会 臨床心理科学研究会 第2回研修会
    2017 -
  • こころ電話支援相談員研修会
    2017 -
  • 第9回児童青年認知行動療法研究会
    2011 -
Education (5):
  • - 2008 Health Sciences University of Hokkaido
  • - 2003 Health Sciences University of Hokkaido
  • - 2003 Health Sciences University of Hokkaido
  • - 2003 Health Sciences University of Hokkaido
  • - 2001 Waseda University
Professional career (3):
  • 博士(臨床心理学) (北海道医療大学)
  • 修士(臨床心理学) (北海道医療大学)
  • 学士(人間科学) (早稲田大学)
Work history (4):
  • 2014/04/01 - 現在 KONAN UNIVERSITY Faculty of Letters Faculty of Letters Department of Human Sciences Associate Professor
  • 2011/04/01 - 現在 KONAN UNIVERSITY Faculty of Letters Faculty of Letters Department of Human Sciences Associate Professor
  • 2011/04/01 - 2014/03/31 KONAN UNIVERSITY Faculty of Letters Faculty of Letters Department of Human Sciences Lecturer
  • 2008/04/01 - 2011/03/31 Tokai Gakuin University Faculty of Human Relations, Department of Psychology
Awards (2):
  • 2007/10 - 日本ストレス学会 日本ストレス学会 平成19年度学会賞
  • 2005/07 - 日本ストレスマネジメント学会 日本ストレスマネジメント学会第4回学術大会 大会賞
Association Membership(s) (11):
日本心理学会 ,  日本認知・行動療法学会 ,  日本トラウマティック・ストレス学会 ,  International Society for Traumatic Stress(ISTSS) ,  Association for Behavioral and Cognitive Therapies(ABCT) ,  日本感情心理学会 ,  日本ストレス学会 ,  日本心身医学会 ,  日本臨床心理士会 ,  日本行動医学会 ,  兵庫県臨床心理士会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page