Rchr
J-GLOBAL ID:201801009590928289   Update date: Oct. 25, 2021

KIM Kyung-boon

キム キョンブン | KIM Kyung-boon
Affiliation and department:
Research field  (3): Linguistics ,  Foreign language education ,  Japanese linguistics
Research keywords  (4): 韓国語教育 ,  日韓中対照研究 ,  談話研究 ,  社会言語学
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2021 - 2025 日韓両言語の会話分析に基づく会話管理能力育成の為の韓国語会話教材及び教授法の開発
  • 2015 - 2018 対人評価場面における談話行動の日韓中対照研究
  • 2014 - 2016 Korea and Japan: Self-images and Mutual Perceptions
  • 2012 - 2015 東アジア言語の対人評価行動に関する研究
  • 2011 - 2012 日本語と韓国語の「ほめ」に関する対照研究
Papers (18):
  • Kyungboon KIM, Jaeyoung CHOE, Hironori SEKIZAKI, Sukwoo KANG, Kilseok YANG, Kazumi KOKUSYO, Jihee KIM. A Study of Factors That Influence Mutual Favorability toward Each Other's Country in Japan and Korea. Kodo Keiryogaku (The Japanese Journal of Behaviormetrics). 2020. 47. 1. 13-25
  • 金庚芬. 人はいかにほめるのか-日本語と韓国語の会話から-. 韓国語教育論講座. 2018. 3. 139-156
  • A Study of images held by Japanese people toward Korean country, people and language: through comparison to images held by Japanese people toward Japanese country, people and language. 2017. 54. 65-86
  • A Study of Factors of Images and Preference Regarding Each Other’s Country, People and Language of Japan and Korea.-Based on the Results of a Multigenerational Survey-. 2017. 53. 23-41
  • Sekizaki Hironori, Kim Kyung-boon, Zhao Haicheng. A Comparison of Values in Japan, Korea and China which Influence the Objects of Compliments: Through a Factor Analysis of Questionnaire Responses by University Students. The Japanese Journal of Language in Society. 2017. 20. 1. 161-175
more...
MISC (19):
  • 金庚芬, 趙英恩. 明星大学韓国語教育の遠隔授業実践報告. 明星大学全学共通教育研究紀要. 2021. 3. 41-56
  • 金庚芬, 関崎博紀, 趙海城. 自らの得意分野と成功談をどのように展開するかー日韓中の談話からー. 韓国日本語学会第36回国際学術発表大会論文集. 2017. 139-144
  • 金庚芬, 関崎博紀, 趙海城. 日本・韓国・中国の自己否定的な評価表出場面における会話展開に関する一考察. 社会言語科学会第39回大会発表論文集. 2017. 90-93
  • 金庚芬, 崔宰栄, 関崎博紀. 日本と韓国の相手国・人・ことばに対する世代別好感度及び形成要因. 第248回朝鮮語研究会. 2016. 1-27
  • 金庚芬, 関崎博紀, 崔宰栄. 日本人の韓国、韓国人、韓国語に対する良い、悪いイメージ-自由記入回答の分析結果を中心に-. 韓国日本語学会第33回国際学術発表大会論文集. 2016. 83-87
more...
Books (7):
  • 日本語・韓国語・中国語談話集
    平成27〜29年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果 2018
  • 対人評価場面における談話行動の日韓中対照研究
    平成27〜29年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書 2018
  • 東アジア言語の対人評価行動に関する研究
    平成24〜26年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書 2016
  • 日本と韓国の自己イメージ及び相互認識に関する調査(韓国)コードブック
    二国間交流事業共同研究「韓国と日本の自己イメージ及び相互認識」 2016
  • 日本と韓国の自己イメージ及び相互認識に関する調査(日本)コードブック
    二国間交流事業共同研究「韓国と日本の自己イメージ及び相互認識」 2016
more...
Lectures and oral presentations  (21):
  • 韓国語教育におけるオンライン学習という新しい学びの可能性
    (朝鮮語教育学会第86回例会 2021)
  • 日韓中の対人評価場面における言語行動
    (多文化共生をめざした日本語教員養成プロジェクト学術講演会「接触場面におけるコミュニケーションを考えるー日・中・韓対照語用論の観点からー」 2018)
  • 自らの得意分野と成功談をどのように展開するか ー日韓中の談話からー
    (韓国日本語学会第36回国際学術発表大会 2017)
  • 日本・韓国・中国の自己否定的な評価表出場面における会話展開に関する一考察
    (第39回社会言語科学会研究大会 2017)
  • 日本と韓国の相手国・人・ことばに対する世代別好感度及び形成要因
    (第248回朝鮮語研究会 2016)
more...
Education (3):
  • 2004 - 2007 J. F. Oberlin University
  • 2001 - 2004 Tokyo University of Foreign Studies
  • 1999 - 2001 Tokyo University of Foreign Studies
Professional career (2):
  • 修士(言語学) (東京外国語大学大学院博士前期課程)
  • 博士(学術) (桜美林大学大学院博士後期課程)
Work history (4):
  • 2018/04/01 - 現在 Meisei University Department of Education, School of Education, Department of Education, School of Education
  • 2011/04/01 - 2018/03/31 Meisei University School of Humanities
  • 2014/04 - 2015/03 University of London, Birkbeck College Academic Visitor
  • 2008/04/01 - 2011/03/31 Meisei University School of Humanities
Committee career (5):
  • 2021/04 - 現在 社会言語科学会 企画委員会 副委員長
  • 2021/04 - 現在 社会言語科学会 理事
  • 2019/05 - 2021/03 社会言語科学会 研究大会発表賞選考委員会 選考委員
  • 2015/04 - 2019/03 社会言語科学会 編集委員会 編集委員
  • 2014/10 - 2018/09 韓国日本語学会 編集委員会 編集委員
Association Membership(s) (3):
朝鮮語教育学会 ,  韓国日本語学会 ,  社会言語科学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page