Rchr
J-GLOBAL ID:201801009753506140   Update date: Sep. 10, 2021

ITO Shun

イトウ シュン | ITO Shun
Affiliation and department:
Job title: 准教授
Research field  (1): Civil law
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2019 - 2022 参加形態相互間の役割分担の再構築に向けた序論的・比較法的考察
  • 2018 - 2019 比較補助参加制度研究--主として独・仏法の議論を参照しつつ--
Papers (4):
  • 伊藤 隼. 補助参加制度の機能に関する一考察(四). 法学協会雑誌. 2021. 138. 8. 86(1496)-169(1579)
  • 伊藤 隼. 補助参加制度の機能に関する一考察(三). 法学協会雑誌. 2021. 138. 2. 1(277)-77(353)
  • 伊藤 隼. 補助参加制度の機能に関する一考察(二). 法学協会雑誌. 2020. 137. 10. 1(1719)-76(1794)
  • 伊藤 隼. 補助参加制度の機能に関する一考察(一). 法学協会雑誌. 2020. 137. 7. 1(1003)-89(1091)
MISC (6):
  • 伊藤 隼. 民事再生手続開始後の詐害行為取消権の行使の可否[判批:東京地判平成19年3月26日]. 倒産判例百選[第6版](別冊ジュリスト252号). 2021. 213-213
  • 伊藤 隼. 手形上の商事留置権の破産手続開始決定後の留置的効力[判批:最判平成10年7月24日]. 倒産判例百選[第6版](別冊ジュリスト252号). 2021. 108-109
  • 伊藤 隼. 建物の競売と敷地利用権の不存在の場合の担保責任[判批:最判平成8年1月26日]. 民事執行・保全判例百選[第3版](別冊ジュリスト247号). 2020. 72-73
  • 伊藤 隼. 自動車の所有権留保売買において、売買代金残額を代位弁済した保証人たる信販会社が、自己名義の所有者登録なく、破産手続で留保所有権を別除権として行使することの可否(積極)[判批:最判平成29年12月7日]. 判例評論. 2019. 727. 7-12
  • 伊藤 隼. 信販会社による代位弁済と破産手続における留保所有権の行使[判批:札幌地判平成28年5月30日]. ジュリスト. 2017. 1506. 108-111
more...
Lectures and oral presentations  (2):
  • 判例評釈(最決平成31年1月23日民集73巻1号65 頁)
    (東京大学民事法判例研究会 2019)
  • 判例評釈(最判平成27年12月14日民集69巻8号2295頁)
    (東京大学民事法判例研究会 2016)
Education (3):
  • 2011 - 2013 The University of Tokyo School of Law
  • 2009 - 2011 The University of Tokyo Faculty of Law
  • 2007 - 2009 The University of Tokyo
Professional career (1):
  • 法務博士(専門職) (東京大学)
Work history (3):
  • 2018/04 - 現在 Hokkaido University Graduate School of Law
  • 2015/04 - 2018/03 The University of Tokyo Graduate Schools for Law and Politics
  • 2013/11 - 2014/12 最高裁判所司法研修所 司法修習生
Association Membership(s) (1):
JAPAN ASSOCIATION OF THE LAW OF CIVIL PROCEDURE
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page