Rchr
J-GLOBAL ID:201801010656766070   Update date: Sep. 23, 2022

Ii Takuma

イイ タクマ | Ii Takuma
Affiliation and department:
Research field  (1): Rehabilitation science
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2022 - 2026 頚髄損傷者の歩行再建に向けた歩行支援ロボット練習システム開発とその有用性検証
  • 2021 - 2025 脊髄損傷者のための歩行再建ロボット使用時の歩行器操作練習支援システムの開発
Papers (5):
MISC (3):
  • 井伊卓真, 武田湖太郎, 田辺茂雄. 理学療法におけるデータサイエンスとAIの利活用と課題 理学療法の臨床分野におけるデータサイエンスとAIの利活用と課題. 理学療法(東京). 2022. 39. 4. 327-335
  • 井伊卓真, 谷川広樹, 平野哲. 脳卒中片麻痺者に対する運動学習理論を応用した理学療法の展開. 理学療法. 2021. 38. 8. 739-747
  • 井伊卓真, 平野哲, 井元大介, 加賀谷斉. 脳卒中片麻痺患者に対するロボット支援歩行練習. 老年内科. 2021. 3. 2. 184-190
Books (1):
  • PT・OTのための臨床技能とOSCE
    金原出版 2022 ISBN:9784307750677
Lectures and oral presentations  (27):
  • トレッドミル杖を使用したウェルウォークを用いた歩行練習の有用性の検討
    (日本リハビリテーション医学会 2022)
  • 脳卒中片麻痺者におけるウェルウォークを用いた歩行と下肢装具を用いた歩行の時間距離因子の比較
    (第13回日本ニューロリハビリテーション学会学術大会 2022)
  • 脳卒中片麻痺者におけるウェルウォークを用いた歩行と下肢装具を用いた歩行の歩容の比較
    (第5回日本リハビリテーション医学学術集会秋季大会 2021)
  • 新規の衝撃吸収床材「ころやわ」の高齢者における歩行・リツイバランスに及ぼす影響
    (日本転倒予防学会 第8回学術集会 2021)
  • Examination of the difficulty level of tasks during Welwalk training for hemiplegic stroke patients.
    (11th World congress for neuro rehabilitaion 2020)
more...
Professional career (1):
  • 博士(医療科学)
Association Membership(s) (3):
日本ニューロリハビリテーション学会 ,  義肢装具学会 ,  日本理学療法士協会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page