Rchr
J-GLOBAL ID:201801011211929707   Update date: Sep. 16, 2022

Yamamoto Masataka

Yamamoto Masataka
Affiliation and department:
Job title: Assistant Professor
Research field  (5): Biomedical engineering ,  Neuroscience - general ,  Control and systems engineering ,  Nutrition and health science ,  Rehabilitation science
Research keywords  (7): バイオメカニクス ,  姿勢制御 ,  筋骨格モデル ,  生体医工学 ,  医療福祉工学 ,  脳卒中 ,  リハビリテーション
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2022 - 2027 重度・重複障害児の教育を担う教師をサポートする教育計画等立案支援システムの提案
  • 2022 - 2025 運動中の行為主体感を増幅する心身機能拡張型アシストデバイスの開発
  • 2022 - 2023 姿勢・心理状態推定技術を応用した自宅で使用可能な高精度運動支援システムの開発
  • 2019 - 2022 個人の歩行特性とユーザビリティを考慮した装具選択支援システムの開発
  • 2018 - 2021 加齢や疾患による多様な身体機能低下に対応する成長型アシストデバイスの開発
Show all
Papers (24):
more...
MISC (4):
  • 大西邦博, 河村賢治, 山本征孝, 栗田雄一. 術前の膝OA患者を対象とした体幹加速度と身体機能との関連性. LIFE2019. 2019
  • Masato Hamada, Yusuke Kishishita, Masataka Yamamoto, Yuichi Kurita. Development of aWalking Assist Device with ON-OFF Pattern Control Using Pneumatic Artificial Muscles. The SICE Annual Conference 2019. 2019. 2019. 0. 2P2-M03
  • YAMAMOTO Masataka, SHIMATANI Koji, HASEGAWA Masaki, MURATA Takuya, KURITA Yuichi. Verification of Gait Assist Effect by the Ankle Foot Orthosis. The Proceedings of JSME annual Conference on Robotics and Mechatronics (Robomec). 2017. 2017. 0. 2P2-O08
  • 迫田航, TADAYON Ramin, TADAYON Ramin, RAMIREZ Antonio Vega, DAS Swagata, 岸下優介, 山本征孝, 栗田雄一, 栗田雄一. 歩行リスクレベルの推定結果に基づき負荷を調整するスクワットトレーニングシステム. 日本バーチャルリアリティ学会大会論文集(CD-ROM). 2019. 24th
Lectures and oral presentations  (32):
  • RGBDカメラを用いた介護施設の居室内における高齢者の生活状況分析手法の開発
    (第39回日本ロボット学会学術講演会 2021)
  • Is Hallux Valgus Responsible for Metatarsus Primus Varus?
    (XXVIII CONGRESS OF THE INTERNATIONAL SOCIETY OF BIOMECHANICS (ISB) 2021)
  • 単一RGBカメラによる歩行の時空間指標と両下肢角度の簡易計測
    (ロボティクス・メカトロニクス講演会2021 2021)
  • 人工筋肉を用いた歩行中の股関節振り上げ支援における制御パラメータのオンラインチューニング
    (ロボティクス・メカトロニクス講演会2021 2021)
  • 下方からのRGB-D動画像によるマウスの3次元歩行計測
    (ロボティクス・メカトロニクス講演会2021 2021)
more...
Education (3):
  • 2015 - 2018 Hiroshima University Graduate School of Engineering
  • 2013 - 2015 Nihon University Graduate School of Social and Cultural Studies Human Science
  • 2005 - 2009 Prefectural University of Hiroshima Faculty of Health and Welfare Department of Physical Therapy
Work history (4):
  • 2020/04 - 現在 Graduate School of Engineering, Hiroshima University
  • 2020/04 - 現在 Tokyo University of Science, Faculty of Science and Technology, Department of Mechanical Engineering
  • 2020/01 - 2020/03 Hiroshima University Graduate School of Engineering
  • 2018 - 2019 Hiroshima University Graduate School of Engineering
Committee career (3):
  • 2021/11 - 現在 日本生理人類学会 和文誌編集委員会 編集委員
  • 2021/02/01 - 2022/01/31 日本生理人類学会 日本生理人類学会第82回大会 実行委員
  • 2020/04 - 2021/03 第26回ロボティクスシンポジア 実行委員
Awards (1):
  • 2018/09 - 公益財団法人マツダ財団 第34回(2018年度)マツダ研究助成奨励賞
Association Membership(s) (8):
日本機械学会 ,  IEEE Engineering in Medicine and Biology Society ,  International Society of Biomechanics ,  IEEE ,  日本義肢装具学会 ,  日本物理療法学会 ,  日本理学療法士協会 ,  日本神経理学療法学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page