Rchr
J-GLOBAL ID:201801013680588565   Update date: Oct. 01, 2021

Gi Toshihiro

ギ トシヒロ | Gi Toshihiro
Affiliation and department:
Job title: Assistant Professor
Research field  (1): Human pathology
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2021 - 2024 癌関連静脈血栓症の血栓形成機序と発症予測所見の解明
  • 2018 - 2021 肺血栓塞栓症の発症病態における静脈血栓由来DAMPsの関与
Papers (20):
  • Koyama S, Yamashita A, Matsuura Y, Saito Y, Maekawa K, Gi T, Kitamura K, Asada Y. Intracellular glutamine level determines vascular smooth muscle cell-derived thrombogenicity. Atherosclerosis. 2021. 328. 62-73
  • Toshihiro Gi, Atsushi Yamashita, Murasaki Aman, Aya Kuwahara, Yujiro Asada, Yasuyuki Kawagoe, Junji Onishi, Hiroshi Sameshima, Yuichiro Sato. Tissue factor expression and tumor-infiltrating T lymphocytes in ovarian carcinomas and their association with venous thromboembolism. Pathology international. 2021. 71. 4. 261-266
  • Soichiro Ogawa, Hiroshi Kawakami, Sho Suzuki, Daisuke Kuroki, Naomi Uchiyama, Hiroshi Hatada, Toshihiro Gi, Yuichiro Sato. Metachronous Esophageal Ulcers after Immune-mediated Colitis Due to Immune Checkpoint Inhibitor Therapy: A Case Report and Literature Review. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2021
  • 冨森 馨予, 大西 淳仁, 大澤 綾子, 圓崎 夏美, 吉本 望, 福島 和子, 川越 靖之, 中村 栄作, 中村 都英, 魏 峻洸, et al. 腹部大動脈周囲リンパ節に再発した子宮頸癌が下大静脈に癌塞栓を形成した1例. 宮崎県医師会医学会誌. 2021. 45. 1. 39-43
  • Atsushi Yamashita, Kensaku Nishihira, Toshihiro Gi, Kazunari Maekawa, Kinta Hatakeyama, Saki Horiuchi, Kei Wada, Yoshisato Shibata, Yujiro Asada. Pathological Features of Ruptured Coronary Plaque and Thrombus Interfaces: Fibrin and von Willebrand Factor as Platelet Scaffolds on Rupture Sites. Thrombosis and Haemostasis. 2021. 121. 02. 234-241
more...
MISC (31):
  • 魏 峻洸, 山下 篤, 松田 俊太郎, 佐藤 勇一郎, 浅田 祐士郎. がんの種類別に見たCATのエビデンス 癌関連静脈血栓塞栓症の病理組織学的解析. 脈管学. 2020. 60. Suppl. S93-S94
  • 魏 峻洸, 浅田 祐士郎. 貴方も名医. Clinic magazine. 2020
  • 魏 峻洸, 山下 篤, 松田 俊太郎, 佐藤 勇一郎, 浅田 祐士郎. 剖検例を用いた癌関連静脈血栓塞栓症の病理組織学的検討. 日本血栓止血学会誌. 2020. 31. 2. 247-247
  • 山下 篤, 西平 賢作, 前川 和也, 魏 峻洸, 畠山 金太, 柴田 剛徳, 浅田 祐士郎. 破裂性冠動脈プラークの血小板粘着にフィブリンやフォンウィルブランド因子が関与する. 日本血栓止血学会誌. 2020. 31. 2. 247-247
  • 金丸 志保, 成田 幸代, 天野 正宏, 魏 峻洸, 西田 隆昭. Eruptive collagenomaの1例. 日本皮膚科学会雑誌. 2020. 130. 3. 406-406
more...
Books (2):
  • モデル動物の作製と利用 循環器疾患 2021 上巻
    株式会社 エル・アイ・シー 2021
  • New Textbook of clinical Phlebology
    2019
Lectures and oral presentations  (47):
  • Title] Multiple coronary plaque ruptures in an autopsy case of acute myocardial infarction
    (2021)
  • 心臓 MRI での病変の不均一性を呈した AL アミロイドーシスに対して両心室心筋生検を行った一例
    (第42回心筋生検研究会学術集会 2021)
  • 組織因子塗布プレート上の血小板粘着・凝集におけるフィブリンとフォンウィルブランド因子の関与
    (第43回日本血栓止血学会学術集会 2021)
  • 卵巣癌における組織因子発現および腫瘍浸潤リンパ球と静脈血栓塞栓症との関連
    (第43回日本血栓止血学会学術集会 2021)
  • 細胞内グルタミン濃度は血管平滑筋細胞の血栓性を規定する
    (第43回日本血栓止血学会学術集会 2021)
more...
Education (2):
  • 2015 - 2021 University of Miyazaki
  • - 2013 University of Miyazaki School of Medicine
Professional career (2):
  • 学士 (宮崎大学)
  • 博士 (宮崎大学)
Work history (3):
  • 2017/01 - 現在 宮崎大学医学部 病理学講座 構造機能病態学分野 助教
  • 2015/04 - 2016/12 宮崎大学医学部附属病院 病理診断科 医員
  • 2013/04 - 2015/03 宮崎大学医学部附属病院 卒後臨床研修センター 医員
Awards (1):
  • 2021/04 - 日本病理学会 日本病理学会100周年記念 病理学研究新人賞 血栓症の病態解明と新規検出法の開発
Association Membership(s) (4):
日本血栓止血学会 ,  日本脈管学会 ,  日本臨床細胞学会 ,  THE JAPANESE SOCIETY OF PATHOLOGY
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page