Rchr
J-GLOBAL ID:201801015238266314   Update date: Mar. 30, 2021

Keita Ogawa

オガワケイタ | Keita Ogawa
Affiliation and department:
Job title: 助教
Research keywords  (3): 木材 ,  木質構造 ,  木材強度
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2019 - 2021 含浸型WPC処理を用いた高耐力木質接合部の開発
  • 2018 - 2021 釘接合部の試験方法の違いが評価結果に及ぼす影響 -実験的検証とメカニズムの解明-
  • 2017 - 2019 非住宅木造建築における釘接合部の高耐力化に関する研究
  • 2016 - 2017 めり込み負荷下における木材の力学的耐久性
  • 2015 - 2017 伝統的建築物の力学性能解明に向けた木材横圧縮時のひずみ分布及び弾塑性挙動の解析
Show all
Papers (17):
  • 原田真樹, 戸田淳二, 井道裕史, 杉本健一, 宮本康太, 小川敬多, 村上知徳, 渋沢龍也. 長スパン木質系面材充腹梁の曲げ性能評価. 木材工業. 2020. 75. 11. 498-505
  • Ogawa Keita, Fukuta Satoshi, Kobayashi Kenji. Experimental study of lateral resistance of bolted joints using Japanese cedar (Cryptomeria japonica) treated with resin impregnation. Journal of Wood Science. 2020. 66. 71
  • 小川敬多, 小林研治. 構造用合板と木材のビス接合部のせん断におけるクリープ限度の推定. 木材学会誌. 2020. 66. 4. 187-194
  • Ogawa Keita. Comparison of evaluation results of nailed joints in shear properties obtained from two methods. Wood and Fiber Science. 2019. 51. 4. 441-447
  • Ogawa Keita, Harada Masaki, Shibusawa Tatsuya, Miyamoto Kohta. Method for measuring the resistances produced on parallel and perpendicular veneers in plywood under nail embedment loading. Journal of Wood Science. 2019. 65. 1
more...
MISC (7):
more...
Patents (1):
  • 木材のヤング率測定方法とその装置
Lectures and oral presentations  (85):
  • 含浸型WPC処理したスギ材のめり込み特性
    (第71回日本木材学会大会(東京) 2021)
  • 各種試験条件がドリフトピンの面圧定数に及ぼす影響
    (第71回日本木材学会大会(東京) 2021)
  • 釘接合部における残留変形を用いた降伏挙動の解明
    (第71回日本木材学会大会(東京) 2021)
  • Withdrawal performance of self-tapping screw on CLT made of Indonesian fast-growing hardwood and Japanese softwood
    (2021)
  • 丸太段階におけるヒノキ204材のヤング係数の推定と曲げ強度
    (日本木材加工技術協会第38回年次大会 2020)
more...
Professional career (1):
  • 博士(農学) (名古屋大学)
Work history (3):
  • 2019/04 - 現在 Shizuoka University
  • 2017/04 - 2019/03 国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林総合研究所 任期付研究員
  • 2015/04 - 2017/03 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
Awards (4):
  • 2021/03 - 日本木材学会 第32回日本木材学会奨励賞(2020年度)
  • 2019/10 - 2019年度日本建築学会大会(北陸)学術講演会 木質構造部門若手優秀発表賞
  • 2014/03 - 日本材料学会東海支部 優秀講演賞(学術部門)
  • 2013/03 - 日本材料学会東海支部 優秀講演賞(学術部門)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page