Rchr
J-GLOBAL ID:201801015397643641   Update date: Apr. 11, 2021

Misaki Akihiro

ミサキ アキヒロ | Misaki Akihiro
Affiliation and department:
Research field  (3): Museology ,  Cultural properties ,  Biogeoscience
Research keywords  (2): 地質学 ,  古生物学
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2019 - 2023 付着・穿孔生物化石から絶滅軟体動物の古生態を探る
  • 2017 - 2021 実物資料を活用した自然史の新たな展示手法および展示理論の構築
  • 2014 - 2018 自然・文化景観から人と自然との関わりを現出するための新たな研究手法の構築
  • 2013 - 2016 付着生物を鍵とした化石軟体動物の古生態の解明と中生代海洋環境の復元
  • 2016 - 特異な形の異常巻アンモノイドの古生態解明と化石の研究過程を示す博物館展示への活用
Show all
Papers (25):
MISC (5):
Lectures and oral presentations  (47):
  • 全職員で実施した博物館再開に向けたCOVID-19対策
    (令和2年度全国科学博物館協議会第28回研究発表大会(オンライン) 2021)
  • コロナ禍における北九州市立自然史・歴史博物館の感染対策と博物館活動
    (九州産業大学国際シンポジウム「博物館と医療・福祉のよりよい関係〜日本・英国・米国をつなぐオンライン開催〜」 2021)
  • 北海道中川町上部白亜系から産出したツノザメ類Protosqualus
    (日本古生物学会第170回例会(オンライン、ホスト:横浜国立大学) 2021)
  • A new Mosasaurine (Squamata: Mosasauridae) from western Japan with unexpected postcranial morphology
    (The Society of Vertebrate Paleontology 80th Annual Meeting (Virtual meeting) 2020)
  • 上部白亜系和泉・外和泉層群産ノストセラス科異常巻アンモノイドの産状
    (日本古生物学会2019年年会.静岡大学 2019)
more...
Education (3):
  • 2004 - 2007 京都大学大学院 地質学鉱物学分野 博士後期課程
  • 2002 - 2004 東北大学大学院 地圏環境科学科 博士前期課程
  • 1998 - 2002 Tohoku University Division of GeoEnvironmental Science
Professional career (1):
  • 博士(理学) (京都大学)
Work history (2):
  • 2008/04 - 現在 北九州市立自然史・歴史博物館 自然史課 学芸員
  • 2007/04 - 2008/03 京都大学大学院 理学研究科 日本学術振興会特別研究員(PD)
Awards (2):
  • 2010 - 日本古生物学会 優秀ポスター賞 「白亜紀後期異常巻アンモノイドPravitoceras sigmoidaleとそれに付着する二枚貝の産状」
  • 2009 - 日本古生物学会 優秀ポスター賞 「白亜紀中期の北太平洋で発生したベレムナイト類の消滅とその要因」
Association Membership(s) (4):
The Paleontological Society ,  The Palaeontological Association ,  THE GEOLOGICAL SOCIETY OF JAPAN ,  PALAEONTOLOGICAL SOCIETY OF JAPAN
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page