Rchr
J-GLOBAL ID:201801015557511216   Update date: Jun. 07, 2021

SUGIYAMA Naoko

スギヤマ ナオコ | SUGIYAMA Naoko
Affiliation and department:
Research field  (1): Art history
Research keywords  (8): Roger de Piles ,  彫刻 ,  雅宴画 ,  Antoine Watteau ,  rococo ,  France ,  18th century ,  art history
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2021 - 2024 アントワーヌ・ヴァトーの雅宴画とピュグマリオン神話~描かれた彫像を中心に~
  • 2011 - 2015 Genesis and Significance about the Vivid Representation of the Sculpture-within-a-Picture in Watteau's fête galante.
  • 1999 - 2002 アントワーヌ・ヴァトーの雅宴画における彫刻表現の生成と意義についての考察
Papers (16):
  • 杉山奈生子. 画家ヴァトーに関するアカデミー講演録(4)~ソルボンヌ大学図書館所蔵の手稿(Ms. 1152, fol. 17-41)を巡って~. 造形学研究所所報( 愛知産業大学). 2016. 12. 1-6
  • 杉山奈生子. 「画家ヴァトーに関するアカデミー講演録(3)~ソルボンヌ大学図書館所蔵の手稿(Ms. 1152, fol. 17-41)を巡って~」. 『造形学研究所所報』. 2015. 11. 1-6
  • 杉山奈生子. 「画家ヴァトーに関するアカデミー講演録(2)~ソルボンヌ大学図書館所蔵の手稿(Ms. 1152, fol. 17-41)を巡って~」. 『造形学研究所所報』. 2014. 10. 1-4
  • 杉山奈生子. 「画家ヴァトーに関するアカデミー講演録(1)~ソルボンヌ大学図書館所蔵の手稿(Ms. 1152, fol. 17-41)を巡って~」. 『造形学研究所所報』. 2013. 9. 1-4
  • 杉山奈生子. 「18世紀フランス美術の身体表象に関する言説~ロジェ・ド・ピール、ファルコネを中心に~」. 『造形学研究所所報』. 2012. 8. 1-4
more...
MISC (11):
  • 杉山奈生子. 科研費報告書. 2015
  • 杉山奈生子. 「18世紀フランスの彫刻表現~ヴァトーとファルコネを中心に~」(第31回大会 研究報告要旨). 『日本18世紀学会年報』. 2010. 25
  • レズリー・ブルベーカー, 杉山奈生子. 「ビザンツ世界におけるイメージ、メタテクスト、テクスト」. 佐藤彰一(編)『歴史テクストの解釈学:針路、解釈実践、新たな諸問題』(「テクスト布置解釈学的研究と教育」第6回国際研究集会報告書,名古屋大学大学院文学研究科). 2009. 223-230
  • 杉山奈生子. 「生きているかのような彫像の表象~アントワーヌ・ヴァトーの雅宴画を巡って」(「第109回例会:18世紀フランス美術における彫刻をめぐって」発表報告). 『日仏美術学会会報』. 2009. 28. 49-50
  • 杉山奈生子. 「書評:Alexander M. Schenker, The Bronze Horseman: Falconet’s Monument to Peter the Great, Yale University Press, New Haven/London, 2003」. 『西洋美術研究』. 2006. 12. 164-177
more...
Books (4):
  • 展覧会カタログ『ルーヴル美術館展:肖像芸術-人は人をどう表現してきたか』所収
    国立新美術館 2018
  • 『サイン・シンボル大図鑑』
    三省堂 2010
  • 『深読みアート美術館』
    六曜社 2003
  • 展覧会カタログ『ロダンと日本』所収
    静岡県立美術館・愛知県美術館 2001
Lectures and oral presentations  (39):
  • 「西洋の名画を読み解く」
    (名古屋中小企業振興会青年経営研究会 2018)
  • 教員免許状更新講習
    (教員免許状更新講習 2018)
  • 「18世紀フランス美術の華~アントワーヌ・ヴァトーの雅宴画とロココ~」
    (愛知産業大学大学院公開講座 2018)
  • 「教育現場の美術鑑賞について考える」
    (教員免許状更新講習 2017)
  • 「教育現場の美術鑑賞について考える」
    (教員免許状更新講習 2016)
more...
Education (4):
  • 2005 - 2005 Nagoya University
  • 1999 - 2002 Nagoya University
  • 1997 - 1999 Nagoya University
  • 1985 - 1989 Nagoya University
Professional career (1):
  • 博士(文学) (名古屋大学)
Work history (17):
  • 2021/04 - 現在 愛知産業大学造形学研究科デザイン学専攻 教授
  • 2021/04 - 現在 愛知産業大学造形学部スマートデザイン学科 教授 兼担
  • 2021/04 - 現在 愛知産業大学造形学研究科デザイン学専攻長
  • 2019/04 - 2021/03 愛知産業大学総務広報部学長室長
  • 2011/04 - 2021/03 Aichi Sangyo University Faculty of Design & Architecture, Department of Design
Show all
Committee career (1):
  • 2012/08 - 2013/03 美術史学会 査読委員(『美術史』第174冊)
Association Membership(s) (4):
国際18世紀学会 ,  JAPANESE SOCIETY FOR EIGHTEENTH-CENTURY STUDIES / SOCIETE JAPONAISE D'ETUDE DU DIX-HUITIEME SIECLE ,  日仏美術学会 ,  THE JAPAN ART HISTORY SOCIETY
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page