Rchr
J-GLOBAL ID:201801015631168138   Update date: Aug. 21, 2021

Yoshikazu Ohno

Yoshikazu Ohno
Research field  (4): Animals: biochemistry, physiology, behavioral science ,  Cell biology ,  Marine/Aquatic life sciences ,  Morphology, anatomy
Research keywords  (4): バイオミネラリゼーション ,  バイオイメージング ,  形態形成 ,  環境生理学
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2018 - 2022 Application of X-ray computed tomography on coral skeletal climatology
  • 2017 - 2020 細胞膜近傍の造骨プロセスに着目したサンゴの骨格形成メカニズムの全容解明
  • 2015 - 2017 サンゴ礁有孔虫における細胞内ダイナミクス可視化による生物石灰化制御機構の解明
Papers (16):
more...
Lectures and oral presentations  (26):
  • Calibration between temperature and Mg/Ca and oxygen isotope ratios in high-magnesium calcite precipitated by asexually reproduced juveniles of large benthic foraminifera
    (2018)
  • コユビミドリイシAcropora digitifera稚ポリプの石灰化母液内の局所的pH上昇と物質輸送経路の解明
    (日本水産学会大会 (2018) 2018)
  • In vivo imaging studies provide new insight into coral physiology.
    (2017)
  • 我々はどこまでサンゴの石灰化過程を可視化できるのか
    (日本サンゴ礁学会第19回大会 (2016) 2016)
  • 生体イメージングによるサンゴ石灰化メカニズムの解明
    (東京大学大気海洋研究所研究シンポジウム「バイオミネラリゼーションと石灰化」第10回バイオミネラリゼーションワークショップ (2016) 2016)
more...
Professional career (1):
  • 博士(理学) (琉球大学)
Awards (6):
  • 2017/03 - University of the Ryukyus President's Award for Students
  • 2016/11 - 日本サンゴ礁学会 最優秀ポスター発表賞 蛍光色素Calceinによるサンゴ初期ポリプの石灰化イメージング
  • 2016/06 - The 8th international conference on marine pollution and ecotoxicology Best Student Poster Award Aposymbiotic primary coral polyp counteracts acidification by active pH regulation.
  • 2016/05 - マリンバイオテクノロジー学会 大会会長賞 pHイメージング法によるサンゴの酸性化応答の可視化
  • 2015/05 - マリンバイオテクノロジー学会 優秀発表ポスター賞 大型有孔虫の石灰化ライブイメージング
Show all
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page