Rchr
J-GLOBAL ID:201801016350640756   Update date: Oct. 25, 2021

Nagasawa Masako

Nagasawa Masako
Affiliation and department:
Research field  (1): Prosthodontics
Research keywords  (2): 歯科医学教育 ,  歯科補綴
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2020 - 2022 歯根膜の完全な再生を目指した意図的再移植法の新規開発
  • 2019 - 2020 「技能教育」に対するアクティブラーニングを用いた教育プログラム
  • 2015 - 2017 骨髄細胞の機能を介した局所の破骨細胞分化制御機構の探索
  • 2012 - 2014 咬合力によるインプラント周囲の骨吸収に関与する分子同定
Papers (32):
  • Yurina Takaoka, Yosuke Akiba, Masako Nagasawa, Akiko Ito, Yukiko Masui, Nami Akiba, Kaori Eguchi, Haruna Miyazawa, Koichi Tabeta, Katsumi Uoshima. The relationship between dental metal allergy, periodontitis, and palmoplantar pustulosis: An observational study. Journal of prosthodontic research. 2021
  • Lilia J Tabassian, Masako Nagasawa, Aisha K Ba, Nami Akiba, Yosuke Akiba, Katsumi Uoshima, Hiroe Ohyama. Comparing dental student preclinical self-assessment in the United States and Japan. Journal of dental education. 2021
  • Atsushi Kawamura, Yosuke Akiba, Masako Nagasawa, Makiko Takashima, Yoshiaki Arai, Katsumi Uoshima. Bone heating and implant removal using a high-frequency electrosurgical device: An in vivo experimental study. Clinical oral implants research. 2021
  • Farah A. Al-Omari, Masako Nagasawa, Mubarak Suliman, Ameen Khraisat, Katsumi Uoshima. Peri-Implant Bone Alterations under the Influence of Abutment Screw Preload Stress. A preclinical vivo study. Clinical Oral Implants Research. 2020
  • 長澤 麻沙子, 秋葉 奈美, 江口 香里, 高 昇将, 魚島 勝美. バーチャルリアリティ(VR)とオーグメンテッドリアリティ(AR)を用いた支台歯形成練習の効果. 日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集. 2020. 39回. 62-62
more...
MISC (24):
Books (1):
  • 歯科金属アレルギーと全身所見
    Bio Clinica 7(3):58-62
Lectures and oral presentations  (49):
  • バーチャルリアリティ(VR)とオーグメンテッドリアリティ(AR)を用いた支台歯形成練習の効果
    (第39回日本歯科医学教育学会 2020)
  • 垂直的歯根破折歯修復処置後の組織的検索
    (第129回日本補綴歯科学会学術大会 2020)
  • 歯根破折歯に対する歯根膜再生法の開発
    (第36回歯科医学を中心とした総合的な研究を推進する集い 2020)
  • Marginal Bone Response around Preloaded Implants: a Histological Investigation in Rabbits.
    (European Association of Osseointegration 28th Annual Scientific Meeting, Lisbon, Portugal 2019)
  • 繰り返し締結のアバットメントスクリュー形態に対する影響
    (第49回日本口腔インプラント学会学術大会,福岡 2019)
more...
Work history (4):
  • 2011/06 - 現在 新潟大学生体歯科補綴学分野 助教
  • 2012/12 - 2015/07 The University of North Carolina at Chapel Hill(アメリカ) Visiting Scholar
  • 2011/04 - 2011/05 新潟大学生体歯科補綴学分野 医員
  • 2011/03 - Niigata University Graduate School of Medical and Dental Sciences
Committee career (1):
  • 2016 - 現在 日本歯科放射線学会 歯科放射線診療ガイドライン委員会委員
Awards (3):
  • 2018/07 - 日本歯科補綴学会 優秀ポスター賞 インプラントアバットメントスクリューの締め付けトルクが辺縁骨に及ぼす影響
  • 2012/05 - 第121回日本補綴歯科学会学術大会 優秀課題口演賞 卵巣摘出ラットにおける荷重下インプラント周囲骨の組織学的観察
  • 2009/09 - 第39回日本口腔インプラント学会学術大会 優秀ポスター賞 動物実験モデルを用いたオッセオインテグレーション崩壊機序の検索
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page