Rchr
J-GLOBAL ID:201801016375251924   Update date: Oct. 27, 2021

Asakawa Atsushi

アサカワ アツシ | Asakawa Atsushi
Affiliation and department:
Job title: 准教授
Homepage URL  (1): https://sites.google.com/view/atsushi-asakawa-website/home
Research field  (2): Educational psychology ,  Educational psychology
Research keywords  (7): 計算能力 ,  finger dexteriy ,  Numerical abilities ,  Finger gnosia ,  Fine motor abilities ,  Cognitive Development ,  Embodiment
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2017 - 2021 幼児期の心的数直線形成における手指の役割
  • 2014 - 2017 Relationships between development of arithmetical abilities and finger at the early childhood
  • 2010 - 2012 幼児の足し算能力の発達における指の役割
Papers (20):
  • 浅川淳司, 森慶惠. 幼児期の手指操作の発達:手内操作に焦点を当てて. 金沢大学人間社会研究域学校教育系紀要. 2021. 13. 149-154
  • Atsushi Asakawa, Taro Murakami, Shinichiro Sugimura. Effect of fine motor skills training on arithmetical ability in children. European Journal of Developmental Psychology. 2019. 16. 290-301
  • 岡崎 善弘, 浅川 淳司, 大田 紀子, 徳永 智子, 森口 佑介. ぬいぐるみを用いた読書活動の促進効果と子どものファンタジー傾向の関係. チャイルドサイエンス. 2017. 14. 33-38
  • Yoshihiro S. Okazaki, Atsushi Asakawa, Kentaro Ishii, Yuki Yamada. The stuffed animal sleepover: enhancement of reading and the duration of the effect. Heliyon. 2017. 3. 2. e00252
  • 岡崎 善弘, 浅川 淳司, 大田 紀子. The effect of stuffed animal sleepover and children's reading habits. 研究集録. 2016. 162. 41-46
more...
MISC (1):
  • 岡崎善弘, 浅川淳司, 石井健太郎, 山田祐樹. ぬいぐるみお泊まり会:読書活動の促進と効果の持続性. カレントアウェアネス-E. 2017. 325. E1912
Books (8):
  • 新・育ちあう乳幼児心理学
    有斐閣 2019 ISBN:9784641174511
  • 発達障害の心理学 : 特別支援教育を支えるエビデンス
    福村出版 2019 ISBN:9784571121395
  • 発達心理学
    ミネルヴァ書房 2019 ISBN:9784623086221
  • 保育の心理学
    中央法規出版 2019
  • 発達心理学・再入門 : ブレークスルーを生んだ14の研究
    新曜社 2017 ISBN:9784788515215
more...
Lectures and oral presentations  (7):
  • 拡張現実感を利用した子どもの読書活動の促進
    (情報科学技術フォーラム講演論文集 2016)
  • PB-012 児童における手指の巧緻性と計算能力の関係(発達,ポスター発表)
    (日本教育心理学会総会発表論文集 2013)
  • P5-45 幼児の模倣における創造の萌芽(発達,その他,ポスター発表)
    (日本教育心理学会総会発表論文集 2011)
  • (1)中学校への環境移行における予期不安・リアリティショックと学校適応感との関連(環境移行,研究発表B)
    (日本青年心理学会大会発表論文集 2011)
  • 25-J-07 保育者の「言葉かけ研究」の意義と課題 : "幼児の育ち"への貢献を問う(自主企画)
    (日本教育心理学会総会発表論文集 2011)
more...
Education (4):
  • 2010 - 2013 Hiroshima University
  • 2008 - 2010 Hiroshima University
  • 2007 - 2008 Hiroshima University
  • 2003 - 2007 Hiroshima University
Professional career (1):
  • 博士(心理学) (広島大学)
Work history (3):
  • 2014/04 - 現在 Kanazawa University Institute of Human and Social Sciences, Faculty of Education
  • 2013/09 - 2014/03 Hiroshima University Research Institute of Early Childhood Education, Graduate School of Education
  • 2013/04 - 2013/08 Hiroshima University Graduate School of Education
Committee career (2):
  • 2017/02 - 2018/12 日本発達心理学会 国内研究交流委員会
  • 2015/02 - 2017/01 日本発達心理学会 インターネット・ニューズ委員
Awards (3):
  • 2013/02 - 公益信託 小貫英教育学研究助成記念基金 小貫英教育賞
  • 2011/04 - 日本赤ちゃん学会 第11回学術集会優秀発表賞
  • 2011/03 - 日本発達心理学会 学会賞
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page