Rchr
J-GLOBAL ID:201801017003900590   Update date: Nov. 27, 2019

Li Haiyan

リ カイエン | Li Haiyan
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (1): History - Asia/Africa
Research keywords  (1): Modern History, Northeast Asia, Minority, Koreans in China
Papers (8):
  • 李海燕. 中国黒竜江省M市朝鮮族へのインタビュー記録ー1940~1970年代を中心に. 東京理科大学紀要(教養篇). 2016. 第48号. 213-236
  • 李海燕. 从国家,社会和族群的视点来看朝鲜族的形成(1945-1960)、中国語(The Formation of Chaoxianzu from Perspectives of Nation, Society and Ethnicity). SENRI ETHNOLOGICAL STUDIES(National Museum of Ethnology). 2014. 90. 243-254
  • 李海燕. 延辺における地域権力構造と朝鮮族エリートの推移(1945-1960). 韓国満洲学会主催「East Asia and Manchuria in Trans-War Period 」. 2014. 147-173
  • 李海燕. 朝鲜族的国内外移动与民族认同(1945-现在). 中国社会科学院民族学与人類学研究所・日本国立民族学博物館主办国际学术研讨会 「中日人类学民族学理论创新与田野调查」. 2013. 457-458
  • 李海燕. 中国朝鮮族社会における土地改革と農業集団化の展開(1946-1960). 『相関社会科学』(東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻). 2013. 第22号. 65-82
more...
MISC (6):
  • 李海燕. 書評:『近代中国東北地域の朝鮮人移民と農業』(朴敬玉著・御茶の水書房). 中国研究月報. 2016. Vol.70. No.4. 34-35
  • 李海燕他. 研究報告書:「中国東北地域の民族関係をめぐる社会史的考察ー民族雑居地域でのフィールドワークを通じて」. JFE21世紀財団『2015年度大学研究助成 アジア歴史研究報告書』. 2016. 2015年度. 257-273
  • 金光亿著, 李海燕訳. 翻訳:金光亿「从国家-社会的关系考察文化的政治学-中国人类学的研究概观」. SENRI ETHNOLOGICAL STUDIES(National Museum of Ethnology). 2014. 90. 47-61
  • 廉仁鎬著, 李海燕訳. 翻訳:廉仁鎬「中国延辺朝鮮族の民族アイデンティティに関する一考察(1945.8-1950.末)」. 『近きに在りて 特集:戦後「満洲」史研究の現在』. 2010. 111-123
  • 趙甲明著, 李海燕訳. 翻訳:趙甲明「中国における格差形成の原因に対する分析」. 渡辺雅男編『中国の格差、日本の格差-格差社会をめぐる日中共同シンポジウム』彩流社. 2009. 141-147
more...
Books (8):
  • 華僑華人の事典
    丸善出版 2017
  • 東アジア冷戦の文化:高麗大学校民族文化研究院文化動力学ライブラリー30[韓国語]
    somyongbooks、韓国ソウル 2017 ISBN:9791159052132
  • 帝国以後の人の移動-ポストコロニアリズムとグローバリズムの交錯点
    勉誠出版 2013 ISBN:9784585220619
  • 二〇世紀満洲歴史事典
    吉川弘文館 2012 ISBN:9784642014694
  • 戦後の「満州」と朝鮮人社会-越境・周縁・アイデンティティ (書評:『歴史学研究』No.875、『中国研究月報』No.745、『移民研究年報』第17号、『歴史と経済』第225号)
    御茶の水書房 2009 ISBN:9784275008428
more...
Lectures and oral presentations  (17):
  • 中国の現代映像作品にみる戦時中「日本」表象の変遷
    (日本現代中国学会西日本部会研究集会 2019)
  • 中国朝鮮族に対する歴史研究とオーラルヒストリーの空間
    (朝鮮族研究学会2017年度第2回研究会 2017)
  • 冷戦期における中国朝鮮族の『祖国』意識に対する考察
    (高麗大学校民族文化研究院・同志社コリア研究センター主催国際学術会議 「冷戦研究の最前線 第4回研究会」 2016)
  • 「満州の科学・技術・医学史:ネットワーク・アプローチ2」へのコメント
    (帝国日本の知識ネットワークに関する科学史的研究会主催 「満州の科学・医学史ー核をめぐる戦時科学の連続性」 2014)
  • 延辺における地域の権力構造と朝鮮族エリートの推移(1945-1960)
    (韓国満洲学会主催国際シンポジウム「East Asia and Manchuria in Trans-war Period」 2014)
more...
Education (1):
  • - 2007 Hitotsubashi University Social Sciences
Professional career (1):
  • Ph.D. (Hitotsubashi University)
Work history (6):
  • 2013 - 2017 Tokyo University of Science Faculty of Engineering
  • 2017 - Tokyo University of Science Faculty of Engineering
  • 2010 - 2013 Tokyo University of Science Faculty of Science and Technology
  • 2009 - 2011 日本学術振興会 外国人特別研究員(東京大学大学院総合文化研究科)
  • 2005 - 2009 Kanto Gakuin University College of Humanities
Show all
Committee career (4):
  • 2001/01 - 2019/12 中国現代史研究会 会員
  • 2013/05 - 2019/07 日本現代中国学会 会員
  • 2006/12 - 2019/07 近現代東北アジア地域史研究会 会員
  • 2005/09 - 2019/07 アジア政経学会 会員
Association Membership(s) (4):
Association for the Modern and Contemporary History of Northeast Asia ,  The Japan Association for Modern China Studies ,  中国現代史研究会 ,  Japan Association for Asian Studies
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page