Rchr
J-GLOBAL ID:201801018471876610   Update date: Sep. 25, 2022

Tomii Hisayoshi

トミイ ヒサヨシ | Tomii Hisayoshi
Affiliation and department:
Job title: 准教授
Research field  (1): Sociology
Research keywords  (7): コモンズ ,  役割 ,  募金 ,  贈与 ,  森林ボランティア ,  sociology ,  volunteer
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2019 - 2021 ボランティア活動者の社会的意義の扱いかたについての社会学的研究
  • 2014 - 2016 ボランティア活動をめぐる意味秩序形成についての相互作用論的研究
Papers (6):
  • 富井 久義. Discussions on Safe Control of Forest Volunteers Activities: Minimizing Risk and Relation to the Environment through Controlling Their Own Bodies. 社会学ジャーナル. 2018. 43. 23-47
  • 富井 久義. ボランティア活動におけるふるまいと認識についての社会学的研究--社会的意義と参加の論理の関係. 筑波大学大学院人文社会科学研究科博士論文. 2018. 1-211
  • 富井久義. Understanding Forest Volunteer Activities: Hatonosu Field as a Commons Promoted by Urban Inhabitants. 環境社会学研究. 2017. 23. 99-113
  • Tomii Hisayoshi. A Gift Relationship in Voluntary Action: The Multilayered "Ongaeshi" Relationship in ASHINAGA Scholarships. The Annual Review of Sociology. 2012. 2012. 25. 156-167
  • 富井 久義. Dealing with order of the institutionalized movement : Multilayered order formed by interaction of the participants of ASHINAGA movement. 社会学ジャーナル. 2012. 37. 137-155
more...
MISC (5):
  • 富井 久義. 全国調査にみる森林づくり活動団体の動向. 森林総合研究所多摩森林科学園『森林教育交流会成果報告書』. 2019. 14-15
  • 富井 久義. 森林ボランティアの進化と変化--森林づくり活動実態調査 分析結果と今後. 国土緑化推進機構『緑のボランティア活動助成セミナー2018報告書』. 2018. 38-40
  • 富井 久義. NPO法人いわて森林再生研究会(岩手県) 安全で正確な保育技術普及による森林再生の構想. 森づくりフォーラム『平成28年度林野庁補助事業『H27年度森林づくり活動についての実態調査』の分析と課題解決に取り組む団体の調査報告 森づくり活動の一歩先をめざして』. 2017. 3-17
  • 富井 久義. 「H27年度森林づくり活動についての実態調査」の分析について. 森づくりフォーラム『平成28年度林野庁補助事業『H27年度森林づくり活動についての実態調査』の分析と課題解決に取り組む団体の調査報告 森づくり活動の一歩先をめざして』. 2017. 3-10
  • 富井 久義. 森林づくり実態調査の結果・分析発表. 森づくりフォーラム『森から人へ,人から森へ 森林社会学研究会連続講座第4回 森林づくり活動の今とこれから 報告書』. 2016. 4-10
Lectures and oral presentations  (19):
  • 家族関係とインターネット--家庭内におけるメディア・リテラシー教育は可能か
    (社会情報大学院大学公開セミナー 2019)
  • 森林ボランティア活動の社会的意義とはどのようなものだったのか--東京都西多摩地域の森林ボランティア活動の事例
    (なか自然の会総会記念講演 2019)
  • 森林ボランティアの現状と今後の展望
    (茨城県森林ボランティア団体連絡協議会「これからの森林ボランティア活動」講演会 2019)
  • 「H30森林づくり活動実態調査」集計結果レポート
    (どうする? どうなる? これからの森林づくり2019 2019)
  • 森林ボランティア活動はどのように経験されてきたのか--東京都西多摩郡奥多摩町「鳩ノ巣フィールド」Aさんの事例
    (第58回環境社会学会 2018)
more...
Education (2):
  • 2011 - 2018 University of Tsukuba
  • 2009 - 2011 University of Tsukuba
Professional career (2):
  • 博士(社会学) (筑波大学)
  • 修士(社会学) (筑波大学)
Work history (8):
  • 2019/04 - 現在 社会情報大学院大学 先端教育研究所 准教授
  • 2019/04 - 2020/03 事業構想大学院大学 事業構想研究科 准教授
  • 2018/04 - 2020/03 Nihon University Department of Sociology, College of Humanities and Sciences
  • 2018/04 - 2019/03 Ibaraki University social collaboration center
  • 2016/04 - 2018/03 福島県立総合衛生学院 看護学科 非常勤講師
Show all
Committee career (1):
  • 2015/06 - 2019/03 NPO法人森づくりフォーラム 「森林づくり活動団体への実態調査」検討委員会委員
Association Membership(s) (4):
THE JAPANESE FOREST ECONOMIC SOCIETY ,  THE KANTOH SOCIOLOGICAL SOCIETY ,  JAPANESE ASSOCIATION FOR ENVIRONMENTAL SOCIOLOGY ,  THE JAPAN SOCIOLOGICAL SOCIETY
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page