Rchr
J-GLOBAL ID:201801019443611313   Update date: Apr. 06, 2021

Koshikakezawa Mai

コシカケザワ マイ | Koshikakezawa Mai
Research field  (1): Aesthetics and art studies
Research keywords  (3): 洋楽受容 ,  ベートーヴェン ,  音楽史
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2019 - 2023 楽譜出版から考える明治・大正時代の洋楽受容
  • 2017 - 2019 セノオ楽譜と洋楽受容
  • 2016 - 2017 明治期の横浜外国人居留地における洋楽受容--ドーリング商会の活動を中心に
Papers (10):
  • 越懸澤 麻衣. ミッシャ・エルマンの最初の来日公演をめぐって. 洗足論叢. 2021. 49. 1-12
  • Mai Koshikakezawa. ‘Handel’s allegro’ in Beethoven’s Diabelli Variations. Arietta: Journal of the Beethoven Piano Society of Europe. 2020. 9. 23-27
  • 越懸澤 麻衣. ベートーヴェンの作品タイトルをめぐる試論. 音楽を通して世界を考える 東京藝術大学音楽学部楽理科土田英三郎ゼミ有志論集. 2020. 128-141
  • 越懸澤 麻衣. トーマス・カントル、ヴァインリヒのバッハ受容とヴァーグナーへの影響. 洗足論叢. 2020. 48. 1-14
  • 越懸澤 麻衣. ベートーヴェンの変奏曲とその主題をめぐる一考察 -舞台作品に基づく変奏曲を中心に. 洗足論叢. 2019. 47. 17-31
more...
MISC (15):
  • 越懸澤 麻衣. ベートーヴェンが弦楽器に託した未来(ほか). 「音楽の友」編 樂聖と絃:ベートーヴェン 弦楽器のための作品たち. 2021
  • 越懸澤麻衣, 加藤真一郎, 迫昭嘉. 標準版ピアノ楽譜 ベートーヴェン ピアノ・ソナタ集2. 音楽之友社. 2020
  • 越懸澤 麻衣. エッセイ「過去の偉人から学ぶこと」. Geidai Beethoven 250 つながるベートーヴェン(ウェブサイト). 2020
  • 越懸澤 麻衣. 《第九》すみからすみまで(ほか). 「音楽の友」「レコード芸術」編 生誕250年 ベートーヴェン《第九》すみからすみまで. 2020. 86-87
  • 越懸澤 麻衣. 日本人が最も愛する作曲家、ベートーヴェンの生誕250周年とコロナ禍. nippon.com. 2020
more...
Books (3):
  • ベートーヴェンとバロック音楽--「楽聖」は先人から何を学んだか(オルフェ・ライブラリー)
    音楽之友社 2020
  • バルトルド・クイケン著 楽譜から音楽へ--バロック音楽の演奏法
    道和書院 2018
  • 楽譜校訂 Reinhard Keiser. Almira (Erstausgabe)
    ortus musikverlag 2018
Lectures and oral presentations  (14):
  • Beethoven’s Reception in Japan: The Process to Becoming a Popular Composer
    (Why Beethoven? Influence and Reception in Asia 2020)
  • Beethoven’s Piano Music in Japan
    (Beethoven the European: International Virtual Conference 2020)
  • On the Myth of Beethoven and the Titles of his Musical Works: ‘Moonlight Sonata’ in Japan
    (Beethoven in a Global Perspective: Online International Music Festival in Commemoration of the 250th Anniversary of the Birth of Beethoven 2020)
  • ベートーヴェンのポロネーズと「ウィーンの伝統」
    (日本音楽学会第71回全国大会(オンライン開催) 2020)
  • Fugue for String Quartets by Anton Reicha: An Extreme Challenge to Tradition
    (International Online Symposium: The String Quartet in Beethoven’s Europe 2020)
more...
Works (1):
  • 【展示】ベートーヴェン生誕250周年記念
    企画・監修:越懸澤麻衣 2020 - 2020
Education (4):
  • 2010 - 2015 Tokyo University of the Arts
  • 2011 - 2013 ライプツィヒ大学 (DAAD奨学生)
  • 2008 - 2010 Tokyo University of the Arts
  • 2004 - 2008 Tokyo University of the Arts Musicology
Professional career (1):
  • 博士(音楽学) (東京藝術大学)
Work history (12):
  • 2021/04 - 現在 Tokyo University of the Arts Faculty of Music Musicology
  • 2019/04 - 現在 Musashino Academia Musicae
  • 2018/10 - 現在 Gunma University Faculty of Education
  • 2018/04 - 現在 Yokohama City University International College of Arts and Sciences
  • 2018/04 - 現在 Tokyo University of Science Faculty of Science, Division 1
Show all
Committee career (7):
  • 2018/11 - 現在 東洋音楽学会 東日本支部委員
  • 2018/06 - 現在 国際音楽学会東京大会記念基金 事務局員
  • 2018/04 - 現在 日本ベートーヴェンクライス 理事
  • 2020/04 - 2021/03 日本音楽学会 選挙管理委員
  • 2015/11 - 2018/06 第20回国際音楽学会東京大会 事務局員
Show all
Awards (3):
  • 2008/03 - 東京藝術大学 アカンサス音楽賞
  • 2008/03 - 東京藝術大学 同声会賞
  • 2007/04 - 東京藝術大学 安宅賞
Association Membership(s) (2):
THE SOCIETY FOR RESEARCH IN ASIATIC MUSIC ,  THE MUSICOLOGICAL SOCIETY OF JAPAN
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page