Rchr
J-GLOBAL ID:201801020241578177   Update date: Oct. 26, 2021

NOGUCHI Noriko

ノグチ ノリコ | NOGUCHI Noriko
Affiliation and department:
Research field  (2): Public law ,  Accounting
Research keywords  (5): ポイント会計 ,  収益認識 ,  財務分析 ,  税務会計 ,  会計学
Papers (29):
  • NOGUCHI Noriko. Current Status and Issues of The Disaster Support Taxation System. 2019. 62. 12. 140-148
  • 野口 教子. 新収益認識基準が法人税務に与える影響 -カスタマー・リヤルティ・プログラムを中心に-. 高岡法学. 2019. 37. 79-105
  • 野口 教子. 企業会計の国際化と法人税法の対応 : 企業会計基準第29号と法人税法第22条の2の関係. 税理 : 税理士と関与先のための総合誌. 2018. 61. 14. 2-7
  • Noguchi Noriko. Institutional Uncertainty in the Definition of Tax Avoidance Behavior : Focusing on Article 132 of the Corporation Tax Law. Takaoka Law Review. 2017. 35. 0. 109-139
  • 野口 教子. 純資産表示基準が与えた簿記教育への混乱 : 会計等式の意義 (第31回関西部会 統一論題報告 新基準における純資産の部の変容 : 簿記教育・簿記理論の観点から考える). 日本簿記学会年報. 2016. 31. 106-113
more...
Books (7):
  • 会計学(第3版)
    森山書店 2018
  • 大震災後に考えるリスク管理とディスクロージャー
    同文館 2013
  • 工業簿記システム論
    税務経理協会 2012
  • 会計学(第2版)
    森山書店 2011
  • 会計学
    森山書店 2010
more...
Lectures and oral presentations  (31):
  • 新基準における純資産の部の変容-純資産表示基準が与えた簿記教育への混乱-
    (日本簿記学会関西部会 2015)
  • リース会計における例外規定廃止の影響 2014年度リース会計に関するアンケート調査研究報告
    (戦略会計研究会【(財)産業経理協会】 2015)
  • 2013年度繰越欠損金に関するアンケート調査研究報告
    (第88回経営戦略会計研究委員会【(財)産業経理協会】 2013)
  • 配当財源枠決定メカニズムの国際的動向(最終報告)
    (国際会計研究学会30回全国大会 2013)
  • 日本における配当決定因子の実証研究
    (第84回経営戦略会計研究委員会【(財)産業経理協会】 2013)
more...
Education (2):
  • - 2001 高千穂商科大学 大学院 博士課程 単位取得満期退学
  • - 1998 高千穂商科大学 大学院 修士課程修了(修士経営学)
Work history (2):
  • 2017/04 - 現在 Takaoka University Of Law Faculty of Law
  • 2014/04 - 2017/03 Takaoka University Of Law Faculty of Law
Committee career (17):
  • 2020/10 - 現在 公益社団法人 富山県地方自治研究センタ- 理事
  • 2018/07 - 現在 富山県私立学校審議会 委員
  • 2018/04 - 現在 砺波地方介護保険組合 行政不服審査会 会長
  • 2018/04 - 現在 砺波地域消防組合 情報公開・個人情報保護審査会 会長
  • 2018/04 - 現在 砺波広域圏事務組合 行政不服審査会 会長
Show all
Association Membership(s) (7):
The Global Academic Community ,  アメリカ会計学会 ,  JAPAN TAX ACCOUNTING ASSOCIATION ,  THE JAPANESE ASSOCIATION OF MANAGEMENT ACCOUNTING ,  日本簿記学会 ,  JAPANESE ASSOCIATION FOR INTERNATIONAL ACCOUNTING STUDIES ,  JAPAN ACCOUNTING ASSOCIATION
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page