Rchr
J-GLOBAL ID:201801020317613562   Update date: Sep. 01, 2020

Uda Takehiro

ウダ タケヒロ | Uda Takehiro
Affiliation and department:
Job title: Lecturer
Homepage URL  (1): http://www.med.osaka-cu.ac.jp/Neurosurg/
Research field  (1): Neurosurgery
Research keywords  (3): 神経膠腫 ,  脳磁図 ,  てんかん外科
Papers (72):
more...
MISC (1):
  • 宇田武弘. 急性期脳梗塞における rt-PA静注療法導入と診療体制. 病院新時代 Medical Network. 2006. 24. 6-8
Books (5):
  • 三鷹光器MM80
    手術器具&機器 メディカ出版 2017
  • 外側側頭葉てんかん
    てんかん学用語事典 2017
  • 【けいれん・意識障害】 ピンポイント小児医療 脳血管障害、外傷、腫瘍 脳腫瘍
    小児内科 2014
  • 新時代の脳腫瘍学-診断・治療の最前線-脳腫瘍の治療 脳腫瘍の放射線療法 放射線壊死と腫瘍再発の鑑別
    日本臨牀社 2010
  • Eloquent Areaの神経膠腫に対するMultimodal ImagingとFunctional Mappingを用いた治療戦略
    編集室なるにあ 脳腫瘍の外科 2010
Lectures and oral presentations  (79):
  • 頭葉内側後方から後頭葉内側前方部病変による難治性てんかんに対するsupracerebellar transtentorial approach
    (てんかん研究 2019)
  • 難治頻回部分発作重積型急性脳炎によるてんかんの臨床像と長期予後
    (てんかん研究 2019)
  • 硬膜下電極留置により一次運動野、補足運動野の評価を要した小児期発症難治てんかんの臨床的検討
    (てんかん研究 2019)
  • 皮質下帯状異所性灰白質を有するてんかんの特徴と長期予後の検討
    (てんかん研究 2019)
  • 発作時脳磁図の有用性についての検討
    (てんかん研究 2019)
more...
Education (2):
  • 2008 - 2012 Osaka City University
  • 1996 - 2002 Osaka City University
Professional career (1):
  • 医学博士 (大阪市立大学)
Work history (8):
  • 2014/04/01 - 現在 Osaka City University Graduate School of Medicine Clinical Medicine Course Lecturer
  • 2018/09/01 - 2019/01/31 Hospital for Sich Children, Ontario, Canada Department of neurology
  • 2012/04/01 - 2014/03/31 東京都立神経病院 脳神経外科 医員
  • 2010/04/01 - 2011/03/31 長久病院 脳神経外科 医師
  • 2008/10/01 - 2009/03/31 山本第三病院 脳神経外科 医師
Show all
Committee career (5):
  • 2017 - 現在 日本てんかん学会 評議員
  • 2016 - 現在 大阪てんかん研究会 幹事
  • 2016 - 現在 日本てんかん学会近畿地方会 運営委員
  • 2016 - 現在 日本脳神経外科学会近畿地方会 評議員
  • 2016 - 現在 Kansai epilepsy surgery conference 世話人
Awards (2):
  • 2015 - 第38回日本てんかん外科学会優秀ポスター賞
  • 2013 - 公益財団法人てんかん治療研究振興財団研究褒賞
Association Membership(s) (11):
日本小児神経学会近畿地方会 ,  日本てんかん学会近畿地方会 ,  日本脳神経外科学会近畿地方会 ,  日本小児神経外科学会 ,  日本小児神経学会 ,  日本脳腫瘍の外科学会 ,  日本てんかん外科学会 ,  日本臨床神経生理学会 ,  日本てんかん学会 ,  日本脳神経外科コングレス ,  日本脳神経外科学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page