Rchr
J-GLOBAL ID:201901003764285241   Update date: Nov. 24, 2020

Atsushi Fujihira

フジヒラ アツシ | Atsushi Fujihira
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (2): Primary/secondary education and curricula ,  Education - general
Research keywords  (1): 学校教育(「非認知」、「支援」、「予防」、「接続」、「ミドルリーダー」)
Research theme for competitive and other funds  (11):
  • 2020 - 2024 「教職員及び児童生徒の人権が保障される法的視点に立った生徒指導の研究」
  • 2018 - 2022 「中1不登校」等の解消に向けた「小中学校兼務教員」の配置効果に関する研究
  • 2018 - 2022 「パネルデータを活用した社会性育成のための自律改善プログラムの開発」
  • 2017 - 2021 「中1不登校」等の解消に向けた「小中学校兼務教員」の配置効果に関する研究
  • 2016 - 2019 「複数地点で展開する「いじめ追跡調査」によるいじめエヴィデンスの再構築」
Show all
Papers (13):
  • 藤平敦. 「インクルーシブ教育においてICTを活用した授業を効果的にするための視点」. 『未来を拓く教育実践学研究 第4号』共創型対話学習研究所 編. 2020. 38-48
  • 日本学校教育学会. 「これからの学校教育に必要な特別支援教育の視点」. 『学校教育研究34』. 2019. 52-62
  • 国立教育政策研究所. 「特別支援学校の教職員の生徒指導に対するイメージ」. 『国立教育政策研究所紀要 第148集』. 2019. 43-57
  • 日本臨床発達心理士会. 「他者を認めることのできる児童生徒の育成が、いじめの「未然防止」につながる」. 『臨床発達心理実践研究第13巻』. 2018. 20-23
  • 「社会性測定用尺度を活用した特別活動指導改善プログラムの開発」. 『愛媛大学教育実践総合センター紀要』. 2018. 81-87
more...
MISC (47):
  • 大川内隆朗, 藤平敦. 教員免許状取得支援を目的とした教職課程学生の基礎調査. 第9回 大学情報・機関調査研究会集会 論文集. 2020. 96-99
  • 藤平 敦. 「いじめ再考 改めて、学校が確認すべきこと」. 「日本教育」. 2020. 8-11
  • 「多様な教育的ニーズに対応できる学校とは ~生徒指導に関する機能向上の視点から~」. 『多様な教育的ニーズに対応できる学校づくりに関する研究 研究成果報告書』国立特別支援教育総合研究所. 2020. 343-347
  • 「いじめ防止対策推進法」改正・・学校は何をすべきか. 『月刊 生徒指導』. 2019. 14-17
  • 「連載 事例で学ぶ “児童・生徒が育つ” 働きかけ」. 「月刊 教職課程」(令和元年7月~). 2019. ---
more...
Books (32):
  • 『不登校の予防と対応』
    図書文化 2020
  • 「いじめの定義と歴史的変遷(2)」
    第一法規 2019
  • 「初任者研修制度の概要」
    第一法規 2019
  • 『「生徒指導提要」の現在を確認する理解する』
    学事出版 2019 ISBN:9784761925475
  • 『新しい時代の生徒指導・キャリア教育』
    ミネルヴァ書房 2019 ISBN:9784623084067
more...
Lectures and oral presentations  (26):
  • 教員免許状取得支援を目的とした教職課程学生の基礎調査
    (MJIR2020 第9回 大学情報・機関調査研究集会 2020)
  • 教師教育者としての指導主事の職場環境とコミットメント(1)-教育センター指導主事に焦点化して-
    (日本学校教育学会 2020年度研究大会代替自由研究ポスター発表 2020)
  • Classroom management & PBIS と生徒指導の比較 -日米教職員への質問紙調査を踏まえて-
    (アメリカ教育学会第31回大会 2019)
  • 「いじめの予防に向けて、できること、すべきこと」
    (上越教育大学「いじめBPプロジェクトフォーラム」 2019)
  • 「新時代の教職員に求められる資質・能力」
    (日本学校教育学会第34回大会公開ミニシンポジウム 2019)
more...
Professional career (1):
  • 修士(教育学) (上越教育大学)
Work history (17):
  • 2020/04/01 - 2020/09/30 法政大学 通信教育部 兼任教員
  • 2019/04/01 - 2019/09/30 金沢学院大学 文学部 非常勤講師(「生徒指導・進路指導論」)
  • 2019/04/01 - 日本大学文理学部 総合文化研究室 教授
  • 2019/04/01 - 日本大学文理学部 総合文化研究室 教授(教職センター副センター長)
  • 2018/04/01 - 2019/03/31 早稲田大学 教育学部 非常勤講師(「教職概論」、「教育基礎総論」)
Show all
Committee career (31):
  • 2020/04/01 - 2022/03/31 日本生徒指導学会 監事
  • 2020/08/01 - 東京都教育委員会 第4期「いじめ問題対策委員会」委員
  • 2018/08/01 - 2020/07/31 東京都教育委員会 第3期「いじめ問題対策委員会」委員長職務代理者
  • 2018/09/01 - 2020/03/31 国立特別支援教育総合研究所 「多様なニーズに対応できる学校づくりに関する研究」協力者委員
  • 2016/09/01 - 2019/08/04 日本学校教育学会 「機関紙編集委員会」常任編集委員
Show all
Association Membership(s) (5):
日本学校教育学会 ,  アメリカ教育学会 ,  日本生徒指導学会 ,  教育実践学会 ,  日本教師教育学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page