Rchr
J-GLOBAL ID:201901005017938085   Update date: Jun. 23, 2022

Otomo Akane

オオトモ アカネ | Otomo Akane
Affiliation and department:
Job title: Junior Assistant Professor
Research field  (1): Physical and health education
Research keywords  (1): 自然体験活動 発達障害 五感
Papers (8):
  • 佐藤 冬果, 大友 あかね, 小宮山早希, 金谷麻理子, 坂本, 昭裕. 野外運動(ASE)を教材とした大学体育授業によるSelf-authorship育成の試み:混合研究法を用いた発達プロセスと要因の検討. 野外教育研究. 2022. 25. 37-54
  • 小宮山咲希, 大友 あかね, 佐藤 冬果, 坂本, 昭裕. 青少年教育施設における自然体験活動の指導を経験した教員の指導観に関する研究. 野外教育研究. 2022. 25. 55-72
  • 大友 あかね, 坂本, 昭裕, 佐藤 冬果, 小宮山咲希. 長期冒険キャンプに参加した発達障害およびその傾向のある児童の合意形成に関する事例研究. 野外教育研究. 2022. 25. 79-90
  • 向後佑香, 大友 あかね, 坂谷充, 向後和典, 坂本, 昭裕. 大学キャンプ実習における学びの整理:レポートの内容分析より. 大学体育研究. 2022. 44. 31-41
  • 坂本, 昭裕, 大友 あかね, 佐藤 冬果, 渡邉 仁. 長期キャンプセラピーにおける発達障碍児の自己概念と自我発達に及ぼす影響. 野外教育研究. 2022. 25. 1-17
more...
Books (2):
  • 茨城県パラスポーツガイド
    ジアース教育新社 2020
  • 野外教育学研究法
    杏林書院 2018 ISBN:9784764415928
Lectures and oral presentations  (13):
  • 共通科目「野外運動」におけるSelf-authorship発達プロセスの検討
    (日本野外教育学会第24回大会 2021)
  • 冒険キャンプに参加した軽度発達障害児の事例検討-関係性発達の視点から-
    (日本野外教育学会第24回大会 2021)
  • The Process of Acquiring Consensus Building Skills for Children with Developmental Disabilities in the Adventure Camps
    (Association for Experiential Education 48th Annual International Conference 2020)
  • 長期キャンプにおける軽度発達障害児の合意形成に関する事例検討
    (日本野外教育学会第23回大会 2020)
  • 青少年教育施設における自然体験活動の指導経 験と教員の指導観に関する研究
    (日本野外教育学会第23回大会 2020)
more...
Education (2):
  • 2014 - 2016 筑波大学大学院 体育学
  • 2010 - 2014 University of Tsukuba
Work history (3):
  • 2018/04 - 2019/03 茨城県立鉾田第二高等学校 教諭
  • 2017/04 - 2018/03 茨城県立水戸聾学校 高等部・中学部 講師
  • 2016/07 - 2017/03 University of Tsukuba Faculty of Health and Sport Sciences
Association Membership(s) (3):
Japan Outdoor Education Society ,  JAPANESE ACADEMY OF SENSORY INTEGRATION ,  臨床スポーツ心理学研究会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page