Rchr
J-GLOBAL ID:201901005193294909   Update date: Aug. 27, 2022

Ema Inoue

イノウエ エマ | Ema Inoue
Affiliation and department:
Research field  (1): Sociology
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2020 - 2023 若者支援における高等学校と支援機関との社会的ネットワーク形成に関する社会学的研究
  • 2018 - 2020 「『成人期への移行』を支援する専門能力の養成に関する社会学的研究--日英比較を通じて」
  • 2015 - 2018 若年層における成人期への移行の困難とその支援に関する社会学的研究
Papers (10):
  • 井上慧真. 英国での孤立対策と支援(特集 コロナ禍の「孤立」と若者). 中央評論. 2022. 74. 1. 61-75
  • Inoue Ema. Dropping Out of High School and the ''Culture of Teaching'' : Focusing on the Logics of Expanding and Delineating Teachers' Responsibilities. Soshioroji. 2021. 66. 2. 81-99
  • 井上慧真. 『教師とユースリーダー(マクネア報告書)』第10章「序章 ユースサービス」抄訳. 帝京社会学. 2021. 34. 63-85
  • Ema Inoue. Re-Engagement for Education after Dropping Out of Senior High School after the Ad Hoc Council on Education. 2020. 33. 109-122
  • Ema Inoue. Comparing Youth Services in Japan with Those in England: From the Perspective of Social Capital. Graduate School of Education, Kyoto University(Doctoral Dissertation). 2018
more...
MISC (1):
  • 井上 慧真. 若者支援と公衆衛生--私の調査・研究から見えてきたこと. 公衆衛生. 2020. 84. 2. 72-73
Books (3):
  • 『「若者/支援」を読み解くブックガイド』
    かもがわ出版 2020
  • 『若者支援の日英比較--社会関係資本の観点から』
    晃洋書房 2019
  • 『教職教養講座第12巻 社会と教育』
    協同出版 2018
Lectures and oral presentations  (11):
  • 「公的な若者支援が抱えている困難と可能性--2016-2017年に行った質問紙調査・面接調査から」
    (第114回SPSN研究会 2021)
  • 日本の若者支援政策の特質ー学校に通っていない子ども・若者への支援の位置づけから
    (若者協同実践全国フォーラム 日韓公開研究会「若者支援は『総合支援』にたどり着くか? -日韓における若者支援政策の到達と課題-」 2020)
  • Does Living with Parents Affect the Mental Health in Young People?
    (Journal of Youth Studies Conference 2019)
  • ポスト近代社会における「成長物語」ー「連続テレビ小説」を手掛かりに
    (日本教育社会学会第71回大会(大正大学) 2019)
  • 「参加していない若者(the unattached youth)の発見--1960年代イギリス地方当局・有志組織の活動分析から」
    (関西社会学会第68回大会(神戸学院大学) 2017)
more...
Education (3):
  • 2015 - 2018 京都大学大学院 教育科学専攻博士課程
  • 2013 - 2015 京都大学大学院 教育科学専攻修士課程
  • 2009 - 2013 Kyoto University Faculty of Letters
Professional career (1):
  • Ph.D. (Graduate School of Education, Kyoto University)
Work history (2):
  • 2021/04 - 現在 帝京大学文学部社会学科 講師
  • 2018/04 - 2021/03 Teikyo University Faculty of Liberal Arts, Department of Sociology
Association Membership(s) (7):
British Sociological Association ,  福祉社会学会 ,  ソシオロジ ,  日英教育学会 ,  THE JAPAN SOCIOLOGICAL SOCIETY ,  THE JAPAN SOCIETY OF EDUCATIONAL SOCIOLOGY ,  関西社会学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page