Rchr
J-GLOBAL ID:201901006502261634   Update date: Sep. 01, 2020

SAKOI Yuki

SAKOI Yuki
Affiliation and department:
Research field  (1): Civil engineering (materials, implementation, construction management)
Research keywords  (1): Concrete, Durability
Papers (21):
  • 音道薫, 阿波稔, 迫井裕樹, 船水武. 過酷な積雪寒冷地におけるRC床版の品質確保と高耐久化に対する取組. コンクリート工学年次論文集. 2019. Vol.41. No.1. 1331-1336
  • 迫井裕樹, 小澤満津雄, 山本哲, 阿久津裕亮. 高温加熱を受けたRCはりの損傷評価および耐荷力に関する研究. コンクリート工学年次論文集. 2019. Vol.41. No.1. 1025-1030
  • 阿久津裕亮, 小澤満津雄, 山本哲, 迫井裕樹. 高温作用と塩水作用を受けたRC部材の曲げ破壊特性と耐久性評価. コンクリート工学年次論文集. 2019. Vol.41. No.1. 1007-1012
  • 張萌, 阿波稔, 迫井裕樹, 月永洋一. Air Void Characteristics of Concrete with Different Mix Proportions and Execution on RC Slab. コンクリート工学年次論文集. 2019. Vol.41. No.1. 653-658
  • Meng Zhang, Yuki SAKOI, Minoru ABA, Yoichi TSUKINAGA. Effect of initial curing condition on the air permeability and de-icing scaling resistance of surface concrete. Journal of Asian Concrete Federation. 2019. Vol.5. No.1. 56-64
more...
Lectures and oral presentations  (11):
  • 新柳渕橋の高耐久RC床版について その3(スケーリング抵抗性と気泡組織)
    (土木学会第74回年次学術講演会,VI-584 2019)
  • 新柳渕橋の高耐久RC床版について その2(現場施工)
    (土木学会第74回年次学術講演会,VI-373 2019)
  • 新柳渕橋の高耐久RC床版について その1(計画から試験施工)
    (土木学会第74回年次学術講演会,VI-372 2019)
  • 非破壊試験によるコンクリート表層部脆弱層評価への適用性
    (日本建築学会大会学術講演概要集(東北),pp.699- 700 2018)
  • 事前に塩分浸透を受けたコンクリートの凍結融解環境における塩分浸透性
    (土木学会第73回年次学術講演会,V-314,pp.627- 628 2018)
more...
Professional career (1):
  • 博士(工学)
Awards (5):
  • 2019/06 - 青森県工業技術教育振興会賞
  • 2017/09 - YRGS Best Paper Award
  • 2014/07 - 日本コンクリート工学会年次大会論文奨励賞
  • 2011/05 - 日本コンクリート工学会東北支部論文賞
  • 2007/07 - 日本コンクリート工学協会年次大会論文奨励賞
Association Membership(s) (4):
日本材料学会 ,  日本建築学会 ,  土木学会 ,  日本コンクリート工学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page