Rchr
J-GLOBAL ID:201901007143865770   Update date: Aug. 31, 2022

Korneeva Svetlana

Korneeva Svetlana
Affiliation and department:
Job title: 准教授
Research field  (2): Social law ,  Sociology
Research keywords  (7): 表象文化 ,  社会文化史 ,  江戸時代の刑罰 ,  刃傷事件の処理法 ,  法制史 ,  切腹 ,  文化史
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2020 - 2023 江戸期の刑罰的な切腹-諸藩での適用に関する法政文化史的研究-
Papers (3):
  • コルネーエヴァ スヴェトラーナ. 江戸時代における「乱心」の取り扱いに関する一考察. 『帝京大学文學部紀要』日本文化学. 2022. 53. 55-86
  • コルネーエヴァ・スヴェトラーナ. 切腹刑の作法ー『自刃録』の記述を中心にー. 『帝京大学文學部紀要』日本文化学. 2021. 52. 102-85
  • コルネーエヴァ・スヴェトラーナ. 『切腹之切紙』ー江戸時代の切腹故実書ー. 『帝京大学文學部紀要』日本文化学. 2021. 52. 59-83
MISC (9):
  • コルネーエヴァ スヴェトラーナ. 「切腹の形式化について-発生から江戸時代初期頃までを中心として-」. 『帝京日本文化論集』. 2019. 26. 1-42
  • コルネーエヴァ スヴェトラーナ. 「切腹にまつわる語彙と概念について--近現代の日本と海外の辞典と研究史を中心に--」. 『帝京大学文学部紀要』. 2018. 49
  • コルネーエヴァ スヴェトラーナ. 「中世~近世日本の喧嘩口論事件処理法に関する主な学説の整理-喧嘩両成敗法をめぐる諸論説を手がかりに-」. 『帝京大学文学部紀要』. 2014. 45. 53-97
  • 大野道邦, コルネーエヴァ, スヴェトラーナ. 「ソローキン文化社会学の知識社会学的考察--コミ、革命、ハーヴァード--」. 『京都橘大学大学院文化政策学研究科研究論集』. 2012. 6
  • コルネーエヴァ スヴェトラーナ. 「18世紀~19世紀のロシアで行われた貴族の決闘と名誉」. 『帝京大学文学部紀要』. 2011. 42
more...
Books (4):
  • 『ソローキン再訪-文化社会学の可能性』
    書肆クラルテ 2014
  • 『文化の社会学--記憶・メディア・身体』
    文理閣 2009
  • 『身体の社会学-フロンティアと応用-』
    世界思想社 2005
  • 『日仏社会学叢書 第3巻』
    恒星社厚生閣 2005
Lectures and oral presentations  (2):
  • A color of formal attire for obligatory seppuku: Focusing on the way of description of "asagi"
    (2020)
  • 刑罰的な切腹における名誉と恥辱-江戸時代の切腹故実書を手がかりにー
    (日本社会学会第93大会(松山大学) 2020)
Work history (1):
  • 2020/04 - 現在 Teikyo University Faculty of Liberal Arts Department of Japanese Cultures
Association Membership(s) (4):
AAS ,  服飾文化学会 ,  法制史学会 ,  日本社会学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page