Rchr
J-GLOBAL ID:201901010224082976   Update date: Aug. 26, 2022

Yoshitani Kimie

Yoshitani Kimie
Affiliation and department:
Research field  (1): Construction environment and equipment
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2021 - 2024 長時間加熱を受けた鋼材の機械的性質の測定方法による比較検討
  • 2019 - 2021 複層壁体における包括熱伝導率を用いた裏面温度予測とその実測
Papers (10):
more...
MISC (3):
  • 清水 貴史, 松田 貫, 西部 洋晴, 天保 美咲, 吉谷 公江, 安積 陽一. Suppression of diffracted sounds by green wall as a noise barrier. GBRC : General Building Research Corporation. 2016. 41. 3. 11-18
  • YOSHITANI Kimie, WAMI Hiroki. 1324 Physical Properties of The Plaster by Freshwater Clam Ash of Lake-Shinji Product : Part 2 The Plaster Mixed Lime Stone Powder. Summaries of technical papers of Annual Meeting Architectural Institute of Japan. A-1, Materials and construction. 2007. 2007. 663-664
  • YOSHITANI Kimie, WAMI Hiroki. 1452 Physical Properties of the Plaster by Freshwater Clam Ash of Lake-Shinji Product. Summaries of technical papers of Annual Meeting Architectural Institute of Japan. A-1, Materials and construction. 2006. 2006. 923-924
Lectures and oral presentations  (15):
  • 火災時におけるせっこうボードの脱落時間に関する研究 下地材と締結材端あき距離の影響
    (日本建築学会大会, 防火 2021)
  • 加熱履歴温度及び冷却方法を考慮した鋼材の機械的性質に ついて その 10 BCR の衝撃特性と金属組織
    (日本建築学会大会, 防火 2021)
  • 戸建住宅における地中熱利用システムの最適運用に関する研究 その2 真夏日埋設雨水タンクの水温回復状況について
    (日本建築学会大会,環境工学II 2020)
  • 加熱履歴温度及び冷却方法を考慮した鋼材の機械的性質について その7 TMCP鋼の引張特性
    (日本建築学会大会,防火 2020)
  • 戸建住宅における地中熱利用システムの最適運用に関する研究 その1 システム概要と夏期実験
    (日本建築学会中国支部研究発表会 2020)
more...
Professional career (1):
  • 博士(工学) (島根大学)
Awards (1):
  • 2020/12 - キャタピラージャパン合同会社 2020年度 第3回 兵庫・関西 キャタピラーSTEM賞
Association Membership(s) (3):
日本インテリア学会 ,  JAPAN ASSOCIATION FOR FIRE SCIENCE AND ENGINEERING ,  ARCHITECTURAL INSTITUTE OF JAPAN
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page