Rchr
J-GLOBAL ID:201901015864305205   Update date: Oct. 27, 2021

Ohtsu Fumiko

オオツ フミコ | Ohtsu Fumiko
Affiliation and department:
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2018 - 2022 パフォーマンス評価を用いた薬学教育の学修成果評価モデルの構築
Papers (136):
  • Takahito Mizuno, Takamasa Sakai, Kouichi Tanabe, Koji Kozaki, Takumi Umemura, Mariko Higashikawa, Tomoki Kimura, Tetsuya Yamada, Nobuyuki Goto, Fumiko Ohtsu. Identification of target small molecule tyrosine kinase inhibitors that need monitoring and clinical application of protocol for early detection of cancer therapeutics-related cardiac dysfunction using signal detection: An investigation of real world data. Journal of oncology pharmacy practice : official publication of the International Society of Oncology Pharmacy Practitioners. 2021. 27. 4. 804-814
  • Takahito Mizuno, Takamasa Sakai, Kouichi Tanabe, Takumi Umemura, Nobuyuki Goto, Fumiko Ohtsu. Visualization of Kinase Inhibition-Related Adverse Events Using the Japanese Adverse Drug Event Report Database. Drugs - real world outcomes. 2021. 8. 2. 197-206
  • Ryohei Suzuki, Tsuneo Imai, Takamasa Sakai, Kouichi Tanabe, Fumiko Ohtsu. Medication Errors in the Operating Room: An Analysis of Contributing Factors and Related Drugs in Case Reports from a Japanese Medication Error Database. Journal of patient safety. 2021
  • 酒井 隆全, 森 千与, 田辺 公一, 大津 史子. JADERを用いた妊娠に関連したシグナル検出の妥当性評価. 日本薬学会年会要旨集. 2021. 141年会. 27P02-266
  • 鈴木 亮平, 浅井 憲和, 小田 有香, 中村 あゆみ, 酒井 隆全, 長岡 宏一, 田辺 公一, 高橋 昌明, 大津 史子. 地域包括ケア病棟におけるファーマシューティカルケア 薬物療法の最適化に向けた取り組みと評価. 医療薬学. 2021. 47. 2. 61-69
more...
MISC (23):
Books (20):
  • ファンダメンタル医薬品情報
    京都廣川書店(東京) 2019
  • モデルコアカリキュラ無に沿ったわかりやすい新実務実習テキスト2019-2020
    じほう(東京) 2019
  • スタンダード薬学シリーズII 医療薬学 V.薬物治療に役立つ情報
    東京化学同人(東京) 2017
  • 副作用症状のメカニズム 虎の巻
    日経ドラッグインフォメーション 2015
  • 患者の訴え・症状から気づく薬の副作用 第二版
    じほう(東京) 2013
more...
Lectures and oral presentations  (100):
  • ・その他講師(86)平成30年度「妊娠・授乳サポート薬剤師」フォローアップ研修会「フォローアップセミナー 医師からの相談に根拠を持って応えるために」主催:日本医薬品情報学会
    (2019)
  • ・その他講師(85)医薬品情報専門薬剤師認定のための生涯教育セミナー2019 冬「目的にあった医薬品情報源の選択と検索調査の指導」主催:日本医薬品情報学会
    (2019)
  • ・その他講師(84)大学教育改革フォーラムIN東海 2019「教学IRとは? 医療分野での実践例から」主催:日本医薬品情報学会
    (2019)
  • (学会報告)薬学分野におけるパフォーマンスを測る課題への取り組み
    (第25回 大学教育研究フ ォーラム 2019)
  • (学会報告)JADER を用いた小児におけるシグナル検出の妥当性の検討
    (日本薬学会第139年会 2019)
more...
Professional career (1):
  • 薬学博士
Awards (4):
  • 2012/11 - 日本工業新聞社 フジサンケイビジネスアイ 第9回日本e-ラーニング大賞 厚生労働大臣賞 知識技能のアウトプットに着目した 薬物療法判断能力育成プログラム Pharmaceutical Decision Exercise(e-PDE)
  • 2010/07 - 日本工業新聞社 フジサンケイビジネスアイ 第7回日本e-ラーニング大賞 奨励賞 主体的な学びと学び合いを促し、問題解決能力を育成するための薬学型PBL支援システム
  • 2009/11 - 全国大学IT活用教育方法研究発表会 私立大学教育協会賞(優秀賞)
  • 2008/10 - 医療薬学会 論文賞
Association Membership(s) (11):
教育システム情報学会 ,  American Association of Colleges of Pharmacy ,  International Pharmaceutical Federation ,  日本医薬品情報学会 ,  American Society of Health-System Pharmacists ,  Drug Information Association ,  日本医薬品情報学会 ,  日本薬剤疫学学会 ,  日本医療薬学会 ,  医療情報学会 ,  日本薬学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page