Rchr
J-GLOBAL ID:201901016486768524   Update date: Oct. 26, 2021

Minamiguchi Hiroki

ミナミグチ ヒロキ | Minamiguchi Hiroki
Affiliation and department:
Other affiliations (1):
Research field  (1): Radiology
Papers (93):
  • Tomoaki Yamanishi, Hiroki Minamiguchi, Rika Yoshimatsu, Kenji Kajiwara, Kenta Ogi, Miki Nishimori, Chikako Shimada, Hitomi Maeda, Shinji Kariya, Masahiro Komori, et al. A case of maxillary cancer treated by intra-arterial therapy using a steerable microcatheter. Minimally invasive therapy & allied technologies : MITAT : official journal of the Society for Minimally Invasive Therapy. 2021. 1-4
  • Hitomi Maeda, Kenji Kajiwara, Rika Yoshimatsu, Tomoaki Yamanishi, Hiroki Minamiguchi, Takashi Karashima, Keiji Inoue, Kazuo Awai, Takuji Yamagami. Artificially induced pneumothorax with a Veress needle for cryoablation of renal cell carcinoma. Minimally invasive therapy & allied technologies : MITAT : official journal of the Society for Minimally Invasive Therapy. 2020. 1-4
  • 吉松 梨香, 梶原 賢司, 山西 伴明, 南口 博紀, 山上 卓士. CTガイド下肺生検時に発生した気胸に対する10分後フォローCTの検討. 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌. 2020. 35. Suppl. 177-177
  • 梶原 賢司, 吉松 梨香, 前田 一光, 山西 伴明, 南口 博紀, 辛島 尚, 井上 啓史, 粟井 和夫, 山上 卓士. リピオドールマーキング併用下の腎癌凍結療法の検討(Efficacy and Safety of CT guided Cryoablation with Lipiodol marking for Renal Cell Carcinoma). 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌. 2020. 35. Suppl. 203-203
  • 前田 一光, 梶原 賢司, 吉松 梨香, 山西 伴明, 南口 博紀, 辛島 尚, 井上 啓史, 粟井 和夫, 山上 卓士. 人工気胸作成下に腎凍結療法を施行した2例(Artificially induced pneumothorax with a Veress needle for CT-guided cryoablation of RCC). 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌. 2020. 35. Suppl. 222-222
more...
MISC (8):
  • 前田一光, 梶原賢司, 吉松梨香, 山西伴明, 南口博紀, 山上卓士. 人工気胸作成下に腎凍結療法を施行した2例. 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌(Web). 2020. 34. 4
  • 吉松梨香, 前田一光, 島田知加子, 梶原賢司, 山西伴明, 南口博紀, 山上卓士. 骨盤うっ血症候群に対し両側卵巣静脈硬化療法を施行した1例. 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌(Web). 2020. 34. 4
  • 梶原賢司, 吉松梨香, 前田一光, 山西伴明, 南口博紀, 山上卓士. 術前の血尿コントロール目的に尿管腫瘍に対して動脈塞栓術を施行した2例. 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌(Web). 2020. 34. 4
  • 梶原賢司, 南口博紀, 山西伴明, 西森美貴, 吉松梨香, 山上卓士. 膵頭十二指腸切除後の右肝動脈仮性瘤に対して直接穿刺にて塞栓術を施行した1例. IVR. 2019. 33. 4
  • 西森美貴, 梶原賢司, 仰木健太, 吉松梨香, 山西伴明, 南口博紀, 山上卓士. 変形性膝関節症術後出血に対して動脈塞栓術が有効であった1例. Japanese Journal of Radiology. 2019. 37. Supplement
more...
Books (10):
  • 消化器内視鏡・カテーテル治療ナーシング(no.18) TACE(経カテーテル肝動脈化学塞栓療法)と塞栓物質 塞栓物質別に看護のポイントを知ろう!
    消化器外科Nursing 2017
  • 深部静脈血栓症のIVRにおける超音波活用の実際
    臨床画像 2016
  • 深部静脈血栓症 IVR
    臨床画像 2015
  • 深部静脈血栓症に対するIVR
    Interventional Radiology 2014
  • 肝動脈化学塞栓術(TACE)、肝動脈動注化学療法(TACI)
    消化器外科Nursing 2014
more...
Lectures and oral presentations  (4):
  • BRTO
    (SIRAP2019 2019)
  • How to manage gastric varices
    (PLA IVR conference 2018)
  • PTO and BRTO
    (SIRAP 2018)
  • 門脈圧亢進症に対するIVR
    (徳島IVR研究会 2018)
Education (2):
  • 1997 - 2002 Wakayama Medical University
  • 1989 - 1995 Wakayama Medical University
Professional career (1):
  • 医学博士 (和歌山県立医科大学)
Work history (5):
  • 2017/04 - 現在 Kochi University
  • 2013/07 - 2017/03 Wakayama Medical University
  • 2004/04 - 2013/06 Wakayama Medical University
  • 2002/10 - 2004/03 Wakayama Medical University
  • 1999/04 - 2000/09 Stanford Medical Center CVIR
Committee career (1):
  • - 現在 日本IVR学会 国際委員
Awards (5):
  • 2020/02 - 高知大学医学部准教授講師会 特別賞 Ai-CTによる脾臓の生前死後体積の定量化比較検討
  • 2020/02 - 高知大学医学部准教授講師会 特別賞 胃静脈瘤に対するBRTO時の新規塞栓物質としてのNLEの有用性ーブタ静脈を使用した動物実験
  • European Society of Radiology certificate of merit
  • 日本IVR学会 優秀ポスター賞
  • 和歌山県立医科大学 青洲賞
Association Membership(s) (5):
日本門脈圧亢進症学会 ,  JAPANESE SOCIETY OF PHLEBOLOGY ,  Japanese College of Angiology ,  JAPANESE SOCIETY OF NUCLEAR MEDICINE ,  JAPAN RADIOLOGICAL SOCIETY
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page