Rchr
J-GLOBAL ID:201901016550414561   Update date: Aug. 12, 2021

Koga Toyokazu

コガ トヨカズ | Koga Toyokazu
Affiliation and department:
Job title: 研究員
Research field  (1): Environmental effects of chemicals
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2019 - 2022 水環境への新興化学物質の排出実態解明と発生源解析手法の開発
  • 2020 - 2022 Proposal of an emergency environment survey method during a heavy rain disaster
  • 2017 - 2019 季別運転を行う下水処理場の放流水に含まれる栄養塩類の動態と放流先海域における栄養塩類及びCODへの影響
Papers (34):
  • 古閑豊和, 柏原学, 平川周作, 志水信弘, 石橋融子. Investigation of Industrial Effluent toxicity by the Bioassay protocol for Effluent testing. 季刊全国環境研会誌(Web). 2021. 46. 2
  • 柏原学, 秦弘一郎, 古賀敬興, 古閑豊和, 平川周作, 山西博幸. Investigation of Refractory Organic Compounds in Domen River and Ariake Sea. 用水と廃水. 2021. 63. 5
  • Shusaku HIRAKAWA, Jun NAKAJIMA, Masaya MATSUKI, Takaoki KOGA, Koichiro HATA, Manabu KASHIWABARA, Toyokazu KOGA, Taeko ISHIMA, Takashi MIYAWAKI, Yohei KANEKO, et al. Examination of River Fish Survey Method using Environmental DNA Metabarcoding and Analysis of Influence of Water Quality. Journal of Environmental Chemistry. 2020. 30. 0. 125-132
  • Toyokazu Koga, Takashi Miyawaki. Development of a target screening method of organic pollutants in environmental water by a rapid pretreatment cartridge (2) -application to LC/MS/MS. Bunseki Kagaku. 2020. 69. 3. 121-134
  • 秦弘一郎, 松木昌也, 古賀敬興, 柏原学, 古閑豊和, 平川周作, 宮脇崇, 志水信弘, 松本源生, 石橋融子. Understanding the presence of fluorine and arsenic in groundwater of Fukuoka Prefecture. 福岡県保健環境研究所年報(Web). 2020. 47
more...
MISC (4):
  • Development of emergency environmental monitoring in heavy rainfall disasters -utilization of bioassay-. Journal of Environmental Laboratories Association. 2020. 45. 4. 174-179
  • 古閑豊和. 水環境の分析手法/解析技術の最前線 LC/MS/MSによる水酸化テトラメチルアンモニウムの測定法検討. 環境浄化技術. 2020. 19. 6
  • 小林憲弘, 高木総吉, 宮脇崇, 五十嵐良明, 内野正, 土屋裕子, 吉田仁, 安達史恵, 古閑豊和, 鈴木俊也, et al. 水道水質の評価及び管理に関する総合研究-水質分析法に関する研究-. 水道水質の評価及び管理に関する総合研究 平成30年度 総括・分担研究報告書(Web). 2019
  • 小林憲弘, 高木総吉, 宮脇崇, 五十嵐良明, 内野正, 土屋裕子, 吉田仁, 安達史恵, 古閑豊和, 鈴木俊也, et al. 水道水質の評価及び管理に関する総合研究-水質分析法に関する研究-. 水道水質の評価及び管理に関する総合研究 平成29年度 総括・分担研究報告書(Web). 2018
Lectures and oral presentations  (21):
  • Development of emergency environmental monitoring in heavy rainfall disasters-utilization of bioassay-
    (日本水環境学会年会講演集 2021)
  • 各種MSスクリーニングによる河川水中化学物質の実態把握と発生源特定への試み
    (第23回日本水環境学会シンポジウム講演集 2020)
  • Study for an analytical method for tetramethylammonium salts in environmental water using LC/MS/MS
    (2020)
  • Investigation of Refractory Organic Compounds in the Receiving Water Body by the Discharge Water of the Sewage Treatment Plant Operating Seasonally
    (日本水環境学会シンポジウム講演集 2020)
  • LC/MS/MSによる有機汚染物質のターゲットスクリーニング法の環境水測定への適用
    (日本水環境学会年会講演集 2019)
more...
Education (2):
  • 2005 - 2007 熊本県立大学大学院
  • 2001 - 2005 Prefectural University of Kumamoto
Work history (6):
  • 2013/04 - 現在 Fukuoka Institute of Health and Environmental Sciences
  • 2015/06 - 2016/03 国立研究開発法人 国立環境研究所 客員研究員
  • 2014/08 - 2015/03 独立行政法人 国立環境研究所 客員研究員
  • 2010/04 - 2013/03 熊本県庁 天草地域振興局 天草保健所 衛生環境課 技師
  • 2009/12 - 2010/03 公益社団法人 熊本県浄化槽協会 臨時職員
Show all
Awards (1):
  • 2021/06 - 一般社団法人 日本環境化学会 第30回環境化学技術賞 環境DNAメタバコーディングを用いた河川における魚類調査手法の検討と水質による影響の解析
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page