Rchr
J-GLOBAL ID:201901018498377426   Update date: Nov. 25, 2021

Yasutomo Kurakuma

クマクラ ヤストモ | Yasutomo Kurakuma
Affiliation and department:
Job title: Clinical Assistant Professor
Research field  (1): Anesthesiology
Research keywords  (1): Palliative medicine
Papers (8):
more...
MISC (34):
  • 岩城 慶大, 結束 貴臣, 金森 太郎, 阿部 健太郎, 竹野 伸洋, 川原 玲子, 藤本 泰輔, 五十嵐 隆志, 熊倉 康友, 鈴木 尚樹, et al. タペンタドールの臨床的特性を把握する後ろ向き多施設共同研究. Palliative Care Research. 2021. 16. Suppl. S235-S235
  • 中山 隆弘, 飯嶋 哲也, 石山 忠彦, 中嶌 絵美, 熊倉 康友, 松川 隆. 経口モルヒネ服用患者における自己調節鎮痛法による術後疼痛管理の経験. 麻酔. 2021. 70. 5. 539-542
  • 清水 美恵, 森田 舞, 小澤 知尋, 熊倉 康友, 秋田 一樹, 飯嶋 哲也, 中嶌 絵美, 中嶋 君枝, 河田 圭司, 鈴木 正彦. オキシコドンによる幻覚に対し、神経ブロックの併用とタペンタドールへのオピオイドスイッチングにより改善した一症例. Palliative Care Research. 2020. 15. Suppl. S323-S323
  • 秋田 一樹, 熊倉 康友, 中嶌 絵美, 飯嶋 哲也, 松川 隆. Hodgkinリンパ腫患者の難治性口腔粘膜炎に対し、ビタミン補充が有効であった一症例. Palliative Care Research. 2020. 15. Suppl. S455-S455
  • 熊倉 康友, 中嶌 絵美, 秋田 一樹, 石黒 浩毅, 中嶋 君枝, 清水 美恵, 森田 舞, 飯嶋 哲也, 松川 隆. せん妄と強い苦痛がありながら苦痛緩和のための鎮静を拒否して旅立っていった卵巣がん患者の一例. Palliative Care Research. 2020. 15. Suppl. S1152-S1152
more...
Lectures and oral presentations  (4):
  • せん妄と強い苦痛がありながら苦痛緩和のための鎮静を拒否して旅立っていった卵巣がん患者の一例
    (緩和・支持・心のケア 合同学術大会2020 2020)
  • Hodgkinリンパ腫患者の難治性口腔粘膜炎に対し、ビタミン補充が有効であった一症例
    (緩和・支持・心のケア 合同学術大会2020 2020)
  • 大学病院から見た山梨県の緩和ケアの取り組み ~難治性疼痛・副作用への対処など~
    (第22回日本在宅ホスピス協会全国大会 in 山梨 2019)
  • 大学病院での看取り期のケアに向けて~大切な最期のときに~緩和ケア病床から在宅看取りとなった乳がんの1事例を紹介しながら
    (大学病院の緩和ケアを考える会会誌 2018)
Education (1):
  • 2000 - 2006 Yamanashi Medical University 医学科
Professional career (2):
  • Doctor of Philosophy (medicine) (University of Yamanashi)
  • 博士(医学) (山梨大学)
Work history (7):
  • 2012/04 - 現在 University of Yamanashi University Hospital Medical Team Center assistant professor
  • 2012/04/01 - University of Yamanashi Hospital center of medical team
  • 2011/04 - 2012/03 在日本南プレスビテリアンミッション淀川キリスト教病院 ホスピス 専攻医
  • 2010/04 - 2011/03 Osaka University Hospital Oncology center
  • 2009/07 - 2010/03 財団法人山梨厚生会 山梨厚生病院 麻酔科
Show all
Association Membership(s) (2):
日本緩和医療学会 ,  日本麻酔科学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page