Rchr
J-GLOBAL ID:201901019418981049   Update date: Nov. 22, 2021

Taniguchi Yasuhiro

タニグチ ヤスヒロ | Taniguchi Yasuhiro
Affiliation and department:
Research keywords  (1): Japanese prehistoric archaeology
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2021 - 2026 半定住狩猟採集民の社会組織と葬制:骨考古学先端技術との連携による先史社会の復元
  • 2017 - 2021 更新世-完新世移行期における人類の生態行動系と縄文文化の形成に関する先史学的研究
  • 2009 - 2012 An Interdisciplinary Inquiry into the Emergence of Jomon Culture-Paleo-environment and Exploitation-based on the Excavation of Peat Bog Layers at the Unoki Site in Niigata Prefecture, Japan
Papers (89):
  • 谷口康浩. 縄文土器型式の概念と実態-曽利式土器の多型と変異-. 山梨県考古学協会2021年度研究集会『曽利式土器とその周辺』. 2021. 18-33
  • Fuzuki Mizuno, Jun Gojobori, Masahiko Kumagai, Hisao Baba, Yasuhiro Taniguchi, Osamu Kondo, Masami Matsushita, Takayuki Matsushita, Fumihiko Matsuda, Koichiro Higasa, Michiko Hayashi, Li Wang, Kunihiko Kurosaki, and Shintaroh Ueda. Population dynamics in the Japanese Archipelago since the Pleistocene revealed by the complete mitochondrial genome sequences. Scientific Reports. 2021. (2021)11:12018 Open access 2021.13.June
  • 谷口康浩. 土器出現と縄文文化の胎動. 多摩のあゆみ「特集 旧石器時代から縄文時代へ」. 2020. 179. 52-69
  • Fuzuki Mizuno, Yasuhiro Taniguchi, Osamu Kondo, Michihiko Hayashi, Kunihiko Kurosaki & Shintaroh Ueda. A study of 8,300-year-old Jomon human reemains in Japan using complete mitogenome sequences obtained by next-generation sequencing. Annals of Human Biology. 2020. 47. 6. 555-559
  • 谷口康浩. 旧石器-縄文移行期の生態的位相と遺跡形成. 『上黒岩岩陰と縄文草創期』季刊考古学別冊32. 2020. 136-140
more...
MISC (3):
  • 土器型式の実態-白川論文へのコメント-. 2017. 55-57
  • 「コードとしての儀礼・祭祀-行為の再現性と反復性-」. 2008. 578号
  • 解説:小林達雄著『縄文人追跡』. 2008
Books (41):
  • 縄文早期の居家以人骨と岩陰遺跡
    國學院大學博物館 2021
  • 居家以岩陰遺跡II 第2次・第3次発掘調査報告書
    國學院大學文学部考古学研究室 2020
  • 入門 縄文時代の考古学
    2019
  • The Emergency of Pottery in West Asia
    2017
  • 『居家以岩陰遺跡 2014年度発掘調査報告書』
    2017
more...
Lectures and oral presentations  (42):
  • 群馬県居家以岩陰遺跡出土の動物遺存体から見た縄文早期の動物資源利用 -2017・2018年資料を中心に-
    (日本動物考古学会第8回大会 2021)
  • 新潟県苗場山小松原湿原群の花粉分析からみた亜高山帯針葉樹林の発達過程
    (日本地球惑星科学連合大会2021 2021)
  • 上信越地域における縄文時代早期沈線文系土器群と遺跡形成
    (国史学会研究会 2021)
  • 縄文のムラと社会
    (茨城県立歴史館特別展講演会 2020)
  • 縄文時代の信仰と儀礼
    (令和2年度 新潟県の魅力ある文化財の保存・活用創造事業 「地域に受け継がれる歴史遺産-信仰からみる阿賀町の魅力-」 2020)
more...
Professional career (1):
  • 博士(歴史学) (國學院大學)
Committee career (4):
  • 2018/04/01 - 千葉市史跡保存整備委員会 委員
  • 2018/04/01 - 埼玉県文化財保護審議会 委員
  • 2018/04/01 - 新潟県文化財保護審議会 委員
  • 2018/04/01 - 文化庁文化審議会文化財分科会第三調査会 専門委員
Association Membership(s) (3):
日本第四紀学会 ,  考古学研究会 ,  日本考古学協会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page