Rchr
J-GLOBAL ID:201901019721823413   Update date: May. 18, 2021

NAKAMINE Masamitsu

ナカミネ マサミツ | NAKAMINE Masamitsu
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): http://nakamine.net/
Research field  (2): Sociology of education ,  Education - general
Research keywords  (7): Fuyu IFA ,  Okinawan Study ,  School Diary ,  School ritual ,  University Extension ,  Lecture in Okinawan Dialect ,  School Culture
Papers (30):
  • 仲嶺 政光. 家族と教育の社会史研究に用いる史資料の検討--比嘉春潮の日記と自叙伝を事例に考える. 『<教育と社会>研究』. 2020. 30. 7-11
  • 仲嶺 政光. 『学校沿革』を読む--学校文化の社会史研究に向けてII. 『富山大学地域連携推進機構生涯学習部門年報』. 2019. 21. 53-64
  • 仲嶺 政光. 学術知識の開放とその価格水準--日本の国立大学における公開講座の実施状況をふまえた分析. 『富山大学地域連携推進機構生涯学習部門年報』. 2019. 21. 39-51
  • 仲嶺 政光. 戦後日本における前期中等教育の初期段階秩序--沖縄県金武中学校の場合. 『<教育と社会>研究』. 2019. 29. 47-58
  • 仲嶺 政光. 生活困難層の文化資本と教育戦略. 『公営住宅居住者の生活・子育て・教育をめぐる困難とその乗り越えに関する実証研究(中間報告書)』2014-2016年度科研費報告書(研究代表者・山田哲也). 2019. 38-46
more...
Books (4):
  • 長谷川裕編著『格差社会における家族の生活・子育て・教育と新たな困難--低所得者集住地域の実態調査から』
    旬報社 2014
  • 久冨善之・小澤浩明・山田哲也・松田洋介編『ペダゴジーの社会学--バーンスティン理論とその射程』
    学文社 2013
  • 久冨善之・長谷川裕・山崎鎮親編『図説 教育の論点』
    旬報社 2010
  • 久冨善之編『教員文化の日本的特性』
    多賀出版 2003
Lectures and oral presentations  (12):
  • 全生研「集団づくり」における「つながり」形成」(課題研究「生活世界における「つながり」と人間形成--その目標・評価論的検討
    (教育目標・評価学会28回大会 2017)
  • 公営住宅居住者の子育てにおける諸資本とレジリエンス--B市A団地の質問紙調査・インタビュー調査から
    (日本教育社会学会第69回大会 2017)
  • 生活困難層の子育て・教育をめぐるレジリエンスの検討--B市A団地の保護者対象質問紙調査より
    (日本教育社会学会第68回大会 2016)
  • 教材としての方言札
    (教育史学会58回大会 2014)
  • 低所得者向け大規模団地における家族の生活と子育て--1989年調査の追跡と2010年調査との比較から
    (日本生活指導学会29回大会 2011)
more...
Professional career (1):
  • 教育学修士 (琉球大学)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page