Rchr
J-GLOBAL ID:201901019829658125   Update date: Nov. 04, 2020

KEISUKE KOBAYASHI

コバヤシ ケイスケ | KEISUKE KOBAYASHI
Affiliation and department:
Job title: 准教授
Research field  (1): Economic history
Research keywords  (4): History of city planning ,  Urban history of japan ,  Economic history of Japan ,  Economic history
Papers (6):
  • 小林 啓祐. 戦間期京都市都市計画事業費における受益者負担と費用負担者-道路法上の道路建設事業と比較して-. 2019. 54. 2
  • 小林 啓祐. 戦間期大阪市都市計画事業費における受益者負担の導入の意義と限界. 比較都市史研究. 2017. 33-48
  • 小林 啓祐. 都市計画法施行前後の名古屋市における街路整備費用負担方法の特質-受益者負担を中心に. 歴史と経済. 2016
  • 小林 啓祐. 近代日本都市計画事業の展開と費用負担-受益者負担を中心に. 一橋大学. 2011
  • 小林 啓祐. 昭和初期千葉都市計画と市財政. 千葉県史研究. 2009. 17. 45-61
more...
Books (2):
  • 1950年代と地域社会
    現代史料出版 2009
  • 市民が体験した千葉市の近現代史の調査報告書
    2007
Lectures and oral presentations  (11):
  • 前橋市における「2つの戦災復興」住宅建設に注目して
    (高崎経済大学連携公開講座 2018)
  • 高度成長期横浜市における住宅団地建設と維持管理の特質 -費用負担に注目して
    (比較都市史研究会例会 2017)
  • 戦災復興期前橋市における住宅建設と費用負担
    (社会経済史学会全国大会 2017)
  • 新聞にみる明治千葉町の生活
    (千葉市史公開講座 2015)
  • 近代日本都市計画事業と費用負担-受益者負担を中心として
    (比較都市史研究会例会 2012)
more...
Education (3):
  • 2004 - 2011 Hitotsubashi University
  • 2002 - 2004 Hitotsubashi University
  • 1998 - 2002 Yokohama National University Department of International Economics
Work history (11):
  • 2020/04 - 現在 Tokuyama University Faculty of Economics
  • 2019/04 - 現在 Takasaki City University of Economics Faculty of Regional Policy
  • 2016/04 - 現在 Taisho University Faculty of Human Studies
  • 2009/09 - 現在 Daito Bunka University Faculty of Economics, Department of Socio-Economics
  • 2019/09 - 2020/03 Nihon university
Show all
Committee career (3):
  • 2016/04 - 現在 千葉県議会史 執筆委員
  • 2004/04 - 現在 千葉市史 編纂委員
  • 2014/04 - 2016/03 千葉県企業庁史 執筆委員
Association Membership(s) (3):
THE TOKYO STUDY GROUP IN COMPARATIVE URBAN HISTORY ,  THE SOCIO-ECONOMIC HISTORY SOCIETY ,  POLITICAL ECONOMY & ECONOMIC HISTORY SOCIETY
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page